吉本興業と所属の芸人さんたちの間に大きな溝が出来始めています。

ことの発端は宮迫博之さんや田村亮さんを始めとする芸人さんたちと、ヤバいグループとの繋がりから始まりました。

7月20日に宮迫博之さんと田村亮さんが事務所を通さずに記者会見を開き、これに続く形で7月22日に吉本興業のトップである、現社長の岡本昭彦社長が記者会見を開いたのです。

岡本昭彦社長の会見は5時間半という脅威の長さとなり、この会見の中で会長である大崎洋さんと共に、1年間50%減俸することを明かしました。

では、岡本昭彦社長の年収はいくらなのか?というのが気になるところですね。

今回の記事では、岡本昭彦社長の年収や藤原寛副社長が減俸されない理由は何なのか?この辺りにフォーカスしてみたいと思います。

スポンサーリンク

岡本昭彦社長の年収はいくらに!?藤原寛副社長が減俸されない理由は責任がないから?

岡本昭彦社長の年収はいくら?

まず会見の中で1年間の減俸を発表した岡本昭彦社長の年収はいくらなのか?という疑問。

吉本興業という大組織のトップですから年収が凄いであろうことが伺えます。

では年収についての情報はあるのでしょうか?

調べてみたところ、明確な金額は当然明かされていませんでしたが、推測として多いのが…

5,000万~1億くらい

ではないか?という見解。

その理由として、吉本興業の純利益が7億円だから。という意見が多くありました。

吉本興業が大手事務所であるのは誰もが知っていることですが、そんな大手でも純利益7億円なのか…と、意外にも少ない印象を受けました。

となると、この年収から50%の減俸をするとの発表でしたので、推測される減俸後の年収は、

2,500万~5,000万くらい

ということになりそうですね。

ただソフトバンクの孫正義さんの年収が低いのは有名な話であり、孫正義さんの配当収入が凄いのもまた有名な話です。

これは会社の株主であるかどうか?ということになりますが…。

ですので岡本昭彦社長が仮に配当収入を得ていると考えれば、ダメージはさほど無いといえそうです。

スポンサーリンク

藤原寛副社長が減俸されない理由は責任がないから?

今回、減俸が決定したのが、岡本昭彦社長と大崎洋会長の2人。

ともに吉本興業ホールディングス株式会社の社長と会長です。

吉本興業ホールディングス株式会社は吉本グループの本体であり、子会社に吉本興業株式会社があります。

この吉本興業株式会社では、社長が岡本昭彦さん、副社長が藤原寛さんという体制となっています。(藤原寛さんは吉本興業ホールディングスでは取締役)

  • 大崎洋さん
  • 岡本昭彦さん
  • 藤原寛さん

に共通するのは、ダウンタウンの元マネージャーであるということ。

ということは、ダウンタウンの現在のマネージャーさんもいずれ出世するということでしょうか…。ダウンタウンさん凄すぎ!

今回、藤原寛副社長の減俸はありませんでしたが、理由としては、

子会社である吉本興業株式会社の副社長であり、吉本興業ホールディングス株式会社では取締役という立場だからでしょう。

さらに言うなれば、宮迫博之さんと田村亮さんの会見でも分かる通り、吉本興業からの圧力は社長である岡本昭彦さんからのものである部分があり、この件の責任を取る形が今回の減俸になったからでしょうね。

しかし7月22日の記者会見の様子を見ていた、吉本所属の芸人や世間からはグダグダ感を指摘するコメントが相次いでしまう結果に。

関連記事

まとめ

吉本興業はどうなることやら…。

そして今回の件で契約解除から一変して撤回された、宮迫博之さんの活動はどうなるのか?

まだまだ、問題は山積みですね…。

芸人という立場ですから、宮迫博之や田村亮さんには早く笑顔を取り戻して欲しいですね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました^_^

スポンサーリンク