4月20日午後1時ごろに、奈良県五條市の猿谷ダムに男子高校生が転落するという事故が発生しました。

男子高校生は4月21日現在も、まだは発見されていない状況で、警察と消防が捜索をしている段階のようです。

ダムに人が落ちるって…なぜこんなことが起こるのでしょうか…。

今回の記事では、

  • 猿谷ダムに転落した男子高校生が無事でいる確率(生存の確率)
  • 猿谷ダムに転落した男子高校生の顔画像や名前
  • 男子高校生が猿谷ダムに落ちた原因(理由)

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

猿谷ダム(奈良県五條市)で転落事故!男子高校生の生存の確率と顔画像や名前(Facebook)!落ちた原因(理由)は自粛中(休校中)に観光したこと?

猿谷ダムに男子高校生転落の経緯

4月20日午後、奈良県五條市のダムに、観光に来ていた男子高校生が転落し、行方がわからなくなっています。

20日午後1時すぎ、奈良県五條市の猿谷ダムで「男子高校生が転落した」と、一緒にいた友人から消防に通報がありました。警察によりますと、転落したのは京都市立の高校に通う15歳の男子高校生とみられ、5時間以上が経った午後6時半時点でも行方がわかっていません。

京都市では新型コロナウイルスの影響で市立高校は全て休校になっていますが、男子高校生は、友人4人と友人の父親(49)の合わせて6人で、ダムの近くの食堂で食事をするため奈良を訪れていたということです。

男子高校生は友人らと共にダムの壁面を歩いて降りていこうとした際に、誤って約20m下の水中に転落したとみられていて、警察と消防が捜索を続けています。

まずこの時期に、京都から奈良に観光に行こうというのが、おかしなことだと思いますが、友人の父親が1人いたということが、逆に他の男子生徒の両親を安心させてしまったのかもしれませんね…。

ダムでの事故と言えば、2016年に車が転落するという大きな事故が記憶にあるかと思います。

【転落事故に関する記事】

猿谷ダムに男子高校生が転落したことに世間の反応は?

ふぉっくんふぉっくん

一報を聞いた時、高校生数人のみで旅行に行き、ふざけた末落ちたのかと思った。
大人がいたって?そりゃ友人の父親49歳もこんな事になってしまい焦っているのだろうが
この時期に旅行から始まり預かった子供に事故。
社会人、保護者として致命的な危機管理の無さ。
友人数名の保護者も旅行を容認してた訳だ。
登場人物全員、なにやってんだよ!

イルカ子イルカ子

大人しく家にいたらこんな事ならなかっただろうに。
ご友人の父親、後々大変そうだね。

さんぞうさんぞう

だから何でこの時期に観光なのよ…。
何のための休校なのやら。

ぷーばーぷーばー

友達と会う事を避け感染リスクを減らす為に休校にしているのにね。。集まって何処かに出かけるなどしたら、休校の意味が全くなくなる。

ラッコリラッコリ

事故の詳細は知らんが、一つだけ確実に言える事がある。
「この状況下で、警察も防も医者も、激務に追われてるんだよ」
「余計な仕事を増やすな」

コランコラン

みんな、頑張って自粛してます。うちにも、男児2人います。どこか出掛けたい気持ちも、もちろんあります。
可哀想だけど、こればっかりは、批判されてもしょうがないです。
子を持つ親として、無事を祈ります。

きつね丸きつね丸

もはや理解の範疇を超える…
コロナ感染拡大をしない・させないための自粛、遊びで他県へ行くことは愚かだし、観光先で水難事故…めいわくすぎる観光客だよほんと。

プーシープーシー

地元のわりと近くですけど観光するようなダムがあるのは知りませんでした…
川にも大阪ナンバーの車が結構来て日帰りキャンプをしてるらしいです
まさか落ちるとは思わなかったのかもしれませんが、可哀想だけどこの時期にって言われてしまいますよね

パニーカルパニーカル

この友人達と父親、各家庭で揉めるんだろうなぁ、うちはホントは行きたくなかった!とかさ

れいブルれいブル

何のための休校?
大人が同伴て…
悪いけどあり得ないんですが。

スポンサーリンク

猿谷ダムに転落した男子高校生が無事でいる確率(生存の確率)

未だに男子高校生は発見されていない状態であり、行方不明として捜索されている状況です。

報道では、

5時間以上が経った午後6時半時点でも行方がわかっていません

となっていました。

さらに、

水中に転落したとみられていて

とあります。

となると、上記の報道時点では、

水中に5時間溺れてしまっている状況であると推測できます。

では人間はどのくらいの時間、水中の中にいると溺死してしまうのでしょうか?

溺死に至るまでについては、

急速な体表温度の低下に誘発された心臓発作や外傷などで意識を失ったり、体力低下やパニック状態に陥ったことで水中から顔を上げることができずに、あるいは人為的、偶発的に水中から脱出できない状況を強いられて窒息に至る。

血中の酸素濃度が低下すると無意識に息を吸おうとしてパニックを招く。なんとか空気を吸おうと必死にもがき動くため、血中の酸素が消費されて脳が酸素不足に陥り、さらに正常な判断ができなくなってしまう。

もし水が喉の中の喉頭あるいは声帯に入れば、気管が凝縮して、侵入を拒む。肺には普段、この水の侵入を防ぐ機能が働いているが、一度水が肺の中に入ってしまえば、この機能は途端に無意味になる。飲酒後に泳いだ人が溺死するのは多くの場合、気道の蓋であるこの喉頭蓋が麻痺しているためである。

酸素欠乏のため徐々に無意識の状態に陥り、心停止に至る。まだ、この状態になっても助かる可能性はあるが、酸素が一時的に供給されなかった脳に障害が残る場合があり、重度の場合は脳死や遷延性意識障害となる可能性がある。

といった過程で死亡します。

時間では、

  • 溺れて3分で意識を失う
  • ここから1分~2分で心停止

に至ると言われているようです。

そして、猿谷ダムの堤高は74.0mです。おそらくこれがダムの深さであると思われます。

となると、

  • 転落から発見されていない
  • 溺れてから早急に救助しないと助かる見込みは低い
  • ダムはかなり深い

といったことを考慮しても、残念ながら男子高校生が自力で這い上がっていなければ、生存確率はかなり低いと言えるのではないでしょうか?

それにしても、なぜこんな危険な区域に足を踏み入れたのでしょうか…。マジで謎です…。

以下の動画では、猿谷ダムの様子が映っていますが、当然ながら鉄柵が設置されていますよね。

実際にどこかれ転落したのか?という明確な場所は明らかになっていませんが、一般の人が立ち寄ることを考慮すると、動画の付近ではないか?って感じはしますね。駐車場がありますし。

スポンサーリンク

猿谷ダムに転落した男子高校生の顔画像や名前

次に、猿谷ダムに転落した男子高校生は誰なのか?という疑問。

今回の事故については動画での報道は、まだ見受けられませんでした。

次にツイッターなどのSNSも確認してみたのですが、男子高校生についての情報はありませんでした。

今後、男子高校生が発見された際には、身元の情報が公開されるかもしれません。

【水が原因での事件・事故に関する記事】

男子高校生が猿谷ダムに落ちた原因(理由)

次に、なぜ男子高校生はダムに落ちてしまったのでしょうか?

直接的な理由は、足を滑らせてしまったことと言えます。

しかし元を辿れば、自粛が要望されている時期に観光目的で出かけたことではないでしょうか?

実施に高校は休校となっているわけですし、なんの為の休校なのか?ということを真剣に考える必要があると思います。

ただ、逆を言えば自粛や休校になっていなければ、男子高校生たちが猿谷ダムを訪れることもなかったかもしれないと考えると…

やはり新型コロナウイルスの影響で、人生が狂ってしまう人が急増していることは間違いないでしょう。

確かに家にずっと引きこもるのは、退屈である運動不足になると思います。

ですがこういった時間を無駄にせず、新たなチャレンジをしてみることを考えてみてはいかがでしょうか?

例えば、

  • ブログ
  • youtube
  • 筋トレ
  • 読書
  • ゲーム
  • 音楽を作る

などなど。

高校生のうちから、自分への投資はするべきですし、後悔することはないでしょうしね。

追記:猿谷ダム転落の男子高生発見で残念ながら死亡…

4月21日19時ごろの報道で、猿谷ダムに転落した男子高校生が発見されたという報道が入りました。

4月20日に奈良県五條市のダムに転落して行方が分からなくなっていた男子高校生が、4月21日に発見されましたが、死亡が確認されました。

死亡したのは京都市西京区に住む京都市立高校1年・仲林秀晃さん(15)です。警察によりますと、仲林さんは20日午後1時過ぎ、友人らと共に奈良県五條市の猿谷ダムの壁面を歩いて降りようとした際に、誤って約20m下の水中に転落したとみられていて、その後、行方が分からなくなっていました。

20日から捜索が続けられていましたが、21日に水中で発見され、その後死亡が確認されました。

上記の報道で、男子高校生の死亡が確認されたことと、男子高校生の名前が仲林秀晃さんであることが新たに分かりました。

改めまして、仲林秀晃さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

まとめ

まずは一刻も早く男子高校生が発見されることを願います。

個人的には生存の確率は低いように感じましたが、実際に発見されてみなければ分からないので、それまでは、無事を願いたいと思います。

そして、危険な区域には足を踏み入れないことを、再認識しましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク