2020年12月16日午後1時40分ごろ、新潟県湯沢町にある「かぐらスキー場」でスノーボードをしていた女性が、転倒し雪に埋まってしまう事後が発生しました。

この事故で東京都江戸川区に住む会社員の三堀真由子さんが、窒息により死亡してしまったとのこと。

三堀真由子さんは友人と上級者向けのコースを滑っていたとのこと。

一体なぜ今回の事故は起きてしまったのか?

今回の記事では、

  • 三堀真由子さんがかぐらスキー場で転倒した原因
  • スノーボードの危険性や注意点は?

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

三堀真由子さんかぐらスキー場で転倒事故の原因は?死因は新雪にはまり窒息死…スノーボードの危険性とは?

三堀真由子さんのスキー場での事故の経緯

まずは今回のスキー場で起きてしまった事故の経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

16日午後1時40分ごろ、新潟県湯沢町の「かぐらスキー場」で「スノーボーダーの女性が過って新雪にはまり転倒し、雪に埋まった状態で発見された」と職員から119番があった。新潟県警によると、女性は東京都江戸川区西瑞江3の会社員、三堀真由子さん(33)。友人に救助されたが、搬送後にまもなく死亡した。死因は窒息死だった。

県警によると、三堀さんは上級者向けのジャイアントコースを友人の後を続くように滑っていたが、急に姿が見えなくなったため捜したところ、コース内に降り積もった新雪部分で上半身が雪に埋まった状態で発見された。当時はふぶいていたと見られ、視界は悪かった。

かぐらスキー場の公式サイト

三堀真由子さんは新雪部分に上級者が埋まる形で発見されていました。

この背景から、当時雪はかなり降っていたと思われます。

自力で抜けなかった点を踏まえると、雪の重さは相当なものだったと思います。

雪の重さは1立方メートル当たりで大体新雪で150kg以上、 だんだん根雪となって固まっていった場合は500kg以上にもなる場合があります。 水の1立方メートルあたりの重さが1トンですから、その半分近くの重さがあることになります。

上級者向けのコースを滑っていたということは、かなりの経験もあったはずです。

なのに一歩間違えると事故に繋がってしまう…。

スポンサーリンク

三堀真由子さんのスキー場での事故について世間の反応は?

べいせんべいせん

雪に顔が埋まる前に、顔に手を近づけて口の周りにできるだけ大きな空洞を作る
雪崩に巻き込まれた時もそうです
窒息時間を遅らせることができ助かる可能性も高くなります

さんぞうさんぞう

新雪は「ふかふか」です。深いところに落ち込んでしまったら「手掛かりが」ないので誰かの手助けがないと這い上がってこられないそうです。
以前スキー場で新雪に落ち込んで出られなくなっている上級者をインストラクターさんが慌てて救助していました。やはり「窒息するかと思った!」をおっしゃってました。

ぷーばーぷーばー

自分は当日同じかぐらスキー場のゴンドラコースにいて、救急スノーモービルで心臓マッサージされながら搬送されているのを目撃した。
下山するまでに大分時間かかるしやはり助からなかったのか・・。御冥福をお祈りします。

きちきちきちきち

雪崩に巻き込まれたのと同じような状態かな?
ドカ雪でTwitterにはパウダースノーとかで写真が上がっているが、腰よりも上のパウダースノーなんて滑れないだろうなー
ラッセルしないと前に進めないだろうし
災害級の降雪だから、スキーやスノボも控えた方がいい

ブータデブータデ

彼氏さん一緒にて助けてあげられなかったのは辛いですね。
これからのスキーシーズン行く予定の人もスノボーは危険なレジャーなので経験者同士でも別行動せずに常に一緒にいる心づかいをしてあげてほしいです。

たっちぃたっちぃ

この日はこの方以外にも、もう一名このスキー場で亡くなっておられます。原因は違うかと思いますが。
私も当日このスキー場にいましたが、一本滑って危険と判断して帰りました。
まともに滑れる状況ではなかったです。

へびーきゅんへびーきゅん

中学生の頃スキー板が片方突き刺さって、それを軸に膝の可動域を超えて捻れた
ストックを持ったまま立った状態だったせいで中々脱出も出来ず
そのせいか長時間の正座やジョギングなどですぐに膝が痛くなる
ウィンタースポーツをする際は転倒以外のリスクにも気をつけてください
ご冥福をお祈りします

だびーくんだびーくん

まだ若いのに可哀想だし、一緒に旅行していた友人達もはぐれてしまったことを悔やむだろうなぁ。
スキー・スノボに限らず、何にでもリスクはつきものだと改めて思う。
ご冥福をお祈りします。
私は雪国育ちだが、小学6年生の頃に家の近くの空き地で平日の学校帰りの雪合戦用塹壕を休みの日に掘りに行って一人分の穴を掘った所を覗き込みながら腕で側面を慣らしていたら頭から落ちて自力で起き上がれなくなりました(汗)
頭に血が集まり、身体一つ分の狭い穴の中で酸欠になるしでもうダメかもと思った。
もがいた結果、たまたま穴が崩れて助かりましたがあと少し続いていたらやばかったと思う。
生きていることは本当に奇跡の連続だよ。

メカメカメカメカ

新雪で転倒したら、普通でも体や道具が埋まり、脱出に時間がかかり、場合によっては道具を外し、回収を諦めます。
ビンディングを外せるスキーと、がっちり固定されるスノボの差ですかね?
とにかく新雪での転倒は、このように命を落とします。頭から突っ込んだんでしょうね。
新雪滑走は、コースの最後まで一気に滑り切る体力と、階段滑走が出来る技術が必要です。経験者でも一人での滑走は、好ましくありません。
ご冥福をお祈りします。せっかくのシーズンインだったのにね。
皆様もご安全に。

スポンサーリンク

三堀真由子さんがかぐらスキー場で転倒した原因は?

まず気になるのが、三堀真由子さんがかぐらスキー場で転倒した原因について。

報道では、新雪にはまったことで転倒したとありました。

ですので事故当時に積もっていた雪に過ってぶつかってしまったのかもしれません。

かなり吹雪いていたようですので、転倒してから雪が積もっていくスピードも速かったんだと思います。

タラレバになってしまいますが、仮に男性の友人があとに滑っていたら、三堀真由子さんの転倒に気付けたわけですので、悔やまれるところでしょう。

スポンサーリンク

スノーボードの危険性や注意点は?

次に気になるのが、スノーボードの危険性と注意点について。

三堀真由子さんは上級者向けのコースを滑っていました。

であれば滑りには自信があったはずです。

スノーボードに限らずどんなスポーツにもリスクは伴います。

例えばケガのリスク。

スノーボードの場合、足が固定されていることやスピード、さらにジャンプやジビングによる衝撃でケガを負うことがあります。

あとは対人の事故や過酷な環境などもあります。

リスク回避に一番重要なのは、やはり自分の技量を過信しないことだと思います。

過信しすぎると備えが不十分になり、さらに大きな事態になりかねません。

今回の三堀真由子さんか自分の滑りの技術に過信していたかは分かりませんが、自信がなければ吹雪の中滑ろうとは思わなかったかもしれませんよね。

一緒いた友人の男性を強く信頼していたように思います。

スポンサーリンク

【スノーボードによる事故に関する記事】

まとめ

スポーツを楽しむこと自体は素晴らしいことだと思います。

しかし今回のような事故が起こると、どんなスポーツにも危険は伴うことを改めて実感しました。

三堀真由子さんのご冥福をお祈りします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク