4月19日午後6時30分ごろ、秋田県由利本荘市の国道7号において、路線バスが女子中学生をはね死亡させる事故が発生しました。

この事故でバスを運転していた藤田裕太郎容疑者33歳を過失運転致傷の容疑で逮捕。警察は過失致死に切りかえ捜査を進める模様。

死亡してしまった中学生はまだ13歳でした。これから先の長い未来を考えると残念でなりません。

一体なぜ事故は起こってしまったのでしょうか?

今回の記事では、

  • 藤田裕太郎容疑者の顔画像(Facebook)
  • 藤田裕太郎容疑者が女子中学生をはねた原因
  • 藤田裕太郎容疑者が女子中学生をはねた事故現場

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

藤田裕太郎容疑者の顔画像(Facebook)は?秋田県由利本荘市で女子中学生を羽後交通バスがはねた事故原因はドラレコで明らかに?

藤田裕太郎容疑者がバスで女子中学生をはね逮捕の経緯

まずは今回の事故で、藤田裕太郎容疑者が逮捕された経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

19日夜、秋田県由利本荘市の国道で女子中学生が路線バスにはねられ死亡し運転手の男が現行犯逮捕されました。

19日午後6時半すぎ秋田県由利本荘市の国道7号で秋田市に向かっていた羽後交通の路線バスが横断歩道近くで道路を渡っていた13歳の女子中学生をはねました。

消防によりますと女子中学生はその場で死亡が確認され乗客と運転手にけがはありません。

警察はバスを運転していた藤田裕太郎容疑者(33)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

藤田容疑者に持病などはなく、警察はバスのドライブレコーダーなどを押収し当時の状況を調べています。

その他、

  • 女子中学生はバスの右前部に接触
  • バスは由利本荘市から秋田市に向かって走っていた
  • 事故現場付近の横断歩道には信号機がなかった

女子中学生は友人と一緒だったが事故当時は先に横断歩道を渡っていた

ということが分かっています。

そして藤田裕太郎容疑者が勤務していたバス会社は「羽後交通」。

スポンサーリンク

藤田裕太郎容疑者がバスで女子中学生をはね逮捕について世間の反応は?

ウルカウルカ

職業ドライバーは即逮捕され、池袋みたいに上級国民は車の批判をし、未だに逮捕されず。
職業ドライバーも誰もしなくなるぞ!

レッサーくんレッサーくん

「横断歩道を渡っていた」ではなく、「横断歩道近くで道路を渡っていた」というのが気になります。横断歩道を渡らず手前でショートカットしたのではないでしょうか。運転者は前方の信号や交差点内を注視している最中で左後方からショートカットして急に出て来る歩行者に気づかず接触した事故ならば、運転者も確かに前方不注意ではあるが、やや気の毒な事故と思ってしまう。

フラミフラミ

お気の毒ですが、ちゃんと横断歩道を渡っていたら轢かれなかったかも知れない。車を運転する方ならわかると思いますがバスに限らず運転席の右側から近づかれると気がつきにくいんですよ。特に暗いときはね。あと、バスは止まってくれるとか譲ってくれるなんて思ったらダメですよ。自分の安全は自分で確認しなきゃです。

ダーチョダーチョ

歩行者側の過失で事故を起こしてしまっても逮捕。
でも上級国民は無罪放免。

マーチマーチ

詳しくは分からないが、自転車や歩行者に落ち度があっても当然のように「現行犯逮捕」何故池袋は「現行犯逮捕」でなかったかのか?

ラッコリラッコリ

『横断歩道の近くを渡っていた』と言うのが気になります。
最近、そういう歩行者・自転車が多いんだよ。しかも『歩行者優先』を履き違えてるのか、左右確認もせず、スマホ見ながら渡ってる人が多い。
車やバイクは止まる前提だけど、歩行者ははねられたら死ぬことを、もっと理解するべき。

ブータミンブータミン

バスの運転手さんは、お先にどうぞのパッシングをすると
サイドミラーに白い手袋を映すんです。お互いに安全運転でと
挨拶と思っています。残念でたまらない事故です。

トゲねずトゲねず

こうなるともう轢くほうも轢かれるほうも運としか。
原因云々じゃないね。とにかく誰の身にも降りかかること。
明日は我が身と心しておこう。

プーシープーシー

NHKの報道とストビューで現場を見た感じでは、反対側のバス停でバスを降車した女の子が横断しようとしてひかれた感じか。手前の車線の車が途切れたか停まってくれたかで横断しようとして、反対車線のバスを見落としたか停まってくれると思ったか。当たったのは右前部のようなので、おそらくバスの運転士はその先のバス停に意識が向いていて左側ばかりを注視し、右側にいた女の子の発見が遅れたか見落としたかだろう。左側注視はバス、タクシーの運転士が陥りやすいものなので上からは厳しく言われているはず。どちらが悪いと論じるのは簡単だが、死亡事故は取り返しがつかない。

スポンサーリンク

藤田裕太郎容疑者の顔画像(Facebook)

まず気になるのが、今回の事故で逮捕のされた藤田裕太郎容疑者とは、どんな顔をしているのか?という疑問。

コチラについては、各メディアの報道を確認してみたのですが、現時点で顔が分かる画像や映像は見受けられませんでした。

次にFacebookなどのSNSも調べてみたのですが、同姓同名のアカウントはあるものの、本人と思われるアカウントはありませんでした。

藤田裕太郎容疑者が女子中学生をはねた原因は?

次に気になるのが、藤田裕太郎容疑者が女子中学生をはねた原因は何だったのか?という疑問。

コチラについては、以下の報道から女子中学生は横断歩道から少し離れた道路を横断していたことが分かります。

となると藤田裕太郎容疑者は、人が横断してくるとは思っていなかったのでしょう。

女子中学生はなぜバスが走ってきているにも横断してしまったのでしょうか?

午後6時30分だと周囲は暗いですし、バスのライトで気付きそうなんですが…。止まってほしかったですよね。

バスにはドライブレコーダーが搭載されているとのことですので、今後事故原因が分かってくるでしょう。

スポンサーリンク

藤田裕太郎容疑者が女子中学生をはねた事故現場はどこ?

次に気になるが、藤田裕太郎容疑者が女子中学生をはねた事故現場はどこなのか?という疑問。

コチラについて報道では、由利本荘市岩城勝手の国道7号であることが分かっています。

現場の様子は先程の映像で分かりますが、見通しは良さげな感じです。

バスは営業中だったようなので乗客36人いました。

乗客も突然の出来事に驚いたことでしょうね…。本当にいつ事故に巻き込まれるか分からないので、「〇〇だろう」などの思い込みはしないことです。

【交通事故に関する記事】

まとめ

バスと女子中学生が接触する大変残念な事故が発生してしまいました。

双方に落ち度があったように思いますが、それを責めても仕方ないので、どうすれば事故にあわなくて済むか?ということを考え、リスクを避ける行動をしたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク