5月6日午前未明、兵庫県丹波市氷上町の林道に13歳女子中学生の遺体を放置したとして、無職の男が逮捕されました。

この事件で逮捕されたのは、西田裕一容疑者23歳。

西田裕一容疑者と女子中学生はSNSで知り合ったとされており、2人は心中を図ったとされたいますが、西田裕一容疑者は死にきれなかったと供述しているとのこと。

一体女子中学生に何があったのでしょうか?

今回の記事では、

  • 西田裕一容疑者の顔画像(Facebook)
  • 兵庫県丹波市林道で心中した女子中学生の動機

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

西田裕一容疑者の顔画像(Facebook)!兵庫県丹波市林道で女子中学生が死亡の動機は?

西田裕一容疑者が女子中学生を死体遺棄で逮捕の経緯

まずは今回の事件で、西田裕一容疑者が逮捕された経緯を、報道されている内容から確認してみたいと思います。

兵庫県丹波市の林道で、女子中学生の遺体を遺棄したとして、一緒にいた23歳の男が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の西田裕一容疑者(23)です。

警察によりますと、西田容疑者は6日未明、兵庫県丹波市氷上町の林道で、兵庫県内に住む13歳の女子中学生の遺体を遺棄した疑いが持たれています。

近くには使用済みの練炭があり、西田容疑者は、任意の調べに「SNSで知り合い、2人で死のうとしたが、死にきれなかった」と話し、容疑を認めているということです。

警察は、女子中学生が死亡したいきさつを調べています。

西田裕一容疑者が真相を語っているのか?それはSNSの履歴を確認すればすぐに分かることだと思います。

であれば、ある程度信憑性は高いような感じはします。

ですが13歳の未成年をどんな理由があれ、連れ回すことは許されないことですし、2人で会う中で何とか止める方向に持っていってほしかったです。

過去にも同様の事件が起きていました。

こう見ると見知らぬ人同士が簡単に出会えてしまう時代であるということが、事件を増加傾向にしてしまっているような気がします。

スポンサーリンク

西田裕一容疑者が女子中学生を死体遺棄で逮捕について世間の反応は?

べいせんべいせん

だいたい一緒に死のうというやつは、自分は土壇場になってブルってしまって死ぬのやめる奴が昔から多い印象。死にきれなかったというテレビ報道をちょくちょく聞いてきたからだと思うが。

さんぞうさんぞう

本当はゼロじゃなくちゃいけないことだけど、女子中学生がSNSで知り合った男と会うっていうのは相当にあるんだろうね。

ぷーばーぷーばー

本当に一緒に自殺しようとしていたのか、容疑者の言葉を鵜呑みにしてはいけない

きちきちきちきち

死にきれなかった…
普通なら生徒が可哀想、身勝手、卑怯者云々、批判されて然るべきだろうが、それ以前に思うのは人間としての弱さ、死ぬ間際になって沸き起こる生物としての業、もっと端的に言えば痛みへの死への途方もない恐怖、を超えられなかったんだな、ということ。
さあ皆さん、批判してください。

ブータデブータデ

中学生は本当に死にたいと思ってたんだろうか。
ある島で若者が大量自殺して、理由を調べるとある少年は失恋で自殺したという。他の若者も同じように些細な理由で自殺していることがわかった。自殺の理由はそれが「今流行していること」だからと結論付けられた。
自殺する若者の多くは、悩み抜いた末の自殺というより、ファッションのブームのように「なんとなく死んでみよっかな」くらいに流されているんじゃないかと。

たっちぃたっちぃ

2人で心中しようとしたなら23歳も結構病んでいるんだろうし気の毒だけども、アナタは大人、成人なんだから13歳の自殺念慮とは違うでしょうに…

へびーきゅんへびーきゅん

いかがわしい行為の有無についてDNA鑑定を行うべき
もし検出されたなら殺人罪でしょう

だびーくんだびーくん

なんでこんなに大人になりきれない幼稚な大人が居るのか 未成年の少女に何してるのやら
厳しい刑を出さないと 親御さんも やりきれないだろう

メカメカメカメカ

このような事件は類似も多いと思うけど、どうも自殺心中のふりした殺人ではないのかと穿った見方をしてしまう。

スポンサーリンク

西田裕一容疑者の顔画像(Facebook)

まず気になるのが、今回の事件で逮捕された西田裕一容疑者とは、どんな顔をしているのか?という疑問。

コチラについては、各メディアの報道を確認してみたのですが、現時点で顔が分かるような画像や映像は見受けられませんでした。

次にFacebookなどのSNSも調べてみたのですが、同姓同名のアカウントはあるものの、本人と思われるアカウントはありませんでした。

西田裕一容疑者は女子中学生と出会った手段にSNSを使用していますので、何らかのSNSアカウントを持っていたのは間違いないでしょう。

また西田裕一容疑者に自殺願望があったとするならば、熱りが冷めた後、同様にSNSで誰かに接近する可能生もあります。

ですので同様の事件を防ぐ意味でも顔画像の公開はしてほしいところ。

兵庫県丹波市林道で心中した女子中学生の動機は?

次に気になるのが、兵庫県丹波市林道で心中した女子中学生の動機は何だったのか?という疑問。

中学生、高校生あたりは何かと悩みが多い時期。

恋愛だったり外見だったり、はたまた部活や勉強などの学校生活。中には家庭に不満を持っている生徒もいるかもはれません。

先日には、北海道旭川市内に住む14歳の女子中学生が、イジメにあってしまい自殺したことが明らかになり、世間に衝撃を与えました。

西田裕一容疑者は女子中学生とのやり取りで、女子中学生が何に悩んでいたのか?というのを把握している可能性が高いと思いますので、なぜ今回のような経緯に至ったのか?しっかりと調べてほしいです。

あとは、事件以前の女子中学生の様子など、家族にしか分からない部分もあると思います。

何か思い当たる節はあるのか?この辺りも気になるところ。

スポンサーリンク

まとめ

まだ13歳。何に悩み苦しんでいたのかは分かりませんが、女子中学生に自殺願望があったのであれば、その理由がますは知りたいところ。

成人であれば経済面に悩みを抱える人が多いと思いますが、中学生、高校生であればやはり人間関係での悩みが大きいような気がします。

自分と合わない人とは関わらないのがベストなんですけどね…これが難しい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク