9月21日午後4時ごろに、山口市徳地にある「ふれあいパーク大原湖」の近くでキャンプをしていた家族の子供が行方不明となり、約40分後に下流で発見されました。

その後、病院に運ばれましたが、残念ながら死亡が確認されたとのことです。

流された川は佐波川

この事故で死亡してしまったのは、田尻充希ちゃん3歳。

田尻充希ちゃんは河原で遊んでいたところ、行方が分からなくなった模様。

一体なぜ今回のような事故が起きてしまったのでしょうか?

今回の記事では、

  • 田尻充希ちゃんが佐波川(河原)で遊んでいた最中に家族は何をしていたのか?
  • キャンプで起こりやすい事故

この辺りを、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

田尻充希ちゃんが山口市徳地のふれあいパーク大原湖(キャンプ場)で行方不明後に死亡事故…佐波川で遊んでた最中に家族は何してた?

田尻充希ちゃんが行方不明から発見の経緯

まずは今回の田尻充希ちゃんの身に起こってしまった事故の経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

21日夕方、山口市で家族とキャンプに訪れていた男の子の行方が分からなくなり、その後、下流の川で見つかりました。男の子は病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

21日午後4時ごろ、山口市徳地の「ふれあいパーク大原湖」の近くで、家族とキャンプに訪れていた周南市の田尻充希ちゃん(3)が、河原で遊んでいたところ行方が分からなくなりました。

警察と消防が捜索したところ、およそ40分後に、現場から200メートルの下流で見つかりました。

充希ちゃんは病院に運ばれましたが、21日午後8時40分ごろ、死亡が確認されました。

現在、警察と消防で詳しい事故の原因を調べています。

事故が起きたのは「ふれあいパーク大原湖」付近の佐波川。

というわけで、どういった場所なのか?ふれあいパーク大原湖に関するツイートを見てみましょう。

ふれあいパーク大原湖でキャンプを楽しんでいる人が多数いるのが分かります。

田尻充希ちゃん家族がどの位置でキャンプをしていたかは分かりませんが、川で遊べる環境であるのは分かります。

流されてしまった佐波川は以下のような川です。

佐波川は、山口県中部を流れる佐波川水系の本流で、一級河川である。鯖川とも呼ばれる。

スポンサーリンク

田尻充希ちゃん行方不明で死亡について世間の反応は?

にゃん吉にゃん吉

我が家の双子が幼い頃、私は庭で草むしりなどしながら二人を遊ばせていました。すぐ側にいるしいなくなったら気がつかない筈ないし大丈夫…と思っていたのに、泣き声が聞こえて急いで行ってみると、庭の外の道路の端で二人が泣いていました。本当に僅かな間に起こったことで、肝が冷えた出来事でした。
そんな瞬間を味わった私だけではないでしょう。ヒヤッとした、で済むか一生後悔するかは本当に紙一重です。幼い子供の悲しいニュースを聞く度に、周囲が親を責めることだけはないよう願うのです。一番辛いのは他の誰でもなく、親なのですから。

パンぞうパンぞう

あー、つらいなぁこれ‥
もちろん子どもから目を離さないのが親の義務ですが、ほんのちょっと何かをしたとたんに、どこかにいなくなるのが子ども。
だから、親御さんを責めてしまうのは心無い話だと思う。

イルカ子イルカ子

子育ては後悔がいっぱいです。
大切に育てていても、あの時…この時…と『たられば』がたくさん。
ご両親の心中を考えると辛いです。
亡くなったお子様のご冥福をお祈り致します。

イカ郎イカ郎

助けた消防と警察の人も仕事とはいえ辛いだろうね。
小さい子は特に。
同じくらいのお子さんいたりする人もいるだろうし。
防げる事故で子供亡くなるのほんとかわいそう。
姉の子が男の子なので、毎回びっくりヒヤリとさせられてました。
「そんなことするの?」の繰り返し。
子守を任され、観察してて驚きました。最終的には「もう無理!」ってなって、ワンコのロングリードを子どものベルト穴に付けて1日中付き合いました。(子どもは喜んでました)
そこまでしなくても、とは言われましたが。
本人にしたら、大冒険なんですよね。
その気持ちも汲んであげたい、自然の中でのびのびと遊んで欲しい。ボクも遊びたい。
何もなければ、楽しく帰れたと思うと居た堪れないです。
ご冥福をお祈りします。

たぬえもんたぬえもん

子どもが小さいうちは、川など危険箇所が近くにない、見通しの良いキャンプ場を選ぶのも事故を防ぐ対策になると思う。
キャンプは親は準備に忙しいし、子どもはテンションが高くなる。
そういう時に怪我や事故が起きやすくなる。

ニワミニワミ

親の事を責める人もいると思うけど、後から言うのは簡単、でも実際やるのは簡単ではない。
自分もほんの数秒目を離しただけでどこに行ったか分からなくなった事あります。
沢山の方が経験あると思うけど何事もないのは運が良かっただけ。

サルエサルエ

辛いですね…
3歳、、、目を離したわけではないほんの一瞬の隙に事故は起こる。
こういう事故のニュースのたびにやはり気をつけなければと本当に思います。

カンガルー之助カンガルー之助

うちも3歳の子がいるけど物凄く警戒心が強く、玄関のドアを一歩出ると必ず手を
繋いでくるし、繋がないと泣く、
親から片時も離れない子だから、
親が目を離す隙がなくて疲れる反面、
こういう事故に合う確率は低くて助かるけど、
友達の子供たちは好奇心旺盛で勝手に
どっかいっちゃうからビックリする。
親がいなくても平気で、そんなお子さんて
たくさんいるんだなぁ。
亡くなった事はどうしても目を離した
ご両親の責任になってしまうけど、
可愛い盛りの子を亡くされて、、
亡くなった子も苦しかっただろうね、可哀想に、、
時間が戻ればいいのにね…

きつね丸きつね丸

誰かが見てるだろうとかだと、キャンプじゃなくても事故は起きる。
子に母親がずっと付いてるのが一番安全なんだよね。
だから自分は子供が3歳くらいの時は公園とかが多かった。川とかは見守りレベル高くて自分がしんどいから。

スポンサーリンク

田尻充希ちゃんが佐波川(河原)で遊んでいた最中に家族は何をしていたのか?

まず気になるのが、田尻充希ちゃんが行方不明になる直前、つまり佐波川の河原で遊んでいた時、家族は何をしていたのか?という疑問。

当然ですが、田尻充希ちゃんはまだ3歳ですので、両親がそばに付いていたはず。

もしくは、田尻充希ちゃんに兄や姉がいたとすれば、その兄弟が一緒に遊んでいたかもしれません。

しかし結果的に田尻充希ちゃんは行方不明となってしまいました。

現場から200メートル先の下流で発見されたということは、行方不明当時、佐波川の流れは速かったように感じました。

3歳の子供の平均体重は大体14kgですので、川の流れが強かったとすれば、容易に流されてしまうと思います。

ただ9月21日の山口市の天気は晴れだったというのは分かったのですが、風が強かったのか?という点に関しては判明しましせんでした。

ですので状況的に考えると、

家族は田尻充希ちゃんと一緒に河原で遊んでいましたが、なんらかの理由で一瞬目を離した時に、川に流されてしまったのではないでしょうか?

  • テントの設営に手間とっていた
  • 洗い物をしていた
  • トイレに行っていた

など一瞬の間、子供から目を離してしまう場面は結構あるように思います。

となると、やはり一瞬で姿が見えなくなるほどの勢いで流されたということになりそうですが…。

スポンサーリンク

キャンプで起こりやすい事故の傾向

キャンプで毎年のように起きている事故というのが、中州での事故。

中州で遊ぶ=川の中で遊んでいるのと同じだという認識を持つことが大切です。

どれだけ危険かは以下を参考に。

基本的に中州にテントサイトを設けることは大変危険であると言えます。 中州は、上流から流された土が沖積してできたものですから、そこは水の流れる場所、つまり水が引いた川底の一部なのです。上流で大雨が降ったり、治水ダムの放流が行われたりすると、簡単に水没してしまう、テントの設営をしてはいけない場所です。(出典:公益社団法人 日本キャンプ協会)
たとえその場で雨が降っていなくても、上流の降雨で川が増水する場合があります。川の水位の変化は速く、あっという間に水位が上昇してしまうこともあるというリスクを十分に知っておきましょう。

あとはキャンプと言えば、どうしてもお酒が飲みたくなります。

お酒に酔った状態で、川に近づくには大変危険です。

判断力が低下するため、たとえ泳ぎに自信のある人でも溺れてしまう可能性はあり得ますので。

2019年に起きた山梨県での行方不明事件もキャンプ場で起きました。

山梨県道志村のキャンプ場で、千葉県成田市の小学1年だった小倉美咲さん(8)が行方不明になってから1年となった21日、県警が現場周辺を再捜索した。現場で母とも子さん(37)は「無事でいると信じて捜し続ける」と語った。

こういった過去の事件から、キャンプで起きやすい事故を頭に入れ、キャンプをする際は最善の注意を払うことが必要です。

スポンサーリンク

過去に起きたキャンプで起きた死亡事故

次に過去に起きたキャンプでの死亡事故を振り返り、どういった傾向で起きてしまうのか?というのを見てみましょう。

16日午後3時45分ごろ、広島市安佐北区可部町今井田の柳瀬キャンプ場前の太田川で「人が溺れている」と119番があった。駆け付けた広島市消防局の隊員たちが20代の女性1人と、20代の男性1人を引き上げた。2人は市内の病院に運ばれたが、2人とも死亡が確認された。安佐北署などによると、2人はこの日、友人約10人のグループでキャンプ場を訪れ、バーベキューをしていた。2人は川で遊び始め、気が付くと姿が見えなくなっていたという。

神奈川県山北町のキャンプ場で1日夜、同県藤沢市の一家4人が乗った車が増水した川に流され、母子3人が死亡した事故で、キャンプ場の運営会社は一家がテントを張っていた中州の形を無許可で変える工事を繰り返していたことが判明した。
河川を管理する県西土木事務所によれば、運営会社は中州を広げるためとみられる土砂を許可なく運び入れ盛り土をしていた。県は、川の流れを変える行為で河川法違反に当たるとして、2011年8月までに少なくとも6回行政指導していた。

山北町中川の河内川で1日夜、一家が車ごと流され母子3人が死亡した事故。降雨による川の増水を心配した一家は、直前にも車で中州を2度渡っていたが、その直後に現場付近の水位が急上昇したとみられている。西丹沢では1999年にも13人が死亡する水難事故が起きており、関係者は急峻な山間地特有の水位上昇に注意を呼び掛けている。

やはりキャンプで起こる事故で多いのは、川に流されるといった事故が非常に多い傾向にあります。

過去の事故を教訓に川には近づかないのがベストでしょう。

【川で起きた事故に関する記事】

まとめ

両親のことを考えると、本当に辛い今回の事故。

発見は約40分と割と早めに感じましたが、溺れてしまうと短い時間であっても命を落としてしまうということが分かります。

そういったリスクと隣合わせでするキャンプは本当に注意してやってほしいと思います。小さな子どもがいる家族は川の近くでしない方が良いように感じました。

田尻充希ちゃんのご冥福をお祈りします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク