栃木市内の小学校であり得ない事態が起こりました。

その小学校では、ある男子児童がいじめ被害にあっていたそうなのですが、担任に相談したにも関わらず、全く相手にされなかったようです。

いじめに関する感想を書くという授業内で、児童はいじめ被害を文章に書きました。

しかし、担任は他の児童と同じようにアドバイス的なことを赤ペンで加え、教室に張り出したそうです。

この事態が発覚したのは2019年2月。実際に児童が担任にいじめ被害を訴えたのが、2018年7月のことだったようなので、約7ヶ月もの間なにも対処されなかったということになります。

その後、市の教育委員会は教師をクラスの担任から外す対処を取りました。

今回の記事では、

  • 栃木市内でいじめ文章を張り出していた教諭がいる小学校はどこなのか?
  • いじめ文章を張り出した教諭の顔画像や名前
  • いじめ文章を張り出した教諭の対処は担任から外しただけなのか?

この辺りを調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

栃木県いじめ文章(手紙)張り出しの小学校はどこ?教諭(先生・教師)顔画像や名前と対処は担任から外れただけ?

栃木県の小学校でいじめを放置していた経緯

まずは、今回の不祥事についての経緯を報道から確認してみましょう。

栃木県内の市立小学校で昨年7月、6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたのに、担任の男性教諭(42)が対策をとらず、名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたことが分かった。市教委は今年3月、対応が不適切だったと認め、教諭と当時の校長に口頭で厳重注意とした。

児童の家族や学校によると、担任の教諭はクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ、感想を書かせた。上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は家族と相談の上、「3年からいじめが続きました」「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出した。

しかし、担任は相談に乗ることなく、赤ペンで「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」「負の連鎖をどこかで断ちきろう」などと感想を書き込み、他の児童の文章と一緒に教室に張り出した。1週間ほど張り出され、ショックを受けた児童は家族にもすぐには打ち明けられなかったという。

いじめはその後も続き、3学期に入って児童が休みがちになったため、家族は今年2月、学校を訪問。校長はこの時、初めていじめ被害や文章が張り出されていたことを知った。担任は市教委に対し「(児童の気持ちに)思いが至らなかった」と話したという。市教委は教諭を今年度、クラス担任から外した。

両親は「相談しても、まともに応じてくれなかった。助けを求める文章を張り出すなんて、人としてどうなのか」と語った。

市教委側は「教員として絶対してはいけないことで弁解の余地はない。すべての学校でいじめに対して真摯(しんし)に対応するよう指導していく」と話している。

42歳という人生をそれなりに歩んできて、しかも教師という立場の人間ができる行動ではないですよね。

児童の気持ちを考えれば、その後どういうことになるかが分かるはずですが、全く分かっていなかったから、こういう結果になったのでしょうね。

それとも、児童が家族に相談しないとでも思っていたのでしょうか…?

まぁ当然の結果ですよね。

☆学校での不祥事に関する記事

栃木県の小学校でいじめが放置されていたことに世間に反応は?

サルエサルエ

いじめについての記事を読んで
感想を書かせ、教室に掲示する。
それで完了の授業だったんでしょうね。
担任には
いじめの相談を受けてると感じられなかったのかな。
この子の絶望を思うと悲しすぎる。
今は、小学校時代の同級生から離れて
楽しく中学に通えてるといいな……

イルカ子イルカ子

おばかさんな対応ですね。
辛さがわかるならば、赤ペンで添削をしているどころの話ではありません。
その児童の辛さが本当にわかるならば、個別に呼んでもっと深く話を聞くのが筋では?
全く、その辛さがわかっていない人間に、
「乗り越えよう」などと言われても、少なくとも私には響きません。
セカンドレイプのような対応に驚きました。
いるんだ、この教師のような人間。

フラミフラミ

担任一人で対応するとこういう事が起こりがちです。いじめは学年、学校で対応すべき問題です。学校で言えば、その児童に担任だけでなく、管理職も含め多くの教師が関わることが大切です。

マーチマーチ

同じような経験した。いじめられている事実を作文に書いたら、次の日あろう事かクラス全員の前で読み上げられた。余計な事を、と身体が震える思いだった。それを機にいじめた側が反省……するような事は一切ないし、その後の記憶がないくらい辛い学校生活が続いた。

ライアンライアン

ストレートに大学を出て、教職に就いているとすると、キャリア20年近くの先生ってこと?
それで、この対応?
ピントがずれてる…云々のレベルじゃないね。
ダメ教師はどんどん教壇から去ってもらわないと。
両親が訴えにくるまで、校長ら管理職が事態を把握すらしてなかったのも、呆れるほどの「放漫」と責められるべきだろう。

ぺんたんぺんたん

先生なんて、ほとんどがこんな人ばかり。
何かを期待するのは、間違いですよ!
多分、ここの校長が多少まともだったので、先生の不適切な行動を厳しく指導したと思いますが、大抵は校長が事実を知ったとしても、うやむやにされておしまい。
この教師の場合だと、他校に移動するのが関の山だろうから、問題の解決には至らないと思います。
気付いていても、知っていても、見て見ぬ不利が、学校社会の常識なんでしょうね!

うぉっしーうぉっしー

うちの子のクラスでは、仲間外れや一人の子をいじる等のよくあるパターンのいじめがちらほら。
我が子はいじめられる側になり、学校に行きづらくなった。休む日もあれば遅れて行く日もある。幸いに、担任の先生に相談した時学校全体の問題として取り上げてくれて、校長をはじめほとんどの先生がこの事を知ってくださっている。そういう学校でよかったと思う反面、学校によってはおかしな対応をするところもあり、教育現場に当たりハズレがあるのが残念でならない。

シシオシシオ

プロ意識が欠けてる先生ですね。一方間違えれば、いじめがエスカレートして、自ら命を落としかねない
事態になってたかもしれないのに、注意で終わらせる意味わからない。わたしなら、少なくとも、担任をおろすべきくらいの対応とってもらいたいです。
教育委員会のこのような対応なら、また何かおきますよきっと。

にゃん吉にゃん吉

想像力がなさ過ぎる。マニュアル通りのやり方しか出来ないからこうなったんじゃないかも思う。
それとも、忙しさの中でどこか流作業のようになってしまったのか。

パンぞうパンぞう

イジメの内容は大変な事態です。それなのに担任は児童のイジメられている状況を理解し、適切な指導をすることができませんでした。
担任の指導は雑過ぎます。普通は「複数教員で加害児童からの事実確認」→「指導」→「加害児童保護者への説明」→「被害児童へのケア」→「被害児童保護者への説明」という手順です。

当然のことなががら批判的なコメントが多くありました。

スポンサーリンク

栃木県のいじめ文章張り出した教師の小学校はどこ?

ではまずは、この不祥事が起きた小学校はどこなのか?つまりいじめを訴える文章を張り出した教師がいる小学校はどこなのかということが気になるところです。

コチラについては調べてみたのですが、どこの小学校なのか分かりませんでした。

2017年のデータのよると、栃木県では小中高でいじめ件数が4,153件だったそうです。これは2016年に比べて190件減っていたようです。

この中で、

  • 小学校が2,603件
  • 中学校が1,234件
  • 高校・特別支援学校が218件

のいじめがあったことが判明しています。

そして栃木市内にある小学校は約30校ほどあります。

30件に対して2,603件ですので、どこの小学校なのかを特定するのは、難しいと言えるでしょう。

また知恵袋には、栃木県でのイジメの多さに疑問を持つコメントもありました。

栃木県のイジメに関する知恵袋

いじめ文章を張り出した教師の顔画像や名前は?

報道では年齢が42歳であり性別が男性という情報しか、教師を特定できるヒントはありませんでした。

ネットでも調べてみたのですが、小学校と同様に、教師に関する情報はありませんでした。

ですので、顔画像や名前は現時点で分かっていません。

男性がわいせつ行為をした場合は、犯罪ですので逮捕されれば顔画像や名前が判明する場合があります。

しかし、児童の気持ちを考えれば、こういった犯罪と同等かそれ以上の辛さのはずです。

なので、逮捕されないにしても、顔画像や名前を明確にしても良いのでは?って思っちゃいますよね。

スポンサーリンク

いじめ文章張り出しの教師への対処は担任を外しただけ?

この不祥事が発覚し、問題の教師は児童のいるクラスの担任から外されました。

しかし、対処はこれだけなのでしょうか?

なんか軽い気がするのですが…。

でも逆を言えば、担任を持たなければ、どんな仕事をするのかってことですよね。

小学校で担任を持たない教師の役割は、

  • 校長
  • 教頭
  • 養護教諭
  • 栄養教諭

などがあるようですが、こういった役割は小学校ですでにいるでしょうし、担任から外れた教師がなるとは考え難いです。

ですので、実際に担任から外れたあとは何を担当しているのか謎ですね。

また担任が持てるように、リハビリ的なことで奮闘しているのでしょうか?

いずれにせよ、保護者の人たちは、この教師に担任になってほしいとは思わないでしょうね。

1度失った信頼を取り戻すのは、簡単なことではないので…。

因みに信頼回復をする方法としては、

  1. 謝罪の言葉や反省の気持ち、さらに原因や対策の順で伝える
  2. 相手とのコミュニケーションのタイミングが大事
  3. 対面、電話、メールなどをうまく使い分ける
  4. 「そこまでしてくれるのか!」と思わせるまでやりぬく

といった気持ちを持つことが大事です。

まとめ

久々にヤバい教師の不祥事が報じられ、未だに信じられない状況ですが、もし仮に担任を続けていれば、もっと深刻な事態に発展していたかもしれませんので、担任から外れることが今はベストだったと思いますね。

そして、メンタルが非情に心配な男子児童ですが、中学校では楽しい青春を過ごせることを願います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク