1月30日に愛知県一宮市にある線路で、5歳の男の子が電車ではねられるという事故が発生していました。

男の子は、その後病院で治療を受けていましたが、2月11日に容態が急変したことで死亡しました。

一体なぜこのような事故が起こってしまったのでしょうか?

今回の記事では、

  • 愛知県一宮市名鉄尾西線の開明駅付近の事件現場はどこなのか?
  • 36歳母親が目を話した理由(その間何をしていたのか?)

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

愛知県一宮市名鉄尾西線(開明駅)で5歳男の子が電車にはねられ人身事故!36歳母親が目を離した理由は何やってた?

名鉄尾西線で男の子が電車にはねられた事故の経緯

まずは今回の名鉄尾西線でに事故の経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

1月30日、愛知県一宮市の名鉄尾西線の線路で、電車にはねられ意識不明となっていた5歳の男の子が11日、入院先の病院で死亡しました。

1月30日、一宮市の名鉄尾西線・開明駅近くの線路上で近くに住む男の子(5)が電車にはねられ、頭の骨を折るなどして意識不明の重体になっていました。

その後、男の子は病院で治療を受けていましたが、11日容態が急変し死亡しました。

この事故では、直前に男性運転士(46)が線路内を1人で歩く男の子を見つけ、急ブレーキをかけたものの、間に合わなかったということです。

現場の線路は脇の道路とは柵などで仕切られていましたが、警察は母親(36)が目を離した隙に男の子が線路内に入ったとみて調べています。

この報道で気になることと言えば、電車が急ブレーキをかけた時の時速は何キロくらいだったのか?ということ。

まず電車の速度は何キロで走っているのかと言いますと、

日本において、鉄道では、新幹線(フル規格)でおおよそ120 – 230 km/h、JRの特急列車(ミニ新幹線部分含む)で50 – 110 km/h、同じくJR在来線の普通・快速列車で30 – 90 km/h、都市部の地下鉄で30 km/h 前後、路面電車で10 – 20 km/h程度である。

となっているようです。

ですので、今回の名鉄尾西線の電車は30 – 90km/hで走っていたものと思われます。

次に、電車が急ブレーキをかけてから止まるまで距離は車の約3以上と言われています。

以下のサイトを見れば詳しく紹介されていますが、たとえ電車が急ブレーキをかけたとしても、かなりの距離を走ることになります。さらに重量も車とは比べものにならないほどです。

列車は急には止まれない! クルマと大きく異なる鉄道ブレーキ事情

なので、運転手の男性もかなり頑張ったとは思いますが、男の子が自力で逃げ切らない限り、事故の回避は難しかったように感じました。

☆子供が巻き込まれた事故に関する記事

☆線路での事件事故に関する記事

名鉄尾西線の電車に5歳男児がはねられた事故について世間の反応は?

カンガルー之助カンガルー之助

5歳にもなると正直しっかり話も通じる年齢なので、危なくない場所では目を離してしまうこともあります。改めて気をつけなくてはと身に染みました。

きつね丸きつね丸

運転士さんも辛いでしょうね。
知り合いの電車の運転士さんは、小さな子が線路に居るのが見えて、ブレーキを目一杯かけたけどその子が手を振って走って近づいて来たと。
本当に忘れられない辛い記憶だそうです。
親だからといって一瞬も目を離さないというのは無理な話だし、お子さんも親御さんも皆悲しみに暮れていると思うと辛い。

ネズザエモンネズザエモン

5歳ではまだまだ好奇心や冒険心が買ってしまう。親が口を酸っぱくして教えていても興味あるものが目の前にあれば言い付けなんかわすれてしまう年頃。
痛ましい事故です。親御さんが一番辛いと思う。
男の子のご冥福をお祈りします。

フラミフラミ

最初の報道では重傷という事をだったので、よく電車にはねられて重傷で済んで良かったと思っていたら、その後容態が急変して重体になったと出て、亡くなってしまったんだね。
同じ市内なので気にしてニュース見てたので、本当に気の毒だ。
柵があっても小さい子どもだと入れてしまうし、5歳ぐらいの男の子って親が想像しないようなことをするから要注意だと思う。
ローカル線で本数も少ないから運が悪かったと思うけど、親としてやり切れないだろう。

ダーチョダーチョ

5歳は難しい年齢です。
少し目を離しても大丈夫かな?と思いきや、好奇心旺盛な年頃でもあります。
男の子だと電車が好きな子も。
ただ見るだけのつもりで線路へ行ってしまうということも…
こういうとき、母親がすごい責められます。
たしかに目を離してしまった母親も悪いですが、本人が1番わかっていると思います。
こういう事故が減ることを祈っています。

トゲねずトゲねず

母親はどんなにその時間より前、当日の朝に戻れたらと思っていることやら。
嘘であって欲しい。目を覚まして元気になって欲しい。信じたこともないかもしれない神様にお願いしたりもしたことでしょう。時間を巻き戻せたらと。
自分のせいで子供が死んでしまったなんて考えられない絶望です。それ以上悲しいことなんてこれから起きないでしょう。
子供も急に離れてしまって寂しいでしょう。
悲しいニュースですがすべての親の気を引き締めるきっかけになる。悲しい事故が起きませんように。

プーシープーシー

私も子を持つ親です。
もちろんこの件で親が一番悪いのは当然ですが、そんなのは一番この子の親が痛感して、自分を責めてると思います。
コメント見てると『親が悪い』とかそう言うコメントが多いですが、24時間365日、1分たりとも子供から目をそらすなっていうのは不可能ですからね。
昔は祖父祖母とか地域の目も多かったですが、今は核家族化も浸透しきって、一人で子どもを育てていくのが一般的な現状です。
そんな中でどうしたら未然に防げるか、アイディアを出し合ってこそ社会だと思います。
親が悪い、以上。っていうなら、何の改善もできません。
JR九州のように高架線化するもひとつ。この子の命を無駄にせず、みんなで考えていけませんかね?

シシオシシオ

うちにも、もうすぐ一年生になる5歳の子がいます。いつも手を繋いでいますが、あ!と目線の先にあるものを急に追いかけてしまう時があり、ドキドキしてます、
親御さんは、自分を責め続けるでしょうね、目の前で倒れてるのを見ると激しさも想像出来るでしょうし、、助かってほしかったです。

ライアンライアン

用事があって出掛けていたのかな。
ずっと監視できるわけじゃないし、他の誰かがみてくれてる訳じゃないし、お母さんは本当に大変だ。
線路を見かけて歩きたくなっちゃったんだね。大人だって立ち入るのがいるんだから、好奇心かな…。
こういう場所ではしっかり手を握らないと危ないね。
本当にほんの少しの間だったんだろうけど、その瞬間の察知が難しい。

スポンサーリンク

愛知県一宮市名鉄尾西線の開明駅付近の事件現場はどこ?

まず今回の事故が起きた現場はどこなのでしょうか?

報道では

開明駅近くの線路上

とありました。

まず、開明駅付近の地図がこんな感じ。

そして線路と道路の間隔はこんな感じ。

36歳母親と5歳の男の子は、この付近の道路脇を歩いていたと思われます。

スポンサーリンク

36歳母親は目をなぜ5歳息子から目を離した?その間何してた?

では次に36歳母親は、なぜ5歳の息子から目を離してしまったのでしょうか?

1月30日に開明駅で起きた人身事故を調べてみると、以下のようなツイートがありました。

このツイートが今回の事故の内容かは分かりませんが、仮にそうだったとすると、時刻は遅い時間だったということになり、辺りは暗い状態ということになります。

また、先程の画像を見る限りでは、数秒もあれば線路に辿りついてしまいそうです。

母親が目を離した理由として考えられることは、

  • 知り合いに会った
  • スマホが鳴った(スマホをいじっていた)
  • 靴紐が解けて結んでいた

などが思い浮かびましたが、これだけスマホが普及して便利になっていますので、何かスマホに集中してしまった出来事が起こったように思いますね…。

5歳の男の子は活発で元気ですので、動き周りそうですよね。

5歳時の行動面の特徴としては、

  • 運動機能がますます伸び、喜んで運動遊びをする
  • 友だちとともに活発に遊ぶ
  • 危険な物や場所を知り、安全に気をつけて、遊具や用具を正しく使う
  • 見通しをもった生活ができるようになる(園生活の決まり、当番活動、遊びの準備、片付けなど)
  • ルールのある遊びに参加する

などがあります。

ただ個人的には、線路もしくは電車に興味があり、間近で見たいという気持ちが芽生えてしまったのかな?って気がしました。

母親も通いなれた場所でしょうし、まさかこんなことになるとは想像もしていなかったんだと思います。

本当に残念ですよね。

この事故をキッカケに、道路から線路に踏み入れられない環境に改善されることを願います。

まとめ

小さなお子さんをお持ちの親はドキっとしたであろう今回の事故。

5歳の男の子の死を無駄にしないような対策を考えて、再発を防止してほしいと共に、小さな子どもを持つ親には教訓を活かしてほしいですね。

5歳男の子のご冥福をお祈りします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク