ETFとは上場投資信託のことであり、投資信託の一種なわけですが、その特徴は一般的な投資信託とは大きく異なります。

今回の記事では、ETFの仕組みやメリットとデメリットについて。また投資信託や株式との違いについて詳しく解説していきます。

資産運用をする上で検討する価値にあるETFですので、しっかりと学びましょう。

スポンサーリンク

ETFの仕組みについて

ETFは投資信託の一種なのですが、一般の投資信託と異なる点は証券取引所に上場されている株式と同じように取引が行えることです。ETFの由来は「Exchange Traded Fund」の頭文字を取り呼ばれています。

国内株式の株価指数である日経平均株価やTOPIXのほか、NYダウなどの外国株式の株価指数、国内外の債券指数、東証REIT指数、さらに金やプラチナなどの商品価格という様々な指数や価格に連動したETFがあります。

こういった特徴から値動きが異なるETFを組み合わせ、分散投資を行うことも可能です。

ETFのメリット

ETFのメリットは投資する上でのコストが低いことです。保有している間は運用を管理する費用が掛かるのですが、この費用は一般の投資信託より低い傾向にあります。

証券取引所に上場されているため売買価格の透明性も高い上に指数は日々のニュースで報道されるため、値動きも分かりやすいのも魅力の一つです。

他にも株式と異なり破綻リスクはありませんし、株価収益率などの専門的な指標を分析する必要もありません。比較的、少額の資金で売買ができるのも嬉しいポイントです。信託報酬には気をつけなくてはいけませんが、1万程度から始めることができます。

ETFのデメリット

ETFのデメリットは売買できる証券会社が限られていることです。一般的な投資信託であれば銀行でも取り扱われていますが、ETFは取り扱ってません。

他にも積立投資ができにくいことも挙げられます。完全にできないわけではありませんが、積立投資ができる銘柄は10銘柄前後しかありません。積立投資ができる証券会社も限られているため、証券会社も限られてきます。

売買できる株価指数の銘柄についても一般の投資信託と比べ限られています。銘柄によっては、売買金額が少ないと買いたい時に買えない、売りたい時に売れないというリスクがある銘柄もあるので注意が必要です。

年に1回あるいは複数回ある決算期に分配金が支払われるのが魅力的なポイントなのですが、分配金を元本に加えて再投資することによる複利効果を自動的に得ることはできません。また商品価格などに連動する一部の銘柄については分配金が支払われないものがあります。

スポンサーリンク

ETFと投資信託や株式投資の違いは何?

ETF、投資信託、株式投資はそれぞれに特徴があり、投資手法も大きく異なります。ここではそれぞれの商品性の違いについて紹介していきます。

上場しているかどうかが異なる

ETFと株式は東京証券取引所に上場されています。そのため刻々と変動する時々の自家で購入することができます。一方の投資信託は上場されていませんので、購入や売却時の価格は注文をしたよく営業日が原則となります。海外株式などを投資対象とする一部の投資信託に至っては、翌々営業日にならないと購入価格や売却価格を知ることはできない仕組みです。

運用方法の違い

ETFと株式は証券会社でしか取り扱いがありません。なので購入するには証券会社に口座を開設が必須になります。平日の午前9:00~11:30の2時間半と午後12:30~15:00の2時間半で売買ができます。

実際に取引が行われるのは平日のみですが、ネット証券では取引時間以外や土日祝日でも注文を出すことは可能です。

売買の注文には、

  • 成り行き注文→その時々の時価で買ったり売ったりできる
  • 指値注文→一定の価格以上で売りたい

がありますが、指値注文の場合は自分が指定した価格以上や以下にならないと売買が成立しません。

一方の投資信託は、購入する金額や取引を行う際の単位である口数を決めて買い注文や売り注文を出す流れになります。ETFや株式の場合は指値注文では売買成立しないケースがありますが、投資信託では注文を出せば必ず成立します。

ETFや株式のように買いそびれや売りそびれはありませんが、平日の13時までか15時までに出した注文はその日のうちに処理されるのですが、金融期間が定めている時間以降に注文を出した場合は翌営業日扱いになってしまいます。

買い注文が成立しETFや株式が保有できたり、保有しているETFや株式を売却して現金化できるのは売買が成立してから起算して3営業日目になります。投資信託の場合は注文を出した日から4から5営業日が受け渡し日になります。(商品によって日数は異なります)

手数料の違い

ETFや株式は購入時と売却時にそれぞれ売買手数料が掛かります。証券会社により売買手数料は異なり、リアル店舗の証券会社よりもネット証券の方が安くなっています。

一方の投資信託は購入時の手数料は掛かりますが、売却時の手数料は掛かりません。購入手数料に関しては、インデックスファンドの方がアクティブファンドに比べて低くなっています。

まずインデックスファンドは、日経平均株価やTOPIXといった指数に連動するように設計された投資信託です。 一方、指数を上回る、または指数に捉われずにリターンの獲得を目指す投資信託がアクティブファンドです。

最近では購入時に手数料がかからないノーロードの投資信託も増加してきています。同じ投資信託でも金融機関によって購入手数料は異なります。こちらについてもリアル店舗の証券会社よりネット証券の方が安くなっており、ノーロードの投資信託も多く取り扱っています。

なので結論から言えばネット証券で口座開設をしておくことをおすすめします。SBI証券あるいは楽天証券で口座開設しておけば失敗することはないでしょう。

株式は保有している期間は手数料がかかりません。ですがETFと投資信託は運用管理費用である信託報酬が掛かってきます。ETFや投資信託を保有している期間に、運用資産から日々差し引かれていくことになります。

運用管理費は投資信託よりETFの方が安く、投資信託の中ではアクティブファンドよりインデックスファンドの方が安くなっています。

他には投資信託にかかる信託財産留保額という費用があります。解約する時に支払う費用ですが、すべての投資信託に掛かるものではなく、掛からない投資信託もあります。

スポンサーリンク

ETFが向いている人

ETFがどんな人に向いているかと言いますと、機動的に売買を行いたいという人に向いていると言えます。短期売買は難易度が高いためおすすめとは言えませんが、デイトレードやスイングトレードなども可能な投資方法になります。

平日の取引時間中に市場の動向を見ていられるという人であれば、検討の余地はあります。

投資信託が向いている人

時間を分散して積立投資をしたいと考えているのであれば投資信託の方がおすすめです。その理由としてETFは限られた銘柄と証券会社でしか積立投資をすることができないからです。

また投資信託の方が投資できる市場や国、地域が広く選べます。

さらにETFは指数に連動した運用の成果しか期待できません。なので市場平均を上回るような収益を期待する人はアクティブ運用の投資信託を選ぶ必要があります。

投資信託であれば、環境や資源、ヘルスケア、バイオ関連といった特定のテーマを対象としたものがあります。特定のテーマに投資したいという人は投資信託を選びましょう。

今回の記事ではETFについて解説してきました。メリットやデメリットを踏まえ、自分に向いていると感じた人は、ETFで資産運用してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク