埼玉県久喜市で女性の体を触った上に、下着を奪ったことで茨城県の医師が逮捕されました。

このヤバい犯行で逮捕された男性は茨城県の病院に勤める医師で、名前は大久保智貴。年齢は29歳のようです。

被害女性は、膝をすりむく全治1週間の軽傷を負ってしまったとのこと。

なので、結構強引な犯行だった様子が伺えます。

今回の記事では、

  • 大久保智貴の顔画像の有無
  • 大久保智貴が勤務する病院について(評判や口コミ)
  • 大久保智貴の犯行動機と犯行現場はどこなのか?

この辺りを調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

大久保智貴(茨城西南医療センター病院わいせつ医師)の顔画像(Facebook)と犯行動機がヤバくて現場はどこ?

大久保智貴が逮捕されるまでの経緯

まずは、今回の事件で大久保智貴が逮捕された経緯を報道された内容から確認しておきましょう。

埼玉県で、20代の女性に抱きついて体を触って怪我をさせたうえ、下着を奪ったとして、茨城県の医師の男が逮捕されました。

強制わいせつ致傷と強盗の疑いで逮捕されたのは、茨城県境町の医師・大久保智貴容疑者(29)です。大久保容疑者は今年7月、埼玉県久喜市で駐車場から車を出そうとしていた20代の女性に対して、「手伝いましょうか」などと声をかけ、抱きついて体を触り、下着を脱がせて奪った疑いがもたれています。

女性は膝をすりむく全治1週間の軽傷を負いました。

調べに対して、大久保容疑者は、「魅力的な女性を見つけてやってしまった」と容疑を認めているということです。防犯カメラの映像などから大久保容疑者が浮上したということで、警察は大久保容疑者の事件当日の行動を調べています。

この報道を見て、まず疑問に思うのは、

  • 茨城県の医師が、どういった理由で埼玉県に来ていたのかということ

そして、

  • どういった手口で下着を奪うまでに至ったのかということ

被害女性も抵抗するでしょうから、無理やり脱がせたのかな?って感じはします。

他には…言葉巧みにってことも考えられますが、被害女性は怪我を負っていますので、やはり強引に下着を奪ったように思います。

しかも時期が7月ということですので、被害女性もある程度は薄着だったことが推測できますし、もしかしたらスカートを履いていたのかもしれませんね。

下着が目的であれば、大久保智貴は最初からスカートの女性をターゲットにしていた可能性もありますしね。

体を触るなどのわいせつ行為は、頻繁にニュースになりますが、下着を奪うというのはなかなか聞きませんよね。

そういった意味でも、大久保智貴の犯行はかなりヤバいように思います。

大久保智貴のわいせつ行為に世間の反応は?

イルカ子イルカ子

この人、2年前の筑波大病院時代にも窃盗未遂で捕まってるみたいですが。
こう繰り返すような人物は、医師免許剥奪含めて処罰するべきなんじゃないの?

たぬえもんたぬえもん

こんな輩が将来開業医にでもなると思うとゾッとします。
今のうちに医師免許剥奪を含めた処分が必要、医師免許を持ったままだと将来被害者がもっと増えそう。

きつね丸きつね丸

どれだけ手術ミスしても、わいせつ行為に及んでも、なかなか医師免許ははく奪されませんよね。他の資格なんて、意図的な悪意なくても、はく奪されるのに!

ネズザエモンネズザエモン

被害者の恐怖は計り知れないが、それとは別の話で、下着を無理矢理脱がせて持っていかれるとか屈辱的すぎる!

トゲねずトゲねず

下着盗む迄の待ち伏せ、声掛けや一連の流れが初犯じゃなさそう
子供の頃、勉強の毎日で異性との距離感や接し方が異常な感覚で成長したんだろうな
医師として復帰されると困る変態犯罪

プーシープーシー

こういうタイプの犯罪は常習性が高い。
一般に臨床医は不特定多数の人が相手の仕事。
医道審議会が身内に甘い裁定に走り、軽い処分ですましてしまうことがないようにメディアも監視しとくべきだわ。

シシオシシオ

前歴に加えて、今回の事件となると医師免許剥奪は確実だと思う。
親は泣くどころではないだろうな。

うぉっしーうぉっしー

その場で感情的になってしまったとして、それをやってしまったらその先の人生を棒に振るだとか、家族や親族にも迷惑がかかってしまうかもという、そういう刹那的想像力の欠如は、この先○○欠如症候群のように一種の病として社会心理学や精神病理学といった分野でもスポットライトを当てられるようになるんじゃないか。だからといって減刑や環境酌量の対象になるかというと短絡的だが。

コメントにあった筑波病院時代の窃盗未遂というのは以下の内容です。この時も女性が狙われていました。

茨城県警は14日、住居侵入と窃盗未遂の容疑で、茨城県つくば市春日、筑波大病院の医師、大久保智貴容疑者(27)を逮捕した。「覚えていない」などと容疑を否認している。

逮捕容疑は、昨年9月4日午前3時半ごろ、つくば市内の女子大学生宅に侵入し、金品を盗もうとしたとしている。

県警によると、女性に気づかれたため、何も取らずに逃げた。2人に面識はないという。

同病院は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。捜査の経緯を見守り、厳正に対応する」とコメントした。

1人の医師のおかげで、病院の評判が落ちるかもしれないとなると、病院側もたまったもんじゃないですよね。

そういった周りのことを考えられないような人物像なのでしょうか…。

まぁ被害女性の気持ちが考えられないので、言うまでもないですね。

☆わいせつ行為で逮捕に関する記事

大久保智貴の顔画像

では、こういった女性に卑劣な犯行をする大久保智貴とは、どんな顔をしているのでしょうか?

非常に気になりますよね。

捜索してみたところ、コチラが大久保智貴のようです。

大久保智貴(茨城西南医療センター病院のわいせつ医師)の顔画像(Facebook)と犯行動機がヤバくて犯行現場はどこ?

横顔そして下を向いているので、ちょっと分かり難いですが、ガリ勉タイプ?というのが率直な感想です。

医師でわいせつ行為と言えば、最近でも奈良市の開業医であるイケメン医師が逮捕されたことが、大きく取り上げられていましたね。

医師って、お金ありそうですし、モテるような気がするんですけどね…。

やはり夏場という開放的な季節が職業に関係なく、このような行動を誘ってしまうのでしょうか…。

スポンサーリンク

大久保智貴の勤務先である茨城西南医療センター病院の評判や口コミ

次に、大久保智貴が勤務している茨城西南医療センター病院の評判について。

現時点で茨城西南医療センター病院側は、今回の事件についてコメントは発表していないようでした。

病院の評判が今回の事件で落ちるとは考え難いですので、どういった病院なのかを調べてみましょう。

評判や口コミに関しては悪くないようです。

どういった口コミがあるかは、以下のサイトを参考にしてくださいね。

口コミ | 茨城西南医療センター病院

診療科の多さからも分かる通り、大きな総合病院のようですね。

この病院で、大久保智貴がどんな仕事をしていたのかまでは分かっていませんが(噂では眼科医?)、パターン的に仕事は真面目に熟していたと思われます。

大体こういったニュースが起きると「仕事は真面目」という言葉が出てきますからね。

しかし、仕事は真面目にやるものですので、当然の話しのようにしか思えませんが。

スポンサーリンク

大久保智貴のわいせつ行為の犯行動機と犯行現場の場所はどこ?

続いて、大久保智貴がわいせつ行為をした犯行動機と犯行現場について。

まず犯行動機についてですが、報道では、

「魅力的な女性を見つけてやってしまった」

というのが、わいせつ行為をした理由でした。

はい?って、つい思ってしまいました…。

なんなんでしょうか…この犯行動機…。

体を触ったり下着を奪ってしまうくらい魅力的な女性…。

ということは、やはり見た目やスタイルが好みだったということでしょうね。

おそらくですが、大久保智貴には交際している彼女がいかったのかもしれません。仮に彼女がいれば、こういった行為に走るとは思えないですからね。

ただ、過去の窃盗未遂や今回のわいせつ行為をする勇気があるのならば、女性にガンガン告白して素敵な彼女を作れば良いのにって思っちゃいますよね。なんか残念です。

女性に振られるのは怖いかもしれませんが、逮捕されることはありませんからね。

行動力の使い方を間違えてしまっている気がします。

そして、犯行現場はどこなのか?

という疑問ですが、これについては全く分かりませんでした。

しかし、考えられるのは、

  1. 被害女性が運転に慣れていない場所
  2. 人気の少ない場所

だったのではないか?と思われます。

そして逮捕の決め手となったのが、防犯カメラという観点から考えて、防犯カメラを設置する必要がある場所であることも推測できます。

犯行は被害女性が駐車場から車を出そうとした時ですので、どこかのお店なのかな?ということくらいしか分かりませんね…。

犯行場所については、新たな情報が入り次第、追記します。

まとめ

せっかく医師として働いているのに、一時の欲望や感情で医師免許剥奪の危機というリスクを負ってしまう。

これを天秤にかけてでも、大久保智貴にとって被害女性は魅力的に写ったのでしょう。

夏場ですので、気持ちが高ぶってしまっていた部分もあるかと思いますが、見知らぬ女性に危害を加えたり、心に傷を負わす行為は決して許されません。

ましてや医師ですので尚のこと。しっかり反省して社会復帰してほしいですね。

そして同じ過ちは繰り返さないでほしいです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク