2021年3月5日午前11時ごろ、神奈川県茅ケ崎市菱沼3で83歳の夫を殺害したとして、76歳の妻が逮捕されました。

この事件で逮捕されたのは、無職の丸洋子容疑者

そして殺害された夫は寿雄さん

丸洋子容疑者は寿雄さんが就寝中に犯行に及んだとのこと。

一体夫婦の間に何があったのでしょうか?

今回の記事では、

  • 丸洋子容疑者の顔画像
  • 丸洋子容疑者が殺人事件を起こした事件現場
  • 丸洋子容疑者が寿雄さんと離婚しなかった理由

この辺りについて、調査して見たいと思います。

スポンサーリンク

丸洋子容疑者が夫の寿雄さんを殺人で逮捕!顔画像や自宅(事件現場)は茅ケ崎市菱沼3のどこ?離婚しなかった理由はなんで?

丸洋子容疑者が夫の寿雄さんを殺害して逮捕された経緯

まずは今回の事件で、丸洋子容疑者が逮捕された経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

就寝中の夫を殺害したとして、神奈川県警茅ケ崎署は6日、神奈川県茅ケ崎市菱沼3、無職、丸洋子容疑者(76)を殺人容疑で逮捕した。「昔からお金を入れてくれなかったり、暴力を振るわれたりした」と容疑を認めているといい、同署は長年の恨みがあったとみて調べている。

逮捕容疑は5日午前11時ごろ、自宅の寝室で就寝中だった夫の寿雄さん(83)に馬乗りになって体を押さえつけ、首をのこぎりで数回切りつけるなどして殺害したとしている。

同署によると、のこぎりは刃渡り約25センチで、自宅にあったという。同日午後8時10分ごろ、丸容疑者が「のこぎりで夫を切った」と110番通報した。

寿雄さんは長男と3人暮らしで、当時、長男は不在だったという。

この一家の生活がどういったものだったのか?報道からは分かりかねます。

  • 寿雄さんは事件が起きる直前まで暴力を振るっていたのか?
  • 長男は仕事で留守だったのか?

といった辺り。

丸洋子容疑者が受け続けてきたことは、事件が起こるまで続いていたのでしょうか?

寿雄さんは83歳でしたので、事件が起こる前まで暴力等を振るっていたような感じはしません。

もしかしたら丸洋子容疑者は、寿雄さんの介護をしている中で昔のことを思い出し、怒りがこみ上げてしまったのかもしれませんね。

殺人罪の罰則は以下の通り。

殺人罪の法定刑は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役である。 2004年(平成16年)の刑法改正により、従来の「3年以上」から刑の下限が引き上げられた。 もちろん、法律上の減軽や酌量減軽により5年未満の刑を宣告することは可能である。

スポンサーリンク

丸洋子容疑者が夫の寿雄さんを殺害して逮捕について世間の反応は?

さんぞうさんぞう

殺したいほど憎ければ離婚すれば良いのにって云う人がいるけど、昔の人って中々離婚出来ないものなんだよね。
世間体とか金銭問題とか。
長年の恨み分かる気がする。
だけどここまで我慢したのだから、例えば弁護士に相談するとか息子さんに助けを求めるとかして欲しかった。
そんな旦那のために手を汚す事なかったのに、残念

ぷーばーぷーばー

我慢に我慢を何十年も重ねて、
年齢的にも理性の抑制すら限界だったのでしょうね。
もうすぐ自由になれたかもしれないのに、
人生最後の最後で人に裁かれる人生になるなんて、気の毒です。
これから年配になっていく女性は、自分のエネルギーがまだある内に
悪い旦那さんからは逃げなくちゃですね。。。

きちきちきちきち

誰にも相談できなかった。
体裁があった。
離婚しても自立できなかった。
これだけで十分心は壊れます。
辛かっただろうな。私、別れてなかったら同じこといつかしてたかも。別れてよかった。

ブータデブータデ

うちの親世代。恐らく息子はオレと歳が近いと思う。団塊の世代と団塊ジュニア世代。
物凄く気持ちが分かる。
昔うちの親父も、酔っ払って帰ってきて大暴れして母親を殴り、オレと姉は押し入れに隠れて親が寝静まった頃に這い出して食事して宿題して寝る。学校から帰ると母親が居なくて1週間ほどしてひょっこり帰ってくる、そんな毎日だった。事あるごとに、誰のおかげでメシが食えると思っとるんじゃと。ここには書けないような人権を無視した言葉を母親に毎日浴びせていた。息子として親父を殺そうと思った事も何度もある。離婚なんかできないんだよ、あの世代は。大人になって同世代と話すとどこも似た感じだった。オレたち世代の性格が歪んだのは親の影響が大きいと思う。戦後生まれの男は皆そんな感じ、それが格好いいとすら思っている。きっとこの夫は、許せない一言を言ったのだと思う。

たっちぃたっちぃ

積年の恨み。
虎視眈々とその時を待っていたのか。と勝手な想像ですが、世代的にも我慢することが多かったのかと思われます。
包丁で刺す選択もあり、敢えてノコギリとは。
私は、早めに独り身になって、よかったかもしれない。

へびーきゅんへびーきゅん

色々な対策を考えてみても、それは私たちの考えてる事であって、当人にとっては夫を殺す事でしかこの状態から逃れる術は無かったのでしょう。
他の事なんか考えられなくなるくらい。

だびーくんだびーくん

命を奪うのは決して許されないことだが、積年の恨みの火種を抱えていて我慢してきたのに、その相手に要介護の兆候が見えてきた途端に火種が大きな炎になるって、何か同様な事件概要で読んだ気がする。老齢獄中生活の方がマシと思うくらいの強い意思を感じる。

メカメカメカメカ

76歳の妻に、同情さえする。
このような時に、一体どうすれらば良いのだろう。うちも70代の叔母夫婦が喧嘩をし、叔母が家を出たいと言い出し、役所に相談に行かれました。とりあえずは、一人暮らしの出来る市が斡旋する物件の様な所を数件、情報提供をしてもらったらしい。本当かどうか定かですが、毎月の家賃を含む諸経費や、知らない場所に住む不安から留まったらしいが、、、高齢になると別居も難しく、頼りは子供だけという事になる。しかし、子供は自分の暮らしでいっぱいで、あまり大きな事として捉えなかったりする。
本当に、我慢以外に、回避できるか方法はないのでしょうかね。私も分からない。

きょんたんきょんたん

積年の恨みってやつですか。
家庭内で身近な凶器は台所にある包丁だと思うけど、のこぎりを使ったのも何か意味があるんだろうなぁ。「午前11時ごろ、寝室で就寝中に」って言うのも。

スポンサーリンク

丸洋子容疑者の顔画像

まず気になるのが、今回の殺人事件で逮捕された丸洋子容疑者とは、どんな顔をしているのか?という疑問。

コチラに関しては、メディアの報道により確認できます。

ハッキリとは分かりませんが、年相応の見た目であることは分かります。

とても殺人事件を起こすようには見えないのですが、人には言えない悩みが積み重なると、自分では止められないのでしょうね…。

丸洋子容疑者が殺人事件を起こした事件現場はどこ?

次に気になるのが、丸洋子容疑者が殺人事件を起こした事件現場の自宅はどこなのか?という疑問。

報道では、神奈川県茅ケ崎市菱沼3とありました。

自宅の外観は公開されていますので、これを元にストリートビューで地域を見てみたのですが、それっぽい自宅には辿り着きませんでした。

見た限り一戸建ての自宅が立ち並ぶ地域という印象を受けます。

スポンサーリンク

丸洋子容疑者が寿雄さんと離婚しなかった理由は?

次に気になるのが、丸洋子容疑者が寿雄さんと離婚しなかった理由はなんだったのか?という疑問。

コチラに関しては、コメントでは離婚したくてもできない世代という意見がありました。

一般的に離婚できない理由として多いのが、

  • 収入がないと生活に困窮してしまう
  • 子どものことを考えて
  • 配偶者が離婚に同意してくれない
  • 自分が悪いことをして離婚できない

などの理由が多いようです。

事件が起きた一家の生活環境が分かりませんので何とも言えませんが、長年の暴力などでマインドコントロールされてしまっていたのかもしれませんね。

【殺人事件に関する記事】

まとめ

高齢の夫婦間での殺人事件はあまり聞かないので、衝撃度が凄い事件です。

長年一緒にいたのに、ここにきて殺意が芽生えることもあるということに驚きましたね。

でもどんなに憎くても、人を殺めることはやはりダメですけどね。他に方法があればよかったのですが、残念な結果です。

寿雄さんのご冥福をお祈りします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク