神奈川県で借りていたとされるサーバーのハードディスクがヤフオクで転売され、個人情報が流出するという、とんでもない事件が起きました。

この事件を起こした犯人は、情報機器関連会社「ブロードリンク」の社員として勤務している高橋雄一という男性で年齢は50歳。

高橋雄一は、12月6日に窃盗の容疑で逮捕されています。

しかし、転売されたハードディスクは全て回収できているわけではありません。

18個中9個は、まだ回収できていないとのこと。

一体なぜ高橋雄一は、今回のようなとんでもない事件を起こしたのでしょうか?

今回の記事では、

  • 高橋雄一の顔画像
  • 高橋雄一がハードディスクを転売した犯行動機
  • 高橋雄一はいくらの値段でハードディスクを転売していたのか?

この辺りについて調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

高橋雄一(ブロードリンク転売犯人)顔画像や犯行動機(流出理由)は金儲けの為?ハードディスク(HDD)はいくらの値段(価格)で出品された?

高橋雄一が逮捕された経緯

まずは、今回の事件の犯人である高橋雄一が逮捕された経緯を報道から確認しておきましょう。

神奈川県が借りていたサーバーのハードディスク(HDD)がインターネットオークションサイトで転売され、納税記録などの個人情報が流出した問題で、警視庁捜査3課は6日夜、サーバーのデータ消去を請け負った情報機器関連会社「ブロードリンク」(東京)社員、高橋雄一容疑者(50)=横浜市旭区都岡町=を窃盗容疑で緊急逮捕した。「私がしたことに間違いない」と容疑を認め、「複数回盗んだ」とも供述しているという。

逮捕容疑は3日午前6時40分ごろ、東京都大田区東海1の同社本部テクニカルセンターの消去室内で、保管されたHDD12個(時価計2万4000円相当)を盗んだとしている。

別の報道では、18台が落札、転売されたという情報がありましたので、他の6台についての盗んだ経緯が判明すれば再逮捕になるかと思われます。

今回の報道の12台+18台という可能性もありますが…。

この事件が発覚したのは、回収されている9個のハードディスクを落札した男性が、別の人物に話したことでこの人物が県に連絡したことで判明に至っています。

なので、落札者が悪用を考えるような人物であった場合、事件は更に大きなものになっていたかもしれません。

そういった意味では、落札した男性が純粋な方だったことが唯一の救いだったと言えます。空のハードディスクだと思って落札しているでしょうから、いきなり個人情報が入っていれば誰だって怖くなりますよね…。もしかして逮捕されてしまうのでは?と思っていたかもしれませんし。

ただ、残りの9個は未だに回収できていない為、どこにあるのかは分かっていない状況。

この9個のハードディスクに関しては、3人の人物によって落札されていると思われているようです。どうにかしてハードディスクの行方を突き止めてほしいですね。

落札者は、ハードディスクの中身に気付いていない可能性もありますので、最近ハードディスクをヤフオクで落札した覚えのある方は、中身を確認して欲しいですね。

ブロードリンクってどんな会社?

では、そもそもブロードリンクとは、どんな会社なのでしょうか?

社長である榊彰一さんのメッセージには、

私たちは、情報機器リユースのリーディングカンパニーとして、全国規模で適切にリユースする体制を構築することにより、情報機器の排出・取扱いに関する「セキュリティ」「IT技術」「経費削減」「環境保全」の課題を総合的に解決するご支援をしてまいりました。

環境面での社会貢献であるリユース事業を中心に、企業理念である「活業」で人と地球を豊かにするため、事業領域にとらわれず、環境×物流×IT×建設が四位一体となった”活業ワンストップソリューション”をお客様へご提供いたします。

社会の静脈(行き渡ったモノの適切な処理)に関する課題を安心して私たちにお任せいただけるよう、プロフェッショナルな仕組み作りに基づき、誠実で責任ある言動を貫きます。

みなさまと私たちをつないでいただいた全てのご縁に感謝し、日本発の世界の「活業」企業として広く社会から認められる企業となるべく、私たちはさらなる努力を続けてまいります。

どうぞ私たちをご利用ください。

とあります。

社長が努力して得てきた信頼を踏みにじってしまうような今回の事件。

会社にとっては大きなダメージとなってしまったのは間違いないでしょう…。

新たな対策を練って、信頼回復に努めてほしいですね。

因みに、ハードディスクは以下のように破壊されるようです。

ブロードリンクの主な取引先

  • マイクロソフト
  • 東京センチュリー株式会社
  • 富士通リース株式会社
  • 三井住友ファイナンス&リース株式会社
  • 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社
  • オリックス環境株式会社
  • リコーリース株式会社
  • JA三井リース株式会社
  • 株式会社芙蓉総合リース
  • 日本アイビーエム株式会社
  • 株式会社三菱東京UFJ銀行
  • 株式会社三井住友銀行
  • 朝日生命保険相互会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • 株式会社東京証券取引所
  • 大和証券株式会社
  • 岡三証券株式会社
  • みずほ証券株式会社
  • SMBCコンシューマファイナンス株式会社
  • 日産自動車グループ各社
  • 三菱重工業グループ各社
  • 株式会社デンソー
  • 富士フイルムホールディングス株式会社
  • 中国電力株式会社
  • 東北電力企業グループ
  • 清水建設株式会社
  • 株式会社長谷工コーポレーション
  • 日本郵政グループ各社
  • 東日本旅客鉄道株式会社
  • 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
  • 株式会社ファーストリテイリング
  • 最高裁判所
  • 防衛省
  • 官公庁・地方自治体

こういった大手が取引先ですので、これまでの会社の信頼性が伝わってきますね。

スポンサーリンク

高橋雄一がハードディスクを流出させたことに世間の反応は?

ダーチョダーチョ

この破棄を請け負ったブロードリンクは、「確実な完全データ消去」「データ消去は有資格者のみ」と宣伝してたようだけど、この手の会社がすべてのHDなどのデータを複数人で監視し合うなんてまずしないから、ひとり悪いのがいれば簡単に盗めてしまう
オークションで18個も出品されたから発覚したものの、過去にもデータはいくらでも(他の自治体や企業も)盗まれてたと思う

ラッコリラッコリ

下請け業者の社員は小遣い稼ぎ程度の軽い気持ちでやったのかも知れないが、影響は計り知れない。
やらかした社員のクビは当然のこと、神奈川県、富士通の信用をなくした下請けも存続危ういでしょうから。
勝者不在の愚行ですね。

ブータミンブータミン

本当に18個だけなのか?
あくまでも出品自体が18個というだけでは?

プーシープーシー

会社は恐らく倒産するが、社名を変えてでも健全な社員は守ってほしい

シシオシシオ

先ずは転売を繰り返していた高橋雄一の個人情報データを公開するべきでは?

うぉっしーうぉっしー

えっと・・・個人情報って?
マイナンバーも流出したの?

ぺんたんぺんたん

全国、津々浦々データは売られたり流されて居ると思っていたほうがいいね。バカなことで!人間が扱う以上はね。

高橋雄一の顔画像は?

では、今回の大事件を起こした犯人である高橋雄一とはどんな顔をしているのでしょうか?

非情に気になるところですが、現時点で高橋雄一の顔が確認できる画像はありませんでした。

一応、ブロードリンクの公式サイトを見てみたのですが、当然素性が明らかになるような情報はありませんでした。

公式サイト上では、今回の事件について会社として謝罪しています。

ブロードリンクの公式サイト

ちゃんと今回の事件に関してコメントを発表している辺りは、とても好感の持てる会社であると感じました。

スポンサーリンク

高橋雄一がハードディスクを転売した犯行動機は金儲けの為?

今回の流出事件。なぜ高橋雄一はハードディスクを転売してしまったのでしょうか?

ヤフオクに出品している辺りから、犯行動機はお金目的であることが推測できます。

要するにハードディスクを出品するのが目的であり、個人情報を流出させることが目的ではなかったと考えられます。

結果的に、個人情報が流出してしまうわけですが、おそらく高橋雄一自身がハードディスクの中身を確認してなかったのではないでしょうか?

なので、高橋雄一がハードディスクの中身を完全に削除した状態で、ヤフオクに出品していたとすれば、流出がバレていなかった可能性があり、窃盗をしていることも明らかにならなかったのかもしれません。

☆追記

新たな報道により、過去3年に渡り、同様の窃盗を繰り返していたことが明らかとなりました。

高橋雄一容疑者(50)=横浜市旭区=が調べに対し「オークションで売却する目的で盗んだ。平成28年3月ごろから盗みを始めた」と供述していることが7日、警視庁への取材で分かった。

捜査3課によると、神奈川県の流出分の関与も認める一方で、盗んだHDDについては「中に何が入っているか知らなかった」と説明しているという。

コチラの報道を見る限り、やはり高橋雄一はハードディスクの中身を確認せず出品していたことが伺えます。

今まで窃盗がバレなかったのは、サーバーを借りてた側が、データをしっかり削除していた為なのでしょうか?

高橋雄一はハードディスクをいくらの値段(価格)で出品してた?

上記の犯行動機だったとすれば、ハードディスク単体の値段ということになりますので、そこまで高額な値段で出品はしていないと思います。

高橋雄一からしてみれば、本来破棄するものがお金に変わるのですから、少額でもプラスになりますからね。

報道では12個で2万4000円相当とありましたから、これよりも値段は下がっていると思います。

さらに、1人が9個も落札している点からも、かなりお買い得感のある値段で出品していたと思われますね。

こんなにもリスクを負ってまで、お金稼ぎがしたかったのでしょうか?

高橋雄一の年齢は50歳と社内でもベテランのように思えますが、入社してから4年目だったようです。

なので、もしかしたら給料はそれほど貰っていなかったのかもしれませんね。

でなければ、こういった思考に行かないと思いますし、お金に困っていたのかな?って気がしました。

まとめ

高橋雄一は現在取り調べ中だと思われますので、後に犯行動機なども分かってくると思います。

急ぐことは、残り9個のハードディスクの回収でしょう。

このハードディスクの中身がさらに拡散されてしまうような事態になれば、問題は大きくなってしまいますので、早急に回収してほしいところです。

神奈川県に住んでいる方は、もしかしたら知らない間に個人情報が流出している恐れがありますので、不安でしょうし、そういった心配を取り除く為にも全力で回収してほいしですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク