11月16日に、京都市内にあるショッピングモール内の室内遊園地で、5歳の女の子がわいせつ行為を受けたことが明らかになりました。

このヤバい思考の犯人は、大学2年生の岡田麦という男性で、年齢は20歳。

岡田麦と被害にあった5歳の女の子は、顔見知りだったようで、女の子は何度かこの遊園地を訪れたことがあるみたいです。

今回の記事では、

  • 岡田麦の顔画像や通っている大学はどこなのか?
  • わいせつ行為をした京都市内のショッピングモールはどこなのか?
  • 田麦の犯行動機や女の子は1人だったのか?(母親は?)

この辺りを調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

岡田麦の顔画像や大学は?京都ショッピングモールで5歳女の子のわいせつ行為!母親(父親)は一緒にいなかった?

岡田麦がわいせつ行為で逮捕されるまでの経緯

まずは、今回の事件が発覚するまでの経緯を報道された内容から確認しておきましょう。

京都市内のショッピングモールで、5歳の女の子にわいせつな行為をしたとして、20歳の大学生の男が逮捕されました。

強制性交などの疑いで逮捕されたのは、京都市に住む私立大学2年の岡田麦容疑者(20)です。

警察によると、岡田容疑者は先月16日、京都市内のショッピングモールで、5歳の女の子にわいせつな行為をした疑いが持たれています。

岡田容疑者は、ショッピングモールの室内遊園地でアルバイト勤務中、遊びに来ていた女の子を近くの倉庫に連れ込み、犯行に及んだということです。

自宅に帰った女の子から話を聞いた父親が警察に通報し事件が発覚しました。

女の子は何度か室内遊園地を訪れたことがあり、岡田容疑者と顔見知りだったということです。

調べに対し、岡田容疑者は「小さい女の子に興味があった」と容疑を認めています。

まず、この報道から推測できるのは、岡田麦と被害者の女の子はショッピングモールの近くに住んでいる可能性が高いということ。

そして、ショッピングモールには室内遊園地があるということですね。

☆わいせつ行為の関連記事

岡田麦のわいせつ行為に世間の反応は?

イルカ子イルカ子

うちにも同じ年齢の娘いるし、室内遊園地も時々利用してます。
こういう性犯罪者は顔も晒していいと思うし、性器をを取り除いてください。
そういう人を囲う施設みたいなのを作ってください。

ニワミニワミ

女の子が身内に相談できて良かった。
絶対に許せない。

きつね丸きつね丸

気持ち悪すぎる。性癖に文句をつけたくはないが、流石に病的。こういう人は繰り返します!性犯罪者はGPSで監視下に置けるようにしてもらわないとまた次の犠牲者が出てからでは遅い。

ネズザエモンネズザエモン

5歳の女の子が性の対象になる事が理解できない。

ダーチョダーチョ

同い年の娘がいます。
まだ「悪い人」がいることを知りません。
説明してもピンときてない様子です。
そんな純粋な子供に対して酷すぎる。
どうせ再犯するだろうし、もっと厳しく取り締まって欲しい。

カンガルー之助カンガルー之助

まだ5歳だけどもう5歳。
この記憶が綺麗さっぱりなくなる事を願う。

トゲねずトゲねず

初めから狙ってその仕事を選んだのだろう
塾講師が中学生に手を出したりとか
3倍増しで処罰するのが相当

うさるうさる

ロリコン増殖中なのか?やたら同じような記事が多いぞ 再犯率が高いから被害者がどんどん増えるぞ

ウシリウシリ

再犯性が高い人に対して厳格な法規制を望みます。
加害者の人権もあるでしょうが、その結果、何の罪もない人たちの人生が狂わされる。

マーチマーチ

室内遊園地でのバイトの面接、相手がロリコンなんて、面接官もすぐには、分からんよね。
どうしたものか。
若い男性は、雇わないわけにもいかないだろうし(防犯の為ね)ならオバチャンなら大丈夫なのかって事には、ならんやろうし。
難しいね。

スポンサーリンク

岡田麦の顔画像や大学はどこ?

まずは、このヤバい思考を持っている今回の事件の犯人である岡田麦の顔や通っている大学はどこなのか?という疑問。

非情に気になるところですが、どちらの情報も現時点では分かっていませんでした。

おそらくですが、今回の事件現場となったショッピングモールの近くにある大学のような感じはしますね。

アルバイトとして働いていますので、やはりショッピングモールは自宅から近いか、大学から近い可能性が高いと思われます。

因みに、京都府の私立大学で女子大以外が、

  • 京都外国語大学
  • 大谷大学
  • 京都美術工芸大学
  • 京都精華大学
  • 京都華頂大学
  • 佛教大学
  • 龍谷大学
  • 京都橘大学
  • 京都産業大学
  • 明治国際医療大学
  • 京都造形芸術大学
  • 京都看護大学
  • 京都文教大学
  • 京都先端科学大学
  • 嵯峨美術大学
  • 同志社大学
  • 花園大学
  • 種智院大学
  • 立命館大学
  • 京都薬科大学
  • 京都医療科学大学
  • 放送大学

があります。

岡田麦が女の子にわいせつ行為をしたバイト先のショッピングモールはどこ?

次に事件現場となったショッピングモールの場所はどこなのか?という疑問。

ヒントとしては、室内遊園地がある場所ということになりますが、今どきのショッピングモールであれば、大体該当するように思います。

そして京都で人気のショッピングモールは以下のサイトで確認できます。

京都の子連れに人気のショッピングモール

しかし多すぎて、全く予測ができません。

ただ、岡田麦が通っている大学とショッピングモールが近いと想定した場合、

  • ベルファ宇治と京都文教大学
  • カナート洛北と京都造形芸術大学
  • 北大路ビブレと大谷大学
  • 京都ファミリーと京都先端科学大学

が、わりかし近くにあると思われます。

ですので、大学のあとにバイトをするといった視点で考えた場合、上記のいずれかの可能性がありますね。

しかし、室内遊園地があるといった観点から見ると、

  • 京都イオン
  • 桂川イオンのモーリーファンタジー
  • Kid’s US.LAND ダイエー桂南店

のいずれかの可能性もあります。

小さな子が被害にあう事件と言えば、2019年10月に東京稲城市の商業施設で、小学生の女の子がわいせつ行為を受ける事件がありました。

岡田麦の犯行動機や女の子は母親は一緒にいなかった?

報道で岡田麦は、女の子にわいせつ行為をした犯行動機について、

「小さい女の子に興味があった」

語っていました。

要するのロリコンと言われる部類なわけですが、ロリコンとは一体どんな特徴があるのでしょうか?

主な特徴は、

  • 童顔の女性が好き
  • 性格が内向的、インドア派
  • 二次元を好む
  • 貧乳が好き
  • ステータスを嫌う
  • 同世代の女性との会話が苦手

こういったもののようです。

なので、もしかしたら岡田麦の性格や好みの女性のタイプは上記のような感じなのかもしれませんね。

そして、被害にあった5歳の女の子は、1人でショッピングモールを訪れていたのか?要するに母親は一緒ではなかったのか?という疑問ですが、家に帰ってから父親に被害を報告していますので、もしかしたら1人でショッピングモールを訪れていた可能性があります。

しかし5歳の女の子を1人で出かけさせるか?というと疑問に思いますので、母親は一緒にいたけども目を離してしまい犯行に気づかなかったのかもしれませんね。

でもそうなると、なぜすぐに母親に相談しなかったのか?という新たな疑問が生まれてしまいますが…。

スポンサーリンク

過去に起きた小さな女児がわいせつ行為事件

では、最後にこれまでに発生した小さな女の子がわいせつ行為の被害にあってしまった同様のケースを見てみましょう。

北海道・札幌市内の保育園で、昼寝中の園児の下着を脱がせるなどしたとして、保育士の男が、強制わいせつの疑いで逮捕されていたことがわかった。
警察によると、川辺容疑者は4月22日、勤務していた札幌市厚別区の保育園で、昼寝中の5歳の女の子の服を脱がせるなどした疑いが持たれている。
川辺容疑者は、当時、保育園に私物のカメラを持ち込んでおり、別の職員が確認したところ、女の子の裸の写真が保存されていたため、警察に通報し、犯行が発覚したという。

3歳の女児を裸にし、写真を撮影するなど、1日に3件のわいせつ事件を起こしたとして、京都府警は3日、強制わいせつ、児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、京都府亀岡市西つつじヶ丘美山台の鍼灸師、中島健二被告(26)=別の強制わいせつ罪などで起訴=を逮捕した。「全然間違いありません。女の子が怖がったり戸惑ったりしている表情を見ると興奮する」と供述している。同様の事件で逮捕されるのは3回目。

6月18日、わいせつ誘拐、強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、東京都大田区の無職・小林義雄容疑者(55)。
逮捕容疑は、5月17日昼、大田区内の路上で、未就学の女児に「おやつあげる」などと声をかけ自宅に連れ込み暴行を加えたうえ、わいせつな行為をし下腹部に全治約18日間のケガをさせた疑い。

こういった事件を振り返ると、小さい女の子に近づける職業の男性が事件を起こす傾向にあることが分かると思います。

まとめ

岡田麦は、被害にあった女の子と顔見しりになることで安心感を与え、犯行に及んだのでしょう。

自分の欲望を満たす為に、小さい女の子がトラウマになってしまうような行為をするのは、絶対に許せない行為です。

自身が犯した罪の重さをしっかりと受け止めてほしいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク