8月10日午後6時30分ごろに、愛知県岡崎市戸崎町にある神社の雑木林の中から白骨化した頭蓋骨のようなものが発見されました。

発見に至った経緯は、カブトムシを捕りにきた親子が発見したとのこと。

カブトムシが目的だったはずが、まさか白骨化した頭蓋骨を発見するとは…考えただけでもゾッとします。

今回の記事では、

  • 愛知県岡崎市戸崎神明宮(雑木林)で発見された2つの頭蓋骨の身元
  • 愛知県岡崎市戸崎神明宮(雑木林)で発見された2つの頭蓋骨の事件性
  • 親子が頭蓋骨を発見した現場の場所

この辺りについて、調査して見たいと思います。

スポンサーリンク

愛知県岡崎市戸崎神明宮(雑木林)にあった2つの頭蓋骨の身元や事件の可能性は?カブトムシの親子が発見した現場の場所は?

愛知県岡崎市戸崎神明宮(雑木林)で頭蓋骨が発見された経緯

まずは、愛知県岡崎市戸崎町の神社(雑木林)で頭蓋骨が発見された経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

10日午後6時半ごろ、愛知県岡崎市戸崎町の神社の雑木林に「頭蓋骨(ずがいこつ)ようなものがあった」と、親子でカブトムシを捕りにきた市内の男性が110番通報した。岡崎署員が駆けつけると、白骨化した頭蓋骨と黒っぽいジャージーの上下が見つかり、さらに1時間後、約7メートル離れたところで別の白骨化した頭蓋骨と衣服の一部を見つけた。

署によると、二つとも下あごの一部がなく、目立った外傷はなかった。年齢や性別はすぐには判定できないという。署は現場を捜索するなどして身元の特定を進める。

現場はJR東海道線岡崎駅から北東に約1・3キロ。住宅地の近くで、すぐそばに大型ショッピングモールもある。

別の報道では、

  • 神社は戸崎神明宮
  • 大型ショッピングモールはイオンモール岡崎
  • 2つ目に発見された頭蓋骨付近の衣服は赤っぽいジャンパーとズボン

であることも分かってます。

【白骨化した遺体が発見されるニュースに関する記事】

愛知県岡崎市戸崎神明宮(雑木林)で頭蓋骨が発見されたことについて世間の反応は?

ネズザエモンネズザエモン

無邪気に夏休みを楽しんでた場が、一瞬にして凄惨な場に。どうか、この親子にトラウマが残りませんように。

レッサーくんレッサーくん

トラウマになるだろうな。
昆虫採集てことはおそらく、もう物心がついてるだろう、
親子の心のケアをしてほしい。

フラミフラミ

それほど人里離れた場所じゃないのに
頭蓋骨になるまで誰にも気付かれずに時が過ぎるなんて…
そんな簡単に人間って骨だけになっちゃうんだね

マーチマーチ

現代日本では、結構な数の行方不明者がいるらしいけど。
こんな風な末路になっている人もいるのだろうね。
事件だと、怖いですね。

トゲねずトゲねず

見つけてくれて感謝されていると思いますよ、亡くなった方々。これも何かのご縁かと。親子の方、どうか悪く思われませんように、、、

プーシープーシー

自分も小学生の頃、家族で港から海を眺めていると何か防波堤の所で手のようなものが。
すぐに父と母がそれが人の手だと気付いて警察に連絡。
引き上げると赤ちゃんでした。
もう15年ほど前の話ですが、当時とてもショックを受けました。
やはり今でも防波堤を見たりすると思い出して不安になる事があります。
この発見したお子さんも親御さんもトラウマにならないといいけど…。

シシオシシオ

びっくりだったろうなぁ。
しかし、駅からそう遠くない場所で白骨化まで見つからないとは、、、

うぉっしーうぉっしー

せっかく親子での楽しい昆虫採集だったのに、こんな見たくもないものを運悪く発見してしまうなんて…この親子にとって嫌なトラウマになったり、PTSDとかにならない事を願いたい。頭蓋骨も動物かなんかに掘り返されたのか…

さんぞうさんぞう

街中の雑木林は意外にも警察や行政は全然立ち入らないから誰かが何か別の目的で入ると遺体が見つかるケースが多いな。所有者が居ることが多いから仕方ないのだろうが。

きちきちきちきち

夏休みの思い出がこの事件現場とは
ショックが大きいよね心のケア
しっかりお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

愛知県岡崎市戸崎神明宮(雑木林)で発見された2つの頭蓋骨の身元は誰?

まず気になるのが、愛知県岡崎市戸崎神明宮の雑木林で発見された頭蓋骨は誰なのか?という疑問。

白骨化してしまっているので、性別や年齢が分からない状況であり特定は困難と言えるでしょう。

骨からでもDNA鑑定はできるようですが、データベース自体が少ない為、DNA鑑定だけで個人を特定するのは難しいようです。

因みに、人間が白骨化するまでに掛かる時間は以下の通りです。

死体が白骨化するまでにかかる時間は、ヒトの場合、腐肉食動物による死体の損壊や周囲の環境にも強く影響されるが、地上に放置されていた場合、夏場では1週間 – 10日、冬場では数か月以上かかる。乾いた土中に埋められていた場合、大人で7 – 8年、水中では夏場で2週間、冬場では1か月で頭蓋骨の一部が露出する。

カブトムシを捕りにきた親子が発見するまで、誰も気付かなかったことを考えると、白骨化するまでの期間は短かったように思いました。

ということは、頭蓋骨が発見された8月10日から近い期間で、誰かがなんらかの原因で死亡してしまったのではないでしょうか?

ただ、服装がジャージとジャンバーとズボンという点で考えると、涼しい時期であるとも捉えることができますが。

【愛知県で起きた事件・事故に関する記事】

愛知県岡崎市戸崎神明宮(雑木林)で発見された2つの頭蓋骨の事件性

次に考えられるのは、発見された2つの頭蓋骨の事件性。

コチラに関しては、現時点ではなんとも言えませんが、事件性は十分にあると思います。

頭蓋骨には目立った外傷はないとありましたが、そもそも発見されたのがなぜ頭蓋骨だけだったのか?というのが疑問です。

また共通して二つとも下あごの一部がなかったという点も引っかかります。

こういった不審な点を挙げると、事件性は高いような気がします。

スポンサーリンク

親子が頭蓋骨を発見した現場の場所

次に気になるのが、頭蓋骨が発見された場所。

報道では、

戸崎神明宮の雑木林

とありました。

戸崎神明宮に関するツイートは以下の通り。

戸崎神明宮内の具体的な様子までは、分かりませんが雰囲気は伝わったのではないでしょうか?

また岡崎のカブト山として、カブトムシが集まる場所として、

  • 土呂八幡宮
  • 上地八幡宮
  • 戸崎神明宮
  • 野鳥の森
  • 南公園
  • 六供町字甲越の山
  • 大井野町公民館南の裏山
  • おおだの森
  • 藤川小学校南の山
  • 竜谷小学校の裏山
  • 上衣文町の奥

がありますので、戸崎神明宮はカブトムシ採取で有名な場所なのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

カブトムシを捕ることが目的の中で、偶然白骨化した頭蓋骨を発見してしまった…。

カブトムシを捕ることで考えれば、子供や子供のいる親にとっては体験する人は多いと思います。

そんな日常的な生活の中で、今回のような非日常的なことが起きたら、本当に怖かったと思います。

子供さんのメンタルが心配ですので、しっかりとケアしてほしいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク