4月12日に三重県大台町千代に住む夫婦が逮捕されました。

逮捕されたのは、

  • 会社員の木下翔太22歳
  • 妻で派遣社員の木下優奈23歳

です。

この夫婦がなぜ逮捕されたのかと言いますと、3歳の息子に対して虐待をしていたことが発覚したからです。

息子は命に別状はないとのことですが、全治約10日のケガを負ったとのこと。

一体なぜ自分の息子に対して暴行をしたのでしょうか?

今回の記事では、

  • 木下翔太と妻(嫁)の優奈の顔画像やFacebook
  • 木下翔太と妻(嫁)の優奈が3歳息子に暴行をした犯行動機

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

木下翔太と妻の優奈(三重県3歳息子タバコ押しつけ虐待事件)の顔画像やFacebook!息子に暴行の犯行動機は何が原因?

木下翔太と妻の優奈が3歳息子に虐待で逮捕された経緯

まずは今回の事件で、木下翔太と妻の優奈が逮捕された経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

3歳の息子にたばこの火を押しつけるなどの虐待をしたとして、三重県警は12日、同県大台町千代、会社員木下翔太容疑者(22)と妻で派遣社員の優奈容疑者(23)を傷害の容疑で逮捕し、発表した。翔太容疑者は容疑を認め、優奈容疑者は「見ていただけ」と容疑を一部否認しているという。

大台署によると、両容疑者は3月18日ごろから23日ごろにかけて、息子(3)の右手甲や右腕にたばこの火を押しつけるなどの暴行を加え、全治約10日のけがを負わせた疑いがある。息子は命に別条はないというが、体に10カ所ほどの傷があったという。児童相談所から署に通報があり、息子は児相が保護したという。

3歳の子供を暴行することがまず理解不能なわけですが、一般的になぜ虐待は起こってしまうのでしょうか?

虐待はなぜ起こるのか?

虐待が起きる要因としては、3つの要因があります。

  • 親の要因
  • 子供の要因
  • 家族をとりまく要因

の3つです。

それぞれどのとうな要因かと言いますと、

【親の要因】
  • 育児不安
  • 親自身が過去に虐待された経験がある
  • 病気や障害
  • 精神的に不安な状態
【子供の要因】
  • 育てにくい
  • 病気や障害
【家族をとりまく要因】

核家族化

  • 夫婦関係がうまくいってない
  • 経済的な不安
  • 地域からの孤立

などが挙げられます。

これらの要素が多ければ多いほど、虐待が起こる可能性が高いということになると思います。

☆子どもが被害にあう事件・事故に関する記事①

木下翔太と妻の優奈が虐待で逮捕されたことに世間の反応は?

にゃん吉にゃん吉

たった3歳の子に?
どれほど熱くて痛かったか……
こういう行為とても信じられない
小さな子が痛いと言っているだけで心苦しいのに

パンぞうパンぞう

「見ていただけ」もネグレクトで虐待。だから逮捕。
新型コロナでDV虐待が更に増加してると思います。
こんな時に大変ですが児相頑張っていただきたい。
近所の目も大事。こんな時こそ他人への思いやりを持てる日本であってほしい。

イルカ子イルカ子

こういうとき、嫁も辛かったみたいな態度になるけど
夫婦どっちも同等の罪だわ。

イカ郎イカ郎

こういう親は もう治らないので 特別養子にしてくださる方々がいたら良いと思う。施設はこの子が幸せを感じられる施設なら良いと思う。施設によっては 幸せに感じられない所もあるかもしれないから 養子縁組が良いと思う。

たぬえもんたぬえもん

“3歳の息子にたばこの火を押しつけた疑い 夫婦を逮捕”
3歳の子供といえば、言葉しっかり話せて可愛い盛り、その子供に残酷な虐待をする父親、それに加えてただ見ていただけと言い放つ母親。せめて母親が自分の身を呈して、我が子を守るのが普通の精神のはずだが、その最後の砦さえもこの家庭には一切無い。普段からの虐待もあったということもあり、残念ながらこの両親のもとでは子育て不能だろう。虐待を受け続けた子供は、将来虐待の連鎖になると聞く。悲しい話だがこの先3人での生活は難しいと思われるので、違う選択肢を選ばざるを得ないでしょうね。

ニワミニワミ

どれだけ熱くて辛いかこの両親も自分自身の身体で感じてほしい。
拷問を親にされたらどれだけ心に傷がつくか。。
とりあえずは保護されて良かったけど、今後がのこの子が心配です。
コロナで自宅にいる事が増えると虐待も増えるよね。。きっと。。
国はあてにならないからご近所の方もどうか気にかけて欲しい。
虐待される子がいなくなりますように。。。

サルエサルエ

わずか3歳の子に…
さぞ痛かったろうに、怖かっただろうに。
我が子に…おぞましい…人にあらず。
今後もっと厳罰化した方がいい

カンガルー之助カンガルー之助

同じ、生まれてくるのでも恵まれる子も、虐待に会う子。
子供には親を選ぶ事が出来ないのが悲しい。
まともに子供も育てられないのに作るなと言いたい。

きつね丸きつね丸

こんな報道がある度、死ぬほど心が痛みます。小さな体で、どれだけの恐怖と苦痛を味わったことか…逃げ場のない空間で…恐らく、この子にとって、この苦痛と恐怖の経験は一生消えないトラウマで残ると思います。でも、何とか乗り切って欲しいです!暖かい人達との出会いに恵まれますように。

ネズザエモンネズザエモン

いっこうに無くなりそうもない子供への残酷な仕打ち。
児童虐待に対しては、もっと厳罰化してほしい。

スポンサーリンク

木下翔太と妻(嫁)の優奈の顔画像やFacebook

まずは、木下翔太と妻(嫁)の優奈がどんな顔をしているのか?という疑問。

メディアの報道を確認してみたのですが、映像による報道はまだありませんでした。

次にFacebookなどのSNSも調べみたのですが、同姓同名のアカウントはいくつかあったのですが、本人と思われるアカウントは見受けられませんでした。

☆三重県で起きた事件・事故に関する記事

木下翔太と妻(嫁)の優奈が3歳息子に暴行(虐待)をした犯行動機

次に、木下翔太と妻の優奈はなぜ自分たちの可愛い子どもに対して暴行をしてしまったのでしょうか?

虐待をしてしまう理由については、先ほど紹介しましたので、それらに該当する可能性もありますし、それ以外の理由もありえます。

タバコの火の温度はライターの種類によって変わりますが、約800℃から1400℃と言われています。

  • フリントライターや電子ライター→800℃から1000℃
  • 内燃ライター→1200℃から1400℃

これを3歳の息子に押しつけるって、普通の精神ではできないと思います。

そういった点を踏まえると、なにか精神的に追い込まれていたのかもしれません。

そしてその矛先がなぜか子どもにいってしまったのではないでしょうか?

まだ取り調べの段階ですので、これから犯行動機などを供述すると思います。

新たな情報が入りましたら、追記します。

スポンサーリンク

「見ていただけ」の妻の優奈も同罪?

妻の優奈は、木下翔太の虐待を「見ていただけ」と供述していると、報道されていました。

いやいや…止めろよ!と言いたくなりますが、もしかしたら妻の優奈もDVを受けていたのかもしれません。

では、こういったケースの場合、妻の優奈も同罪になるのでしょうか?

これに関しては、不作為による幇助犯が成立する可能性があるようです。

虐待を止めることができたにも関わらず、止めなかったということは、つまり木下翔太の虐待の手助けをしたと捉えられるようです。

詳しくは以下のサイトで紹介されていますので、確認してみてください。

虐待の傍観者は加害者と同罪ですか。

☆子どもが被害にあう事件・事故に関する記事②

過去に起きたタバコ押しつける虐待

では、今回のようなタバコを押しつける虐待は過去にもあったのでしょうか?

同様の虐待で思い出されるのは、2015年福岡県久留米市で起きた事件。

当時16歳だった長女の舌にタバコの火を押しつけるなどの虐待をして、母親と内縁の夫が逮捕されたという報道は、聞いているだけでも心が痛む事件でした。

10代後半の娘に金魚の死骸を食べさせたとして福岡県警は16日、母親の福岡県久留米市荒木町荒木、無職尾形優子容疑者(46)と同居する自営業江上孝容疑者(46)=いずれも逮捕監禁致傷罪などで公判中=を強要の疑いで再逮捕し、発表した。

久留米署によると、2人は昨年6月初旬ごろ、自宅アパートで娘に「全部食べて」などと言い、30匹以上の金魚の死骸を無理やり食べさせた疑いがある。飼っていた金魚のえさのやり方に文句をつけ、水槽に洗剤を入れて金魚を死なせた上で、食べさせたという。尾形容疑者は容疑を認め、江上容疑者は「そんな事実はありません」と否認している。

両容疑者は昨年、娘をロープでベッドの柵に縛り付けて監禁して顔を殴るなどの暴行を加えたほか、舌にたばこの火を押し付けたなどとして逮捕され、起訴された。昨秋以降、両容疑者の逮捕は5回目。

スポンサーリンク

まとめ

小さな子どもに対する虐待…本当に減らないですよね…。

今回の事件の木下翔太と妻の優奈は、まだまだ若いので、遊びたい時期に遊べないというのも、ストレスだったのかもしれませんね…。

きっと周囲はまだまだ、自由に遊んでいると思いますし…。

こういった事件は起こってしまいましたが、子どもさんが元気に育つことを願います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク