固定費の節約が大切な理由は、節約で浮いたお金を投資に回すことができるからです。資産運用への投資はもちろん、自分を成長させるための自己投資も資金がなけえばできません。

毎月大きな支出である固定費ですが、見直すことで大幅に節約できます。今回の記事では、見直すべき小固定費を紹介します。現状で固定費が高いと悩んでいる方は参考にしてみてくだい。

スポンサーリンク

固定費の見直しをすると家計が節約できる

すぐに実行できて、非常に効果的な節約が固定費の見直しです。固定費を見直すことで月数万円の節約に成功しているケースも多く見られます。

例えば節約と聞くと、スーパーで安い商品を買うために何軒も回ったり、交通費を浮かすために歩き時間を失っている方は多いのではないでしょうか?ですが、これらの食費や交通費、交際費は月によって変動する変動費であるため、いくら頑張っても効果が薄いのが現実です。

しかし固定費は、毎月きまった支出が発生しますので、一度家計を見直すだけでその効果は絶大となります。

今まで変動費ばかりを抑えようと頑張っていた方は、固定費を見直して無駄な支出の削減を目指してみてください。固定費が下がることで人生が身軽になりますので改善する価値はあるでしょう。

固定費が高い原因

月の固定費が高いと悩んでいる方は多いはず。節約したいけど、固定費は生活には必要不可欠であるため、何を削って良いのかと悩むことでしょう。しかし実際毎月支払っている固定費の中には、無駄なものがあるかもしれません。

これから紹介する固定費を見直してみてください。

住居費(家賃)が高い場合

家賃の目安としてよく挙げられるのは収入の3分の1程度です。毎月の収入が30万円であれば、10万円が目安と言われえています。

個々によって家族構成や住んでる場所が異なりますので一概には言えませんが、この目安を5分の1と考えれば6万円になります。月に4万円下がれば年間で48万円も節約できます。

家賃交渉を大家さんにしてみる

家賃を下げるためには、安い物件に引っ越したり、家賃交渉を大家さんやオーナーにしてみましょう。家賃交渉のタイミングは契約更新時がおすすめです。更新のタイミングで家賃を下げてもらうようにお願いしてみてください。

しかし、ただお願いするだけでは交渉失敗する可能性があります。大家さんからしてみれば、なぜ家賃を下げなくてはいけないのか疑問に思ってしまうでしょう。

なので

  • 周囲の同レベル物件より家賃が高い
  • 日照条件が悪くなった(工事など)
  • 共有スペースの劣化

などなど、自身が家賃が高いと感じている明確な部分を持ち出し交渉をしてみましょう。

引っ越しをすることで家賃を下げる

仮に家賃交渉が失敗した場合は、今より安い物件に引っ越すというのが、確実に家賃を下げる手段でしょう、

隣接する地域に引っ越すだけでも家賃が大幅に削減できることもあります。引っ越しするには、それだけで費用や手間がかかってしまうため、つい現状維持になってしまいがちですが、先程も紹介したように月4万円削減できれば、長い目で見た場合、その効果は時間が経つごとに大きくなっていきます。

住宅ローンの繰り上げ返済

持ち家を住宅ローンで支払っている場合、住宅ローンの繰り上げ返済を検討してみるのも良いでしょう。

繰り上げ返済には

  • 返済期間短縮型→毎月の支払額は変えず、返済期間を短縮する
  • 返済額軽減型→返済期間は変えず、毎月の支払額を安くする

の2種類あります。

返済期間短縮型の場合、繰り上げ返済しても毎月の負担額は変わりません。しかし返済期間が短くなるため、その分の利息が少なくなります。早くローンを返したい方や、長期的にお得に生活をしたいと考えている方におすすめです。

繰り上げ返済とは、毎月の返済額とは別に借入額の一部を返済することを指します。

次に済額軽減型は、毎月の返済額を減らしたいと考えてりう方に向いてます。

利息負担の軽減率は返済期間短縮型より低いですが、毎月の返済額の軽減ができます。他に別の出費が増えてしまったことで、毎月の負担を減らしたいのであれば、選択することをおすすめします。

住宅ローンの繰り上げ返済については、種類によっては逆効果になってしまうことがあります。その時の金利や収入、受けている控除などを踏まえて、金融機関に相談してみましょう。

スポンサーリンク

通信費が高い場合

毎月のスマホ代やインターネット代が高いと悩んでいる場合は、プランの見直しにより削減できる可能性があります。

スマホの通話やデータ容量が合っていなかったり、月間の通信費が高い回線を契約しているなど、こういった状態であれば、通信費を節約することはできません。

スマホの料金プランを再確認する

MMD研究所によれば、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3キャリアを利用している人のスマホ代は、月平均で8,312円と報告されています。

仮に,312円以上を毎月支払っている方は、料金プランを見直し、スマホ代の節約を目指しましょう。人によっては半額以下になることもあります。

データ使用量が10GBである場合は格安SIMへの乗り換えがおすすめです。例えば毎月2GBしか使わないのに、大容量で8,000円かかるプランに入っていては、余った分のデータ使用量を無駄に支払っていることになります。

