8月22日に北海道登別市で悲しいことが起きました。

13歳という若すぎる年齢の男の子が、自ら命を絶ってしまったのです。

その理由はなぜか?

部活内でのいじめがあったと、男の子の母親はコメントしています。

残念ながら死亡してしまったのは、工藤虎太郎さん。登別市立鷲別中学校に通っていた中学1年生です。

母親がいじめがあったと断言しているのは、工藤虎太郎さんのスマホ内にあった部員とのやりとりによるもの。

動かぬ証拠と言えるでしょうね。

今回の記事では、

  • 工藤虎太郎さんをいじめていたとされるサッカー部員は誰なのか?
  • 鷲別中学校の評判(口コミ)

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

工藤虎太郎さんの自殺で鷲別中学校サッカー部でのいじめが発覚?アンケートは友人の意見がカギか!犯人(加害者生徒)や評判(口コミ)は?

工藤虎太郎さんのいじめ被害発覚の経緯

まずは今回の工藤虎太郎さんが自殺してしまった経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

6月22日、北海道登別市の中学1年の男子生徒が自宅アパートの敷地内で死亡しました。自殺したとみられていて、男子生徒の母親は「いじめによるものだ」と訴えています。

登別市で6月25日午後から開かれた告別式。祭壇には22日に自ら命をたった男子中学生の遺影がありました。

工藤虎太郎さん、13歳。登別市立鷲別中学校の1年生で、サッカー部に所属していました。

葬儀には、工藤さんの写真や生前つづった手紙がたくさん飾られていました。中には中学生になる自分にしたためたものも。

1年後の自分にあてた手紙:「1年後のこたろうへ 中学校での生活ガンバ!」

筆跡からも工藤さんの希望がうかがえます。母親のゆき美さんが葬儀場で取材に応じました。

工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「(当日は)お風呂に入って行こうとしていた。気落ちしている様子はなかった」

工藤さんは22日午前8時ごろ登校のため自宅の道営住宅を出ましたが、約30分後敷地内で倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました。

死因は全身打撲などで飛び降り自殺したと見られています。

工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「(顔は)涙や鼻水でぐちゃぐちゃ。泣きながら落ちたんだな」

遺書はなく、当初は理由も分かりませんでした。しかし警察から手渡された虎太郎さんのスマートフォンに、ゆき美さんがいままで知らなかった事実が残されていました。

工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「部活を休むのであれば筋トレを30分やれ、それを動画で送れと…」

スマートフォンにサッカー部員から筋トレを強要されるやりとりなどがあり、ゆき美さんはいじめがあったと受けとめています。

工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「心ない一言を言った人は『言った覚えがない』これが一番問題」

ゆき美さんは、登別市教育委員会にいじめがあったかどうかの調査を依頼。

登別市教委は「母親の主張は承知している。事実かどうか慎重に見極める」とし、全校生徒約270人に記名式でアンケート調査をしています。

【いじめに関する記事】

全校生徒へのアンケートは友人の意見がカギ?

現状では、登別市立鷲別中学校の全校生徒に記名式でアンケートをしているとのことですが、当然ながらいじめをしていた側が、認めるとは考えにくいですよね。

誰だって自分が不利になるような発言は控えると思います。それが例え真実であったとしても。

となると、工藤虎太郎さんと親しかった友人の意見がカギになると考えられます。

もしかしたら親しい友人に工藤虎太郎さんは、いじめの相談をしていたかもしれません。

親には言い難いことでも、信頼できる友人であれば、心の内を訴えていたということは十分に考えられます。

ですがこれはあくまで、工藤虎太郎さんに親しい友人がいた場合です。

中学校生活が始まったばかりですし、2020年は新型コロナうウイルスの影響もあり、例年のように他の生徒とふれあう機会も少なかったと思いますので、親しい友人がいたとすれば、小学校からの友達でしょうね。

1つ問題があるとすれば、いじめをしていた側が、友人などに口止めをしていた場合。

おそらくいじめをしていたのは部活の先輩。すなわち上級生ということになると思うので、複数で口止めを強要されたとすれば、真実に蓋をされてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

工藤虎太郎さんの母親ゆき美さんの決断

自分の子供がいじめの被害にあって自らの命を絶ったとすれば、親は当然、中学校や加害者生徒に対し許せない気持ちが込み上げてくるでしょう。

ただ、今回のように全国に名前が知れ渡ってしまうのは、少し抵抗があるようにも感じます。

しかし、あえて工藤虎太郎さんの母親は自身の名前まで公表して、今回のいじめの問題と戦っています。

先程の報道でインタビューにもしっかり対応している様子が伺えますし、母親がなぜ自分の息子が死ななくてはいけなかったのか?この真相を知りたいという気持ちの強さが伝わってきます。

それを踏まえた上でも、いじめの有無を知っている生徒には偽りのない答えをしてほしいところです。

工藤虎太郎さんをいじめていたとされるサッカー部員は誰?

まずは、工藤虎太郎さんのスマホに残されていた、筋トレを強要した人物は誰なのか?という疑問。

これについては、未成年でありますし、実際にまだいじめがあったと決まったわけではありませんので、名前などは分かっていません。

しかし、スマホには当然名前が記載されているでしょうから、工藤虎太郎さんの母親はいじめていた人物を特定していると思います。

ですので仮に、アンケートの結果としていじめはなかったとされれば、スマホ内の情報などを元に違う角度から調査するかもしれませんね。

スポンサーリンク

鷲別中学校の評判(口コミ)

では、今回問題となっている鷲別中学校とはどんな学校なのでしょうか?

まずホームページはコチラ→登別市立鷲別中学校http://www.noboribetsu.ed.jp/~jw_info/

ホームページを見る限りでは、6月1日から学校が再開しています。

というとは、学校が再開してわずか21日経ったところで、今回の工藤虎太郎さんの自殺が起きたということになります。

また、サッカー部のページもありますので、気になる方はご覧になってみてください。

評判については、以下のようなコメントがありました。

【いじめについて】

いつの時代も、何処の学校にもイジメはあると思いますが、私の息子もイジメに遭っていました。長男と三男はイジメに遭っても頑張って学校に行ってたのですが、次男はイジメが原因で不登校になりました。先生達の対応も、おざなりな対応で、世間体を気にしてばかりで、あまり親身になってくれませんでした。

【部活について】

特に何かに強いとか、そう言った目立った部活は無いように思います。子供達は何となくダラダラと部活動してる様な感じですね。

まぁこれだけの口コミだけで、評判を判断することはできませんが、少なくともこういった印象を受けた人がいたというのは、間違いないということでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

工藤虎太郎さんのご冥福お祈りします。

そして、13歳という若さで自分の息子を失ってしまった母親ゆき美さんの為にも、早期にいじめがあったのかどうか?というところの真相が解明することを願います。

嫌ならその現実から逃げるという選択をすることも、大事な決断だと思います。でもそれは、自分の命を絶つことではなく、学校に行かないという意味で。母親ゆき美さんなら話せば分かってくれたと思いますしね。本当に残念です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク