2020年4月18日に、5歳の男児が十分な食事を与えられず、餓死してしまう事件が起きました。

この事件で逮捕されたのは、母親碇利恵容疑者39歳。

そして餓死してしまったのは、三男の翔士郎くん

碇利恵は幼稚園で知り合ったママ友の赤堀恵美子に支配される形で、言いなりとなってしまい金銭や食事まで制限されていたという。

こういった背景が明らかとなり、赤堀恵美子容疑者48歳も共に逮捕されています。

一体なぜ餓死させるまで放置してしまったのでしょうか?

  • 赤堀恵美子と碇利恵の顔画像
  • 碇利恵が赤堀恵美子に支配されてしまった原因
  • 碇利恵と赤堀恵美子が出会った幼稚園の場所

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

赤堀恵美子が碇利恵を支配で翔士郎くん餓死事件!知り合ったキッカケ(ママ友)の幼稚園は福岡県篠栗町のどこ?

赤堀恵美子と碇利恵が翔士郎くんを餓死させた事件の経緯

まずは今回の事件で、赤堀恵美子と碇利恵が翔士郎くんを餓死させた経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

福岡県篠栗(ささぐり)町のマンションで昨年4月、当時5歳の男児に十分な食事を与えずに餓死させたとして、県警は2日、母親の碇(いかり)利恵(39)、知人の赤堀恵美子(48)両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。県警は、赤堀容疑者が碇容疑者から多額の生活費をだまし取るなど支配下に置いていたとして、赤堀容疑者にも男児に対する「保護義務」があると判断した。

捜査関係者によると、両容疑者は、篠栗町の碇容疑者方のマンションで、碇容疑者の三男・翔士郎(しょうじろう)ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態にしたうえ、病院に連れて行くなど適切な治療を受けさせず、昨年4月18日に死亡させた疑いが持たれている。翔士郎ちゃんの死因は餓死だった。

翔士郎ちゃんが息をしていないことに碇容疑者が気づき、赤堀容疑者が消防に通報して発覚した。翔士郎ちゃんはあばら骨が浮き出るほど痩せ、体重は5歳児の平均(18・9キロ)を大幅に下回り、2歳児並みの約12キロだった。目立った外傷はなかった。

碇容疑者は、翔士郎ちゃんを含む子ども3人との4人暮らし。福岡児童相談所などでつくる協議会は2019年秋頃から、一家を支援対象として家庭訪問を行っていた。翔士郎ちゃんの死亡後、2人の兄は児相が一時保護した。

両容疑者は「ママ友」として知り合い、赤堀容疑者は数年前から碇容疑者宅を頻繁に訪れていた。碇容疑者は赤堀容疑者に信頼を寄せ、次第に赤堀容疑者の指示通りに行動するようになったという。

赤堀容疑者は19年6月から昨年6月までの間、碇容疑者から「元夫の浮気調査費」などの名目で、現金や預金通帳をだまし取ったなどとして、詐欺や窃盗の疑いで逮捕、起訴された。浮気や調査の事実はなかったという。赤堀容疑者は県警の調べに「金銭を受け取っていない」と否認している。

碇容疑者は生活保護費や児童手当など月20万円前後の収入があったとみられるが、現金はほとんど所持しておらず、赤堀容疑者から渡された食料を家族4人で分け合っていた。赤堀容疑者は「しつけ」と称して、碇容疑者に子どもの食事を抜くよう指示することもあったとされる。碇容疑者は翔士郎ちゃんの死亡後、県警に「生活に困っていた」と説明していた。

報道されている内容をサクッとまとめると、

  • 碇利恵は子供3人の4人暮らし
  • 赤堀恵美子と碇利恵は5年前に幼稚園で知り合う
  • 元夫の浮気調査の名目で約20万円を碇利恵が赤堀恵美子に渡していた(19年6月から20年6月)
  • 死亡時の翔士郎くんの体重は約12キロ(平均18・9キロ)
  • 赤堀恵美子は容疑否認、碇利恵は認めている

となっています。

マインドコントロールによる事件は過去にも起きていました。

保護責任者遺棄致死の罰則は以下の通り。

「保護責任者遺棄致死 罰則」の画像検索結果
保護責任を遺棄・し、相手を死亡させてしまった場合は、保護責任者遺棄致死罪が問われます。 こちらも傷害の罪と比較して重い刑に処断されます。 傷害致死罪の罰則は【3年以上20年以下の懲役】です。 つまり、保護責任者遺棄致死罪の罰則は【3年以上20年以下の懲役】となります。

スポンサーリンク

赤堀恵美子と碇利恵が翔士郎くんを餓死させた事件について世間の反応は?

さんぞうさんぞう

支配ママと奴隷ママによる子殺し。
他ソースでは、支配ママのせいで奴隷ママは一軒家での主婦生活からシングルでの生活保護子育てに転落し、保護費用や児童手当も支配ママにむしりとられていたとのこと。
男女の仲でのこういった事件はたまに目にしますが、同性でも起こるんですね、こんな恐ろしい事件が。
なくなったお子さんのご冥福と、保護されたであろう2人のお子さんの今後の健やかな成長を祈ります。
支配ママの子供(夫?)は、どうなるんだろう。

ぷーばーぷーばー

北九州の事件を彷彿させるような事件ですね。
なぜ家族でもない赤の他人の言うことを聞いてしまうのか。
自分の息子があばらが浮き出るほどやせ細ってたら、赤の他人の言うことなど聞かずにご飯食べさせたり、病院に連れて行きますよね。
お金も管理されていたようだし、洗脳状態だったのかもしれません。
子どもたちが一番の被害者でただただかわいそうです。

きちきちきちきち

ママ友と言葉を濁していますが、典型的なマインドコントロールでしょう。
北九州の事件もありましたし、こういうケースは表に出て来づらいので思っているより多いかも知れませんね。

ブータデブータデ

他の記事も読んだのですが、存在しない夫の不倫をでっち上げ、その調査費や裁判費用としてお金を騙し取り離婚に追い込まれ3人の子供を育てるシングル生活保護世帯になるなんて!
どうしてこんな事になるのか理解出来ない
こんな事が起こり得るんだってショック。旦那さんが子供のために何とか奮起してこの変なババアを追い払って欲しかった。普通の家庭だったはずなのに子供達が可哀想でならない

たっちぃたっちぃ

今どきのママ友なんて信用しちゃいけない。他人は他人。家族を守るのだったら一定の距離を取らないとだめ。

へびーきゅんへびーきゅん

何この事件。この時代にもちょくちょくこういう事件を目にする。
児相も関わっていたのに、命が奪われて残念。
ママ友には重い刑をくらわせて欲しい。

だびーくんだびーくん

変なのと関わってしまったが故に、大切な命が失われた。
子供3人を見る大変さから、おかしなバアサンが潜りこんだのか。
児相などが訪問を行っていたのに、残念。

メカメカメカメカ

なんで他人をそこまで信用できるんやろ?
いくら仲良くしてるママ友でも、ある程度お互いにこれ以上は立ち入らないって境界線みたいなのがあると思うんだけど…

きょんたんきょんたん

生活保護費と児童手当、子供を守る制度に悪党が近寄って搾取し子供を餓死させた。
決して許してはいけない事件だと思う。
いくら国が税金を集めて生活保護のための現金を渡しても悪用される。
現金支給の金額を減らし、週1度くらいの食料品と日用品の支給にしてはどうだろうか?
出来るなら、市営住宅とかで保護して欲しい。
その時に子供や家族の健康状態も確かめてほしい。
市役所も児相も連携して行えないだろうか?

スポンサーリンク

赤堀恵美子と碇利恵の顔画像

まず気になるのが、今回の事件で逮捕された赤堀恵美子と碇利恵とは、どんな顔をしているのか?という疑問。

コチラに関しては、報道により明らかになっています。

また餓死してしまった碇利恵の息子の翔士郎くんの画像も公開されています。

画像はFacebookから引用していますので、碇利恵のFacebookは存在すると思うのですが、調べてみたものの特定には至りませんでした。

碇利恵が赤堀恵美子に支配されてしまった原因は信頼?

次に碇利恵が赤堀恵美子に支配されてしまった原因は何だったのか?という疑問。

報道では碇利恵は赤堀恵美子のことを、かなり信頼しているようでした。

なぜ指示を受け入れるくらい、信頼するような流れになったのでしょうか?

信頼を構築するポイントとしては、

  • 相手に心から関心を持つ
  • 褒めるなどして、相手が喜ぶ言葉をかける
  • 相手の予想を上回る成果を出す
  • 常に相手の身になって話をする
  • 話を聞く時は、リアクションを1.5倍にする事を意識する
  • ミラーリングを意識する
  • さりげなく相手に触れる
  • 自分が相手の事を100%信じる

ということを意識することが大事になります。

赤堀恵美子は碇利恵から金銭を奪うことを目的とし近づいたのでしょう。

そして上記のようなことを長年かけて続け信頼を得ていたと思われます。

スポンサーリンク

碇利恵と赤堀恵美子が出会った幼稚園の場所が判明!

次に気になるのが、碇利恵と赤堀恵美子が出会った幼稚園の場所はどこのなのか?という疑問。

幼稚園については、報道で外観が報じられていました。

これらの情報から、「篠栗町立勢門幼稚園」であることが判明しました。

赤堀恵美子は幼稚園の子供がいるとすれば、園内でも目上の方だと思いますので、そういった風格みたいなものも、信頼に繋がっていったのかもしれませんね。

【子供が被害にあった事件に関する記事】

まとめ

碇利恵にとっては、赤堀恵美子と出会うことさえなければ、翔士郎くんを餓死させることにはならなかったと思います。

自分でも気付かないうちに、段々と言いなりになっていってしまうのでしょうね。

これは経験がない人には理解できないことかもしれませんが、こういった事件を教訓に気をつけたいですね。

翔士郎くんのご冥福をお祈りします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク