女優の菊池桃子さんが再婚されたことが話題となっています。

菊池桃子さんは現在51歳。恋愛に年齢は関係ないと言いますが、それでもやはり驚きですよね。

さらに、結婚相手の旦那さんが凄いことでも話題になっているんです。

菊池桃子さんの結婚相手の旦那さんというのが、経済産業省経済産業政策局長である新原浩朗さんという方。

事務次官候補と言われている超エリート官僚だったのです。

女優と官僚という、一見交流がなさそうな2人は、どのようにして出会い、結婚にまで至ったのでしょうか?

今回の記事では、原浩朗さんと菊池桃子さんの馴れ初めについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

新原浩朗さんと菊池桃子さんの馴れ初め(出会い)は何?

女優と官僚という驚きの組み合わせによる2人の結婚。

一体、2人の馴れ初めとは何だったのでしょうか?

一部の情報に、「一億総活躍会議」という会議が馴れ初めであるとありました。

実際にwikiにも民間議員に起用とありましたので、出席したのは間違いないでしょう。

「一億総活躍会議」とは、どんな会議なのかと言いますと、首相官邸のサイトに説明がありました。

若者も高齢者も、女性も男性も、障害や難病のある方々も、一度失敗を経験した人も、みんなが包摂され活躍できる社会

一人ひとりが、個性と多様性を尊重され、家庭で、地域で、職場で、それぞれの希望がかない、それぞれの能力を発揮でき、それぞれが生きがいを感じることができる社会

強い経済の実現に向けた取組を通じて得られる成長の果実によって、子育て支援や社会保障の基盤を強化し、それが更に経済を強くするという『成長と分配の好循環』を生み出していく新たな経済社会システム

2015年10月から2016年6月まで計9回に渡り、会議が開催されています。

ですので、2人が初めて出会ったのは2015年だったと言われています。

結婚報道で新原浩朗さんは、「働き方改革」や「幼児教育無償化」などに取り組んでいると紹介されていました。

ですので、こういった背景に「一億総活躍会議」があったのは理解できますね。

では、この「一億総活躍会議」に、なぜ菊池桃子さんが出席できたのでしょうか?

スポンサーリンク

菊池桃子さんが一億総活躍会議に出席できた理由は何?

2人の馴れ初め(出会い)が「一億総活躍会議」であることは分かりましたが、菊池桃子さんが「一億総活躍会議」に出席できた理由とはなんだったのでしょうか?

実は、菊池桃子さんの経歴が凄かったのです。

なんと2012年3月25日に法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻修士課程修了し、修士号を取得していました。

研究分野は「雇用政策を踏まえた人々のキャリア形成」とのこと。

キャリア形成とは人生、特に仕事をすることにおいて、さまざまな能力を身につけていくことです。どういった力かというと、1人1人が自分の中の働く意味や人生の使命といっった自分の価値観と向き合い、それらを満たしていくことができる力のことです。

こういった研究をしていた点を考慮すれば、菊池桃子さんが「一億総活躍会議」に出席していたことも納得がいきますね。

要するに2人が目指している方向性が同じであるということでしょう。

「一億総活躍会議」に出席した2015年12月17日には、「午後には陽のあたる場所」という書籍を出版しています。

コンプレックスだらけの元スーパーアイドルが、今では客員教授として教壇に立っているという。
彼女に何が起こったのか。
ひとりの女性としての、シングルマザーとしての、苦悩や葛藤、出会いと別れ。
そのすべての想いが、いま初めて明かされる。
菊池桃子、初の著書。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

午後には陽のあたる場所 [ 菊池桃子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2019/11/5時点)

楽天で購入

 

 

ではさらに深堀りして、なぜ菊池桃子さんは法政大学で研究をしようと思ったのでしょうか?

馴れ初めの一億総活躍会議に出席したのは子供(長女・娘)の障害が影響?

菊池桃子さんの再婚を後押ししたのは2人の子供たちだったと言われています。

この2人の子供は、前夫であるプロゴルファーの西川哲さんとの間にできた子供です。

  • 1996年8月7日→長男を出産
  • 2001年10月18日→長女を出産

しているのですが、2015年12月16日に出演した「ノンストップ!」で、長女の障害を公表しています。

公表した理由については、

「芸能人はイメージが大事なので、隠さなきゃ」

という考えから、

「娘が一生懸命生きている姿を見たら、隠していることが同じ人間として娘に失礼に思えて」

に変わったことだったそうです。

障害については、長女が生後7ヶ月の時に、左の手足に障害があることが判明。

その後、幼稚園に入る頃には普通に歩けるようになったものの、小学生になると長女は他の生徒との差に悩むようになります。

菊池桃子さんは長女が傷つかないようにと、違う学校を探すのですが、相談に乗ってくれる自治体が少なく、障害を持った子の教育相談の場所が確立できていないとして、問題提起をしました。

こういった背景があり、40歳の時に法政大学の大学院に入学するのです。

女優として働き、子育ても大変な時期での勉強ですから、さぞ大変だったと思います。

でも、それを上回る菊池桃子さんの社会を変えたいという情熱があったんですね。

スポンサーリンク

前夫の西川哲さんとの離婚理由は何?

菊池桃子さんと前夫の西川哲さんは、1995年5月に結婚しました。

ですが、2012年1月に離婚しています。

菊池桃子さんと西川哲さんの離婚理由は、西川哲さんの不倫や借金が原因だったと言われています。

西川哲さんの成績は年を増すごとに右肩下がりとなり、2005年には獲得賞金はゼロになっていました。

西川哲さんの賞金獲得金額

  • 1992年、獲得賞金51,735,257円
  • 1993年、獲得賞金38,644,754円
  • 1994年、獲得賞金14,170,000円
  • 1995年、獲得賞金21,831,546円
  • 1996年、獲得賞金7,109,154円
  • 1997年、獲得賞金13,967,080円
  • 1998年、獲得賞金1,911,600円
  • 1999年、獲得賞金153,225円
  • 2000年、獲得賞金4,679,650円
  • 2001年、獲得賞金4,199,566円
  • 2002年、獲得賞金1,310,400円
  • 2003年、獲得賞金2,510,400円
  • 2004年、獲得賞金244,000円
  • 2005年、獲得賞金0円
  • 2006年、獲得賞金0円
  • 2007年、獲得賞金894,000円
  • 2008年以降は、獲得賞金なし

となっていますので、離婚前には子育てをしていく中で金銭的にも厳しかったのかな?って気がしました。

ですが逆に言えば、菊池桃子さんが勉強している最中は、西川哲さんが子育てをしてくれていたのかもしれませんね。

まとめ

新原浩朗さんと菊池桃子さん。

業種は違うものの、目指している方向性は同じと言えそうですね。

再婚には子供さちの後押しもありましたので、子供たちも新原浩朗さんを歓迎していることが伺えます。

幸せな結婚生活を送ってほしいですね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク