2021年12月15日、仙台市立小学校で小学1年性の男子児童が、同級生8人に集団リンチを受けていたことが発覚しました。

被害を受けた男子児童は、翌16日から不登校となってしまっている状況です。

小学1年生で、こんなことが起きるなんて、末恐ろしいというか教師は何をしているのか?ということが単純に疑問に思います。

スポンサーリンク

イジメは日常的に起きてた?

今回の仙台市立小学校で発覚したイジメ問題。

イジメが起きたのは2021年12月15日とされていますが、今回のようないじめは日常的に起きていたのか?というのが気になるところ。

学校側が「ポピュラーな遊び」と表現している点から、今回のようなイジメが12月15日以前からあったような印象を受けました。

被害を受けた男子児童が親に報告したのは、おそらく12月15日のみだと思いますので、きっと親に迷惑をかけないようにという思いから、言えなかったのかもしれませんね。

全身打撲になるくらいの暴行を、ポピュラーな遊びと解釈していることが、非常に怖いと思います。

なんという遊びなのでしょうか?ポピュラーな遊びというぐらいですから、グーグルで検索すれば出てくるのでしょうか?

まぁ当然のことですが、そんな遊びが出てくるわけがありません。

集団リンチを受けた原因は時間内に給食を食べれなかったから?

男子児童は当時、時間内に給食を食べきれず、昼休み時間を利用して食べていました。

その時、同級生8人がトイレに連れていき、殴る蹴るの集団リンチをしました。

この流れから察するに、イジメの原因は男子児童が時間内に給食を食べられなかったからだと思います。

こんなことで?と思った人が多くいると思いますが、小学1年生くらいの子供は、こういった些細なことから仲間外れ的な嫌がらせをするのかもしれません。

休み時間という時間帯ですので、教師も気付かなかったのかもしれません。

教師の前で堂々とイジメをするとも考えにくいですし、教師の目の届かないところで、イジメは起きていたものだと感じました。

なのでおそらく「ポピュラーな遊び」というのは後付なのではないでしょうか?

加害者8人の今後を考えると、早い段階で更生させることが重要かと思います。この8人が中学生、高校生と成長した時、下手したらもっと大きな問題が起きてもおかしくないでしょう。

他の同級生の保護者も自分の子供が通う小学校で、こんな大きな問題が起きていたと知れば、不安で子供を預けたくないという気持ちになってしまいますよね。

スポンサーリンク

小1男子児童1対8の集団リンチによるイジメが起きた仙台市立の小学校はどこ?

今回のイジメで一番気になるのが、一体どこの小学校で起きたのか?ということ。

報道では仙台市立の小学校であることしか分かっていません。

そこで爆サイや5chで情報を集めてみたのですが、有力な情報はありませんでした。

一応ツイッターも見てみましたが、同じく特定には至ってません。

仙台市には、多くの小学校があるため、現時点での情報だけでは、特定は難しいと言えます。

今回のイジメ問題により、仙台市の小学校全体のイメージが悪くなってしまうのが嫌ですよね。

仙台市立小学校で起きたイジメ問題についての世間の反応

シシオシシオ

小学校1年生、うちの娘と同じ年です。
いじめ問題は昔からありますが、小学校1年生で、トイレに連れていかれて8人から殴られ蹴られる…なんていう事態があるとは想像していませんでした。これを「遊び」と説明された親御さんの気持ちを思うといたたまれないです。息子さんはどれほど辛かったでしょう。この先学校に行けるようになるまで心が回復するにはかなりの時間が必要かと思います。
きちんと調査していただきたいです。
また、本題とは直接関係ないのですが、食べ終わらなかった給食を休み時間にも食べる、というのは、私たち親世代の頃はよくありましたが、最近はこういったこともなくなっていると聞いていたのですが…今もこうやって給食を食べきることを強要されているのでしょうか。

うぉっしーうぉっしー

小学1年生で、トイレに連れて行って殴る蹴る・・ってその加害者の子供たちの将来も含めて、とても不安です。 隠れてこういうことをするってことは「いけないことをしている。悪いことをしている」という認識はあるんですよね。
こういうことがあると、学校に「行けない」「行きたくない」と言い、その後 被害者の生徒が転校しなければいけなくなります。
何も悪いことをしていないのに。ただ学校に行っていただけなのに。
小学1年生で、居残り給食していて殴られて、蹴られて・・。
想像しただけで、泣けてくる。
教師も守ってくれない!
海外のやり方がすべて良いと思いませんが、今の日本の被害者が逃げ隠れしなければいけない世の中ではなく、加害者のほうを再教育する世の中に変えていけませんか?
加害者の将来が大切なように、被害者の命も将来も大切です。
自分の子供が同じことをされても、「遊び」って言えますか?
そこの先生!

ぺんたんぺんたん

家ではここまでのことはなかったが、ちょっとしたことがあり、妻が学校で変な説明を受けた。
その後、妻あてに教頭から電話があった時に、途中で電話を替わり最後までこちらで調べるので関係者全員の事情調書をしたいと申し出て、絶対に引かないということを伝えたところ、再調査をし再発防止をするのでということだった。
事前に目撃者数人に事情は聴いていて、なにかあれば証言してくれるというところまで詰めていたので話が早かったのもあったとは思う。
こういうことは学校に任せても解決はしないので、非常に難しいが親が真剣に向き合い行動する必要があると思う。
どうにもならない状況なら、最後はインターネットを活用して公開し、転校するしかないとも思う。

ウシリウシリ

殴られたら蹴られたりをそのまま解釈したら「ポピュラーな遊び」にならないのは明白だと思いますし、そこで嘘をつくメリットがどこにあるのでしょうか?
それとも、いじめがあると教育委員会等にとって不都合があるのでしょうか?もし何かしらの不都合があるから嘘をついたのであればそこを是正するところからではないのでしょうか?
いじめは未然防止することが大切だとは思いますが、大人の世界でも起こり得ますし子供の世界ならば尚更のことだと思います。未然防止を目指すことは前提に起こってしまった場合はそれをどう対処するかで評価するのがベストなのでは?と思います。

うさるうさる

学校はなぜいじめを隠すのだろう? 担任はなぜいじめを否定するのだろう?
未だにいじめがあった学校の校長は、教育委員など定年後の仕事を回してもらえなくなるといったペナルティがあるのだろうか?
自分のクラスでいじめがあると担任も主任にして貰えないとか、へき地の学校に回されるといった不利益を受けるのだろうか?
担任なら多くの場合、いじめは知っているだろうし、いじめられている子がかわいそう、なんとかしてやりたいと思うだろうに。
なのになぜ、多くのいじめが未だに隠されるのか? やはり制度上の問題があるのではないだろうか? あるいは、いじめっ子の親にはモンスターが多く、かかわると自分や家族の安全が心配といった事情があるのだろうか?

ライアンライアン

ひとりの子が児童8人からトイレに連れ込まれ、殴られ、蹴られ
「全身打撲」「急性ストレス反応疑い」で全治4週間と診断されたのに
学校側からは
「ポピュラーな遊び」「加害児童も殴られた」といじめを否定される。
小学生だろうが、中学生だろうが、このような行為をしても加害者側は学校から守られ、いじめはなかったことにするのではなく、加害者側を指導、教育することが学校や教師のするべきことではないの?
このようなことをしても守られた加害児童はどのような大人になる?
被害者側が守られ、安心して学校へ通えるようにして欲しい。

ふぉっくんふぉっくん

『小学校一年生のイジメが増えているが、
親を見れば子供がわかる。他保護者へ対し勝手に妬み陰口を叩く親の子供は大抵いじめる傾向がある。こういう子供は教師や学校校長の前では良い子を演じ陰でいじめる。
加害生徒から相談を受けた学校は、生徒や保護者へ聞き取りを行っても『うちの子はそんな事はしない』逆切れし更にイジメがエスカレートする可能性はないとは言えない。
加害者を放置するとは甘すぎます。
法律で、学校名公表可能としイジメた生徒は卒業まで特別クラスへ行かせる法律を作らなければイジメはなくならないでしょう。
知人の子供は近年安城市の小学校へ入学したが、加害者の保護者がその保護者の悪口を子供へ吹き込みその上級生は、イジメをしアザとなるケガをしたが学校は『そんな事実はない。あの子はそんな事はしない』と対処しない。保護者同士ではトラブルとなるため避け
学校が特別クラスを設け対処しなければなくならない。

白べぇ白べぇ

自分は、たまたまいじめの被害者でも加害者でもない人生を歩んで来れたが、何かをきっかけに被害者にも加害者にもなり得たのではと思う。
被害者だったら、ずっと加害者を恨んでいただろうし、加害者だったら、ずっと自戒の念を抱えて生きていたと思う。
いじめを本当に撲滅したいなら、加害者を糾弾するだけでは次のいじめを止められない。カウンセラーを入れるなり大学の研究課題にするなりして、被害者救済と加害者治療を同時進行すべきだと思う。優秀だけど教員採用試験には漏れた方とか、人材は確保できるのではないか。教育委員会は事なかれ主義なので、信頼感が低い。

コランコラン

何を基準に『ポピュラーな遊び』と判断したのでしょうか。加害者もたたかれたとありますが、それで1対8の暴力を認めることに価するのかと疑問ばかり残ります。
小学1年生で、トイレに連れていきここまでする子供たちはきっちり、やったことを反省させなければならないと思います。
それは先生方の努力も必要ですが、1番の責任は親です。学校内のことは知らないでは済まされないということをしっかり認識してほしいです。
ただここまでやるということは、これまでも何かしらの暴力やいじめはあったのではないでしょうか?きちんと調べ、被害者の子供が一日でも早く安心して学校生活を過ごせるようになることを願います。

当たり前の話ですが、学校側の対応の怒りを感じるコメントが多くありました。

特に小学1年生の子供を持つ親御さんは非常に関心を持っています。

小学1年生はまだ体も小さいですし、児童に対して恐怖心もないでしょうから、そこはしっかり教師が注意するなどして管理してほしいところです。

この問題が隠蔽されることなく解決することを願いたいです。

スポンサーリンク