楽天モバイルであれば1GB以下であれば、使用量は月0円のプランがありますし、他にも格安SIMであれば1,000円台のプランがたくさんあります。

月8,000円が1,000円になれば、それだけで月7,000円節約できることになりますので、効果が高いことが分かるでしょう。

よっぽどの理由で格安SIMへに変えたくないという方は、大手キャリアでも月3,000円以下のプランが開始しましたので、こういったプランを検討してみるのもいいでしょう。

インターネット回線の見直し

毎月のインターネット代が高いと感じている方は、自分に適した回線への見直しがおすすめです。

インターネット回線には、

  • 光回線
  • モバイルWi-Fルーター
  • ホームルーター

の3つがあります。光回線は安定した通信と速度重視の方、モバイルWi-Fルーターは外出先で使用したい方、ホームルーターは引っ越しが多い方にそれぞれ向いてます。

月額料金はモバイルWi-Fルーターやホームルーターは比較的安めですが、通信速度が不安定というデメリットがあります。ストレスフリーでネットを楽しみたいなら光回線一択でしょう。

インターネット回線はスマホとセットで契約すると割引きされることもありますので、この辺りを確認して節約を目指しましょう。

スポンサーリンク

保険料が高い場合

保険料も固定費の節約をする上で見直すべきです。

保険で必要なものは、車両保険と火災保険、結婚して子供がいる場合は、掛け捨ての生命保険で良いといわれています。

目安の保険料は月5,000円ほどです。なので5,000円以上を毎月保険にかけているとすれば、見直す価値はあるでしょう。

なぜ民間の医療保険や貯蓄型の保険が必要ないのかといいますと、会社員の場合は社会保険があり、社会保険に失業保険や傷病手当、高額医療費制度などの充実した内容となっているためです。

また貯蓄型の保険についても、リターンが非常に低いことや元本割れのリスクも考えられます。この辺りを理解するには本を読むなどして勉強する必要がありますが、月数万円を保険に支払っている方は、ぜひ見直してみてください。

高額な保険が不必要な理由については、ひろゆきさんや両学長などの人気youtuberなども指摘しています。実際に僕も両学長のyoutube動画のおかげで、月50,000円の保険料が節約できました。

車の維持費が高い場合

車を所有していると、毎月ガソリン代や駐車場代がかかります。さらに車検代や自動車保険など、さまざまな維持費がかかります。

一般社団法人・日本自動車工業会によりますと、毎月の車の維持費の平均額は10,700円といわれています。(車両代・ローン返済・保険料・税金は含まれていません)

自動車保険を見直す

自動車保険は、運転者を家族限定、夫婦限定、本人限定と選ぶことができます。運転者の人数が減るほど、保険料は安くなるため場合によっては節約できます。

複数人が運転する可能性がある場合は家族限定や夫婦限定に加入しておいた方が安全なのは間違いありません。しかしライフスタイルが変わったなど理由で、運転する人が減った場合などは、見直してみることをおすすめします。

駐車場代を比較てみる

月々の駐車場代も負担が大きい部分です。月極めの駐車場を契約する際は、周辺地域の相場をリサーチし、少しでも安い条件の場所を探してみましょう。

最近では駐車場のシェアリングサービスも広まっており、月極駐車場よりもリーズナブルな価格で借りられるケースが多く、お得に駐車場を持つことができるようになります。

車を保有しないという手も

車の維持費で家計費を圧迫している場合、車を手放すという手段もありでしょう。

車保有から公共料金機関の利用やカーシェアリング利用で、車の維持費は削減できます。車は保有しているけど実際は月にそこまで乗らないという方は、マイカーシェアリングを利用することで結果的にお得になります。

スポンサーリンク

サブスクが高い場合

動画配信サービスやビジネスで利用するためのサブスクも固定費を圧迫させる要因の一つです。

代表的なのは、アマゾンプライムやNetflixなどの動画配信サービスやNintendo Switch OnlineやPlayStation Nowあんどのゲーム系など、様々なサブスクがあります。

見直すべきは利用頻度や類似したコンテンツでしょう。

例えばHuluとNetflixの両方を契約している場合は片方を解約したり、アマゾンプライムを契約しているけど、ネットショッピングをあまりしない方などは、使用頻度の観点から損をしている場合もあります。

このようなサブスクはスマホを契約する際のオプションなどでも付けられてしまう場合があり、そのまま忘れて課金し続けてしまうケースがあるため注意が必要です。

光熱費は無理に下げなくてもいい

固定費削減でまず思い浮かぶのが光熱費でしょう。水道代や電気代、ガス代。契約会社によっては、毎月の使用量金に差がありますので、ここは比較して安い会社と契約することをおすすめします。

たとえばガスが自由化されたことで、都市ガスから別のガス会社に変更することで、削減できたりします。水道代や電気代もセットにすると割引になることもあります。

ただ実際に光熱費を使用する際に節約しようとすると、生活の質QOLが下がることになりますので、ここは無理に節約する必要はないでしょう。

ですのでまずは、家賃や通信費、保険などを見直して固定費の節約を目指しましょう。

スポンサーリンク