2月7日未明に、静岡県御殿場市茱萸沢の国道246号において、28歳の女性が血を流して倒れているといった事件が発生しました。

この女性は御殿場市に住む会社員の澤田采佳さん

外傷としてくも膜下出血が確認されています。

澤田采佳さんが倒れているのを通行人が発見し、病院に搬送されるもその後死亡が確認されたとのこと。

一体、澤田采佳さんの身に何が起きたというのでしょうか?

警察は事件、事故の両方を視野に入れて捜査しているとのことです。

今回の記事では、

  • 澤田采佳さんの顔画像やFacebook
  • 澤田采佳さんがくも膜下出血になった原因(死因)
  • 澤田采佳さんの目撃情報や防犯カメラの映像

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

澤田采佳さん(御殿場市茱萸沢国道246号事件・事故)顔画像やFacebook!ひき逃げが原因でくも膜下出血?

澤田采佳さんがくも膜下出血で死亡した経緯

まずは今回、澤田采佳さんがくも膜下出血で死亡した経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

7日未明、御殿場市の路上で頭から血を流した女性が倒れているのが見つかり、その後死亡した。警察は事件と事故の両面で調べている。

警察によると7日午前4時前、御殿場市茱萸沢の国道246号で、「人が倒れている」と通行人から警察に通報があった。倒れていたのは市内に住む会社員、澤田采佳さん(28)で、搬送先の病院で死亡が確認された。死亡した原因は外傷性くも膜下出血だった。

澤田さんは、自転車とともに歩道と道路にまたがるように倒れ、頭から血を流していたという。警察は事件と事故の両面で調べている。

この報道から澤田采佳さんが死亡したことをまとめてみます。

  • 事件(事故)が起きたのは2月7日午後4時前
  • 事件(事故)発生場所は御殿場市茱萸沢の国道246号
  • 通行人が澤田采佳さんが倒れているのを発見
  • 澤田采佳さんは歩道と車道にまたがるように倒れていた
  • 外傷はくも膜下出血(頭から血を流していた)

といったところでしょうか。

まず気になるのが、会社員である澤田采佳さんが午後4時前に外出していたのか?という点。

澤田采佳さんがどういった仕事をしていたかは分かりませんので、仕事帰りもしく出勤途中だったということも考えられそうです。

☆国道での事件(事故)に関する記事

☆静岡県で起きた事件に関する記事

澤田采佳さんが倒れていたことについて世間の反応は?

パンぞうパンぞう

あそこ確かバイパスみたいになってて、自転車は歩道兼自転車道を通るんだったよな?

サルエサルエ

あれだな。歩道へ戻ろうとしてタイヤが段差を乗り越えずにすっ転んで頭を打ったんだろう。不慮の事故だと思う。

うぉっしーうぉっしー

家から近い近所だ(;_;)
ひき逃げなら捕まってほしい…
ご冥福をお祈り致します

ぺんたんぺんたん

十中八九轢き逃げだろうね!
お巡りはそっち方面で動かないの?

ウシリウシリ

クモ膜下出血?
ひき逃げならクモ膜下出血になるのかなあ?

うさるうさる

倒れていた人は、午前4時前にどこへ行こうとしていたのか?

澤田采佳さんの顔画像やFacebook

では、残念ながら今回事件(事故)で死亡してしまった澤田采佳さんはどんな顔をしているのでしょうか?

目撃情報などを得る為には、澤田采佳さんの顔が知りたいところ。

FacebookなどのSNSを探してみたのですが、今回の事件(事故)の澤田采佳さん本人と思われるアカウントは見当たりませんでした。

ただ事件(事故)を解明するには、澤田采佳さんの容姿は必要な情報ですので、事件(事故)解決が困難となった場合には、公表されるかもしれまんよね。

スポンサーリンク

澤田采佳さんはひき逃げが原因でくも膜下出血に?

澤田采佳さんは頭から血を流した状態で発見されており、これがくも膜下出血であったことも判明しています。

では、そもそもくも膜下出血とはどんな症状をいうのでしょうか?

くも膜下出血とは?

脳は外側から硬膜,くも膜,軟膜で覆われており,くも膜と軟膜のすき間はくも膜下腔と呼ばれています.このくも膜下腔に出血を起こした状態がくも膜下出血です.

原因としては脳動脈の一部がふくらんでできた動脈瘤(どうみゃくりゅう)の破裂によるものが大部分です.男性より女性に多く,40歳以降に多くみられ,年齢とともに増加します.家系内に動脈瘤やくも膜下出血の方がいるときは発生頻度が高く,また高血圧,喫煙,過度の飲酒は動脈瘤破裂の可能性を数倍高くするという報告もあります.

その他,血管奇形や外傷などもくも膜下出血の原因となりえます.死亡率が高く,手術により救命できても後遺症を残す場合もあり,たいへん恐ろしい病気といえます.

この説明から分かるように、外傷が原因でくも膜下出血になり、くも膜下出血になってしまった場合、死亡率は高いことも分かります。

パーセンテージで見ると、

  • 治療により後遺症がなく復帰できる人30%
  • 最初の出血で死亡する人50%
  • 治療後に後遺障害が残る人20%

となっています。

今回、澤田采佳さんが発見されたのが、2月7日午後4時前。

しかし、実際に澤田采佳さんが事件(事故)にあった時刻は、発見からどれくらい前であったかについては、現時点では分かっていません。

病気は基本的に早期発見が大事ですので、もしかしたら澤田采佳さんは事件(事故)にあってから、結婚な時間が経過していたのかもしれませんね。

ただ1つ分かることは、くも膜下出血になるほど激しく頭を打つ状況にあったということ。

  • 倒れた時になんらかの障害物にぶつかった
  • 自転車のスピードを出しすぎていた
  • ひき逃げの場合、車のスピードが早かった

などが考えられます。

スポンサーリンク

澤田采佳さんの目撃情報や防犯カメラの映像は?

澤田采佳さんが倒れていた原因について現時点で分かっていないわけですが、目撃情報や防犯カメラの映像があれば、事件なのか?事故なのか?という手掛かりが掴めるのは確かです。

しかし、現時点では目撃情報や防犯カメラの映像などの情報はありませんでした。

時間が時間だけに、人通りが少なかったことは想定できます。

ですので決め手となるのは、やはり防犯カメラの映像ということになってきそうです。

澤田采佳さんが倒れていた付近に、運良く防犯カメラがあれば良いのですが…。

事件の場合はひき逃げの可能性が高く、事故の場合は誤って転倒した弾みで頭を強く打ったと思われます。

事件なのか?事故なのか?でこの先の展開が大きく変わってきますので、一刻も早く解明されることを願います。

まとめ

澤田采佳さんは2月7日未明に一体なにをしていたのか?

そして澤田采佳さんが倒れていた原因は事件なのか事故なのか?

色々と不可解な点が多い今回の報道。

澤田采佳さんのご冥福をお祈りすると共に、早期解決を願います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク