10月6日午前4時30分ごろ、神戸市北区のヤマト運輸神戸北鈴蘭台センターにおいて、殺人事件が起きました。

この事件で逮捕されたのは、筧真一容疑者46歳。

そして被害にあってしまったのは、従業員の廣野真由美さん47歳。

筧真一は10月5日に別の従業員と揉めており、この仲裁に入ったのが、廣野真由美さんだとされています。

そして仲裁に入った際に、筧真一の手が廣野真由美さんにぶつかったことで、暴力を振るったと捉えられてしまい解雇されてしまうのです。

今回の記事では、

  • 廣野真由美さんの顔画像(Facebook)
  • 廣野真由美さんと筧真一との関係
  • 職場での暴行は解雇されるのか?

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

廣野真由美さんの顔画像(Facebook)!神戸市ヤマト運輸殺人事件の犯人の筧真一との関係は良好だった?手が当たっただけで解雇にできるの?

廣野真由美さんが殺害された経緯

まずはヤマト運輸のセンターで起きた、殺人事件の経緯について、報道されている内容から確認していみましょう。

神戸市北区の「ヤマト運輸神戸北鈴蘭台センター」で6日未明、パート従業員の女性(47)が包丁で刺され、死亡した事件。公務執行妨害容疑で逮捕された筧真一容疑者(46)は元同僚で、兵庫県警の調べに「解雇されて腹が立った。会社に恨みがあった」などと関与を認めているという。前日の5日には、解雇前の筧容疑者が別の従業員とトラブルになり、そのことに関連し、女性が県警に相談に訪れていた。未明の惨事の背景に何があったのか。

ヤマト運輸の親会社「ヤマトホールディングス」(東京)は、筧容疑者の勤め始めた時期や退社の理由などを「個人情報に関わる」として明らかにしていない。

県警によると、事件があったセンターの従業員は、筧容疑者について「昨日(5日)解雇された」と説明。5日早朝、筧容疑者が別の従業員とトラブルになり、仲裁に入ったのが被害女性だったとされる。筧容疑者の手が女性の体に当たり、暴力を振るったとして解雇されたという。女性は会社に促されて県警神戸北署に相談したが、被害届は出さずに帰宅していた。

被害女性の自宅近くで居酒屋を営む女性(75)は、被害女性が娘に付き添って歩く姿を毎日のように見掛けていた。「一生懸命子育てをされていたのに、何でこんな目に遭わなあかんのやろ。あまりにも気の毒で、かわいそうで…」と声を落とした。

筧容疑者は、事件現場の同センターから北西約1・5キロのマンションに1人で暮らしていた。住民らによると、近くに母と双子の弟も住んでおり、3人で仲むつまじく出掛ける様子が目撃されていた。同じマンションに住む女性(82)は、夜遅くに出掛け、朝方に帰宅する筧容疑者をよく見ていた。「あいさつをしたら返してくれる、物静かな人」と話す。

同容疑者が2008年ごろから1年ほど勤めていた運送会社社長の男性(55)も「おとなしく、引っ込み思案」との印象が強い。事件を知って履歴書を見返したが、「彼の記憶はそれほど出てこない」と首をかしげる。

この報道から、筧真一は目立つタイプの人柄ではなく、おとなしい印象を受けました。

ネット上にも、筧真一の性格は真面目といった情報が多く見受けられました。

そんな真面目な筧真一は解雇されたことに納得がいかず事件へと発展してしまったのでしょう。

また被害者の廣野真由美さんの人柄については、

  • 愛犬家で笑顔の絶えない人
  • すごく社交的でいろいろな人とおしゃべりしている
  • いつも明るく応じてくれる優しい人だった

といった情報がありました。

また愛犬家には、

  • 感情表現が豊かで、思いやりが深い
  • 面倒見が良く世話好きで、尽くすことを好む
  • 寂しがり屋で、安心感を得たい
  • 積極的で、チャレンジ精神が強い

といった性格の人が多いようですので、この点からも廣野真由美さんの人柄の良さが伺えます。

報道では公務執行妨害容疑で逮捕とありますが、殺人でも再逮捕されるでしょう。

殺人罪の法定刑は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役である。 … なお、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織的犯罪処罰法)の適用を受ける場合には、法定刑は死刑又は無期若しくは6年以上の懲役に加重される

スポンサーリンク

廣野真由美さんが殺害されてしまったことに世間の反応は?

にゃん吉にゃん吉

よく、犯人はどんな人だったか?と、周りにインタビューするけど人によって様々だよね。
人によって態度や行動が変わる人はたくさんいる。

パンぞうパンぞう

ヤマトは理由をまだ伏せているが、前日に殺害された女性や他の同僚がいきなり容疑者から暴力を受けて、女性が警察に相談しているのは警察の話で判明している。
こうなると完全に逆恨みで、解雇が納得いかないという言い訳は通用しないだろう。

イルカ子イルカ子

まぁ、解雇されて人殺すような人なんだから解雇もされるやろなって思う。不当解雇であったとしても人を殺す理由になるわけがないのだから。
問題のある人物なのは確か。

イカ郎イカ郎

解雇理由に不満があれば、労基に相談すればいいのに。今は他にも相談窓口は多い。それに46歳に寡黙な子と表現するのも違和感がある。

たぬえもんたぬえもん

写真見る限りクソ真面目で寡黙そうな雰囲気が伝わって来る。
周りの同僚とコミュニケーションをうまく取れずにストレスを
溜め込む性格だったのだろうか?。仲裁に入った方が亡くなっ
たのは本人も遺族も無念すぎる、合掌

ニワミニワミ

解雇やリストラするときの注意事項ってあるよね。
解雇するときは逆恨みがないように納得させないといけないと以前聞いたことがある。対応はどうだったのかな?
犯人が納得していないから逆恨みでわざわざ翌日に職場に押しかけたと思うけれどもヤマトの対応は適切だったのかな?
会社としてきちんと元従業員の退職勧告をしたのかな?
人を辞めさせるって心に傷を多かれ少なかれ残すからね。
こういう事が繰り返さないように人を辞めさせる時は対応しないと駄目だと思う。
今コロナで業種によっては事業を縮小しなければならない企業も少なくないと思う。だから何か他人ごとではないなと感じる。

サルエサルエ

捜査関係者によると、筧容疑者は犯行前日の5日午前、職場内で男性従業員とトラブルになった。死亡した広野さんは2人の仲裁に入り、会社の指示で同日昼にトラブルについて県警に相談。その際に「(筧容疑者の)振り払った手が私の体に当たった。そのことで会社から署に被害届を出すように言われたが、私に向けた暴力ではなく、被害届を出したくない」と話していたという。

カンガルー之助カンガルー之助

真面目で大人しい人ほど、
職場でストレスや嫌なことがあっても自分を責めて、
黙って頑張り過ぎてしまいがち。
いい加減、会社および世の中に蔓延している、
利益や効率ばかりが優先し、
生産性がない人間は生きている資格がない、といったような
人を奴隷やロボット扱いするような風潮を変えていくべき。
確かに人殺しは悪いが、
国の組織も会社も皆、事なかれ主義の隠ぺい体質で、
こんな大ごとでも起こらない限り、
まともに取り合ってもらえないような面も多分にある。
だいたい、余程のことでもない限り即日解雇はできないし、
労働基準法違反の筈。

きつね丸きつね丸

画像の容疑者の写真、下部に「電話」という文字が見える。恐らく履歴書。
年齢的に、ようやくありついた仕事だったのかな、と想像する。
犯行前日のトラブルも、自分だけが解雇されたことに納得いかず、逆恨みに至った可能性がある。
被害者は、会社の指示で警察署に行ったようだけど、とんだとばっちりとしか言い様がない。
ご冥福をお祈りいたします。

ネズザエモンネズザエモン

会社で、働く仲間で、何かトラブルあったのかな。
解雇されて、一人暮らししてたから、クビにされたら、生活のこと考えると、
切羽詰まってたのではないかな。自暴自棄になって、
考えるといろいろ思い出して、いら立ち事件を起こす羽目になったのでは・・
かといって、人を殺してはいけない。
退職するときは、トラブったまま解雇。これが事件の発端になっている気がする。

スポンサーリンク

廣野真由美さんの顔画像(Facebook)

まず気になるのが、今回の事件の被害者である廣野真由美さんの顔画像は公開されているのか?という疑問。

コチラに関しては、各メディアの報道を確認してみたのですが、現時点で廣野真由美さんの顔が分かる画像や映像は見受けられませんででした。

こういった場合の事件は犯人より被害者の方が先に公表され、批判されるケースがありますよね。

犯人である筧真一の顔画像は公開されていますので、いずれ廣野真由美さんの顔画像も公開されるかもしれません。

筧真一の顔画像の顔画像は以下の記事で。

次にFacebookなどのSNSも見てみました。しかし、同姓同名のアカウントはあるものの、今回の被害者であると断定できるものではありませんでした。

スポンサーリンク

廣野真由美さんと筧真一との関係

次に気になるのが、廣野真由美さんと筧真一の職場での関係は良好だったのか?という疑問。

コチラに関しては調べてみたところ、職場での関係は良好だったとのこと。

であれば、別の従業員とトラブルになって仲裁に入ったのも、筧真一のことを思ってのことだったのかもしれません。

そして仲裁に入った時、腕が当たってしまったのは、たまたまだった…すなわち故意にしたわけではなかったのではないでしょうか?

にも関わらず警察に相談するまでの騒ぎに…。

なんとなくですが、ヤマトのセンター側が筧真一を解雇にもっていく為の口実だったように感じました。

でなけらば腕が当たっただけで、警察に行くことをそそのかしたりしないような感じがしますし。

仮にこれが、暴行の容疑で逮捕されているのであれば、会社を辞めても仕方ないかと思いますが、被害届を出しているわけでもないですし、それで解雇というのは、やりすぎな感じもします。

ヤマトのセンター側は、それほどまでに筧真一を辞めさせたい理由があったのでしょう。

真面目すぎるがゆえに、トラブルも度々起こしていたような情報もありますし、ヤマトのセンター側も困っれいたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

職場での暴行で解雇になる?

次に気になるのが、職場内で暴行を加えた場合、解雇されることはあるのでしょうか?

結論は、暴行や脅迫は懲戒解雇に該当し、暴行や脅迫の動機、内容、態様など総合的にみて判断されます。

今回のケースで言えば、筧真一の手がたまたま当たったことを暴力と判断され、解雇されています。

報道だけの内容を見る限りでは、解雇が重すぎるように思いますし、筧真一が納得いかないのも分かる気がします。

もちろん殺人を起こした筧真一が一番いけませんが、ヤマトのセンター側がこれだけの理由で解雇していなければ、廣野真由美さんも命を落とさずに済んだのではないでしょうか?

追記:廣野真由美さん遺族が怒りのコメント!

10月28日の続報により、廣野真由美さんの遺族が心境をコメントしました。

(女性の名前)は、明るく優しく、きれいで、太陽のような笑顔で、何事にも一生懸命な人でした。彼女は、最愛の妻であり、愛情いっぱいの母であり、自慢の娘であり、憧れの姉でした。私たち家族それぞれにとって、かけがえのない存在でした。

2020年10月6日、突然、逆恨み・勘違いをした犯人にすべてを奪われました。どれほど怖くて、痛くて、無念だったか…。まだまだやりたいことがたくさんあったと思います。私たちも、彼女としたかったこと、話したかったこと、行きたかったところがたくさんあります。彼女ともう一度話をしたいです。帰ってきてほしいです。

犯人は、いわれのない逆恨みにより、何の躊躇もなく、(女性の名前)の命を奪いました。遺族として、激しい怒りを覚えますし、絶対に許すつもりはありません。命をもって責任を果たしてほしいと思います。

また、今回の事件の原因を作ったヤマト運輸に対しても、事件前日から会社が適切に対応してくれていれば、被害に遭わずに済んだと思うと、不信感と憤りを感じざるを得ません。

深い喪失感と強い怒りを抱えながら、家族一同、助け合って、何とか毎日を過ごしています。報道機関の皆さまにおかれましては、これまでどおり、静かに見守っていただければ幸いです。

令和2年10月28日

 遺族一同

【殺人事件に関する記事】

まとめ

元従業員が会社を解雇されてから翌日に起きた今回の殺人事件。

今の事故の解雇は精神的ダメージが相当なものだったのでしょう。

それに加え、納得のいかない理由での解雇がトリガーを引いてしまったことに違いありません。

犯人と被害者は職場では関係が良好とのとでしたので、本当に残念な事件となってしまいました。

廣野真由美さんのご冥福をお祈りします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク