4月11日、閉店したパチンコ店の駐車場で刃物を持っていた男が、警察官に向かってきた為、警察官が発砲し男の下腹部に命中する事件が発生していました。

男は入院していましたが、5月1日午後5時ごろ死亡したことが明らかになりました。

男の名前は公表されており、無職の城健司容疑者47歳と報じられています。

今回の記事では、

  • 城健司容疑者の顔画像
  • 城健司容疑者がパチンコ店で刃物を所持していた理由
  • 城健司容疑者が発砲されたパチンコ店の場所

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

城健司容疑者(刃物男)が入院先で死亡…顔画像や名古屋市西区のパチンコ店駐車場で刃物を持っていた理由は?

城健司容疑者が発砲され入院先の病院で死亡の経緯

まずは今回の事件で、城健司容疑者が逮捕され死亡した経緯を、報道されている内容から確認してみたいと思います。

愛知県警西署は1日、県警の捜査員による発砲でけがをした男が、入院先の病院で死亡したと発表した。同署で死因を調べている。

発表によると、男は住所不定、無職城健司容疑者(47)。4月11日、県警機動捜査隊員が名古屋市西区の立体駐車場で刃物を持っている城容疑者を発見。説得に応じず、刃物を持って向かってきたため発砲し、1発が下腹部に当たった。城容疑者は公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されたが、釈放され、治療を受けていた。同隊の飯田八寿夫隊長は「適正な職務執行だったと考えている」とのコメントを出した。

警察官は城健司容疑者を説得していたようですが、城健司容疑者は無視して向かってきたようですね。

結果的には、死亡してしまいましたが、その時の警察官の対応は適切だったと思います。

仮に警察官が発砲していなければ、警察官側が死亡していたかもしれませんし、説得に応じなかったことが発砲に繋がったわけですので。

スポンサーリンク

城健司容疑者が発砲され入院先の病院で死亡について世間の反応は?

ネズザエモンネズザエモン

ますは、刃物男から市民を守るための適切な行動に心から感謝します。もし躊躇すれば、刃物男は逃亡し、死傷する市民が出たかもしれません。現場での適切な判断に敬服します。しかしながら、市民を守るための正当な職務とは言え、発砲した警察官はきっと悩まれると思うので組織として、十分なメンタルケアを実施して頂きたい。
警察官の方々は大変な職務だと思いますが、みんなが応援しています。これからも頑張ってください。

ウルカウルカ

刃物持って向かってきた輩を退治した。
ただそれだけのこと。
こんなやる気のある警官は称賛されるべき。
ご苦労様でした。
そして、他に被害を出さなかった行動に感謝したいですね。
お疲れさまでした!!

レッサーくんレッサーくん

自分の命の危険もありながらも、結果相手が死に至った事で警官もつらいと思います
警察の人にこういうニュースを聞くとき私たちの安全を守ってくれて本当にありがとうと言いたい

フラミフラミ

普通に考えて刃物を持って向かってきたら発砲してでも止めなければ、その後被害が増えるかもしれない。
警察官の行動は適切だと思う。

ダーチョダーチョ

危険な人物を排除したまででしょ?
何か問題ありますか?
この人物が逃亡していたら一般市民も巻き込まれたかもしれない。
そう考えると正しい判断だと思う。

ラッコリラッコリ

この記事を見る限り
問題ないと思います。
この警察官の精神的な
ものが心配です。
ケアを十分にお願いします。

ブータミンブータミン

>「適正な職務執行だったと考えている
確かに適正で、冷静な対処でした。
おかげで市民の安全が守られました。

トゲねずトゲねず

警官の発砲記事が出ると必ず「脚や手を打てないのか?」という意見が出るがそんなのは漫画や映画の中だけの話です、手足は胴体に比べ的の小さい上に終始大きく動くので射撃の熟練者でも難しい、しかも相手は刃物を持って向かってくる訳で自分の命が掛かってる。
日本の警官の標準装備の小口径の拳銃では仮に手足に当たったところで動きを止められる保証は無い、当たり所によっては胴体に命中しても向かってくる場合すら有る。

プーシープーシー

1発で当てるとはすごい腕前。と言うより、拳銃は銃身の長いライフルと違い、狙ったところに全然、当たらない。
犯人は可哀想だとは思うが、刃物を持って攻撃したのだから死ぬことを望んでいたのではと思ってしまう。

スポンサーリンク

城健司容疑者の顔画像

まず気になるのが、今回の事件で死亡してしまった城健司容疑者とは、どんな顔をしているのか?という疑問。

コチラについては、各メディアの報道を確認してみましたが、顔がわかるような画像や映像は公開されていませんでした。

仮に顔が公表されていれば、事件発生時だと思いますし、今後も公表されることはないでしょうね。

一応FacebookなどのSNSも調べてみましたが、同姓同名のアカウントはあるものの、本人と断定できる情報はありませんでした。

城健司容疑者がパチンコ店で刃物を所持していた理由は?

次に気になるのが、城健司容疑者がパチンコ店で刃物を所持していた理由は何だったのか?という疑問。

普通の精神状態では、外で刃物を所持するということはないと思います。

事件現場は、閉店したパチンコ店の駐車場。

となると、パチンコで負けてイライラしていたのか?

そして刃物で何をしようとしていたのか?

考えられる理由としては、パチンコ店関係者に恨みを持っていた。あるいは自殺を考えていた。などでしょうか?

いつから刃物を所持していたのか?というのも重要な点かと思います。

警察官が発砲していなければ、他の誰かが被害にあっていたかもしれません。

なのでやはり、警察官の対応は間違いではないでしょう。

スポンサーリンク

城健司容疑者が発砲されたパチンコ店の場所はどこ?

次に気になるのが、城健司容疑者が発砲されたパチンコ店の場所はどこなのか?という疑問。

報道では西区上名古屋であるとされていました。

というわけで早速、周辺のパチンコ店を調べてみました。

ですがパチンコ店が多すぎて、特定するのは現時点での報道では難しいといえます。

立体駐車場があるということは、非常に大きい店舗であることは予想できます。

今回の事件について、新たな情報が入りましたら追記します。

まとめ

城健司容疑者は逮捕されたものの、釈放され病院で治療を受けている最中でした。

結果的に死亡してしまいましたが、やはり刃物を持っていたり、警察官に襲いかかってくるのは普通ではありません。

仮にケガが治って退院したとしても、また同じような事件を起こしていたかもしれません。

こういった人が町をウロウロしていると考えると非常に怖いので、自分でできる対策はしていきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク