6月5日に大阪府で、元交際相手の女性にストーカーをした挙げ句ケガをさせたとして、45歳無職の男が逮捕されました。

男の名前は、富永次朗

富永次朗は去年にも、元交際相手の女性を、車で連れさろうとして逮捕されていました。

かなりヤバい執着心ですよね…。

ここまで必要以上に、元交際相手に危害を加える理由として、分かれ話でトラブルを起こしていたようなのです。

今回の記事では、

  • 富永次朗の顔画像(Facebook)
  • 富永次朗が元カノにストーカーする原因となった別れ話のトラブル内容

この辺りについて、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

富永次朗が元交際相手に強盗致傷で逮捕の経緯

まずは今回の事件で、富永次朗が逮捕された経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。

元交際相手の女性の自宅に侵入し、女性の顔を殴るなどした疑いで、45歳の男が逮捕されました。

強盗致傷などの疑いで逮捕されたのは藤井寺市に住む無職の富永次朗容疑者(45)です。

警察によると富永容疑者は今月5日、元交際相手の女性(30代)の自宅に侵入し、女性の両手をロープで縛り、
さらに手で首を絞めて馬乗りになって顔を殴るなどの暴行をしたうえ、女性から携帯電話を奪い逃げた疑いがもたれています。

女性は、顔の骨を折るなどの重傷です。
富永容疑者は去年、別れ話でトラブルとなっていた女性を車で連れ去ろうとして逮捕され、ストーカー規制法による禁止命令を受けていました。調べに対し富永容疑者は黙秘しています。

富永次朗は元交際相手の携帯電話を奪って逃げたとありますが、この理由がよく分かりませんね。

他の男性と連絡を取れないようにする為とかなのでしょうか?

元交際相手の女性の自宅に侵入した目的は、おそらくですがこの携帯電話を奪うということだったように思います。

逮捕容疑の強盗致傷とは、

強盗をはたらき、さらに人を負傷させる罪。

刑法は第240条において「強盗致死傷」について規定している。強盗致死傷罪では、強盗が人を負傷させた場合と、死亡させた場合の処罰とがそれぞれ定められており、このうち前者が強盗致傷罪に当たる。

禁止命令出ていたがストーカー規制法とは、

ストーカーを規制する法律。規制対象となる行為を、公権力介入の限定の観点から、恋愛感情などの好意の感情又は怨恨の感情に基づくものに限定する。

以降に述べる「ストーカー行為」を処罰する。さらに、「つきまとい等」行為をして、その相手方等に不安を覚えさせること等[注釈 1](以下「3条行為」とする)に対し、禁止命令等を出すことができる。

といったものです。

【男女間で起きた事件に関する記事】

富永次朗が強盗致傷で逮捕されたことに世間の反応は?

イルカ子イルカ子

ストーカー禁止命令など全く効果なしと言っても過言ではない。

フラミフラミ

接触禁止とは言ってもそれだけ。
その後、接触した時に刑が重くなるだけで
事件があった後なら被害者側としては
無意味。危険な奴に効果なんてない。

ウシリウシリ

女性や子どもたちに輩が暴行したら、重加算罪とすべき。例えば無期懲役なら機械的に適用され、極けいになるとか。
社会全体で女性、子どもたちを守る仕組みを作っていくべき。中高年のこうした輩が跋扈する世の中、暗いイメージしか湧かない

きちきちきちきち

よく、最初に相手をきちんと選ばないからだ・・・なんて言われますが、付き合い初めじゃやっぱ解らないよね。
何十年のつきあいの友人でさえ、ある日突然異常行動を起こす事もあるし。
自分自身にだって、意外な一面がある事に驚く事もあるぐらいだから。
つくづく人って解らんものですよ。

イカ郎イカ郎

強盗致傷などの疑いで逮捕されたのは藤井寺市に住む無職の富永次朗容疑者(45)です。
富永次朗でググったら大阪の市会議員選挙に立候補した人のフェイスブックが出てきた。年齢も45歳で、事件が起きたのも大阪。
同じ人かな。それとも単なる偶然?

ダーチョダーチョ

変な男にひっかかった上、顔面骨折。。。
精神的にも肉体的にも辛いし、出所後また追いかけてきそうで精神的に追い詰められそう。
素朴な疑問なのですが、こういう治療費って誰が払うの?
保険証出して自分で払うのか、事故扱いなのか。
お金までかかったらほんと、踏んだり蹴ったりですね。。。

うさるうさる

こういう事件て、大抵は中年世代で起きてるけど、年齢に応じた精神面での医学的根拠とかあるのでしょうか。
偏見ではあるけど、ヒステリックと言うと中年女性、というイメージでしたが、最近は男性の方が切れやすいように思えます。
もし、医学的に解明されているのであれば、自身でできる予防策や、周囲の人としての気遣いなど、豆知識として心得て起きたいです。
自分も含めて、人間、いつ誰が突然、人が変わるか分かりませんから。

ブータデブータデ

不幸にして粘着気質の異性と付き合ってしまった人は、別れを考え実行する場合、極めて面倒だとは思うけれど相手に嫌われる様な行動パターンを少しずつ積み上げて、相手からの執着を少しずつでも減らした上で別れるしか無いのかも知れません。
何しろ粘着気質の相手からしてみれば、別れイコール人生の終焉と感じている場合が多いでしょうから、相手を失う位なら犯罪を犯そうが自分が捕まったり或いは最悪死ぬ事になっても仕方がないという位やけになり視野が狭くなっている可能性がありますので。
出来れば相手と別れたいと感じた時点で相手の性格を再吟味して、どの様な別れ方が一番相手の執着心の琴線に触れないかを考えながら戦略的に別れるしかないだろうと思います。
勿論この様なタイプは一部だと思いますが、付き合っている本人ならどのタイプか見極める事は出来ると思うので。
付き合う時より別れる時の方が難しいですね。

たぬえもんたぬえもん

交際関係のもつれで…。って良くあるよね。
別れ話しが拗れてとゆう事だけど、男女関係の痴情であっても、暴力振るったら加害者になるからね。
もし、この男性がこんなキレ方する理由が女性の方にあったとしても、暴力はやっぱり犯罪だから。
実際、女性は相当な怪我を負ってるし。
女性の方も交際中に、ちょっと怖い…とゆう感じがあって別れたのかもね。ホント何かのきっかけで急変する人も居るから、この人ヤバイかも?って
別れたら、引っ越しまでしなきゃ危険!みたいになるよね。

マーチマーチ

禁止処分を受けた後の行為はあまりにも酷い。
厳しい厳罰をしていかないと、同じ事の繰り返しになってしまっていないか?
法整備が求められる。

スポンサーリンク

富永次朗の顔画像(Facebook)

まずは今回の事件の犯人である、富永次朗とはどんな顔をしているのか?という疑問。

メディアでの報道は以下で確認できますが、顔が分かりような映像はありませんでした。

元交際相手女性を縛り顔面を殴った男を逮捕

次にFacebookなどのSNSアカウントの有無についてですが、事件が起きた大阪府在住のアカウントがFacebookにありました。

本人のものかは断定できませんが、住んでいる場所や画像の年齢からみて可能性はゼロではないと思います。

となると、もしかしたら元交際相手の女性は、「友達」にいるのかもしれません。

気になった方は、「富永次朗 Facebook」で検索してみてください。

あとは、年齢的に2015年(当時39歳)の藤井寺市議会議員選挙に出馬していた人物なのかな?って感じもしました。

富永次朗が元カノ(元交際相手)にストーカーする原因となった別れ話の内容

次になぜ富永次朗は、ここまで元交際相手の女性にこだわるのでしょうか?

単純に考えれば、まだ未練があるからのように思います。

あとは、逮捕されたことにより無職になったようにも思いますので、こういった点での恨みなんかもあったのかもしれません。

逮捕されるリスクをとり、尚かつ1年以上も執着するってなかなか凄い精神だと思います。

この執着を違う方向で発揮すれば良いのにな…と、つくづく思います。

執着心が強い人の特徴

執着心が強い人の特徴としては以下が挙げられます。

  • 何ごとにもしつこい
  • 距離の取り方が下手
  • 何かが足りなかった過去がある
  • コンプレックスが強い
  • ネガティブ感情を持っている

執着心が強い人は、一つのことに集中する力としてはメリットがあるものの、その方向性を間違えたり、感情や行動のコントロールができなくなるといったデメリットも大きいです。

スポンサーリンク

ストーカーになりやすい男の特徴

次にどんな男がストーカーになりやすいのでしょうか?

  • 狭いコミュニティの中で生きている
  • 恋愛経験が少ない
  • 嫉妬深い
  • 執着心が強い
  • LINEや電話の連絡頻度が異様に多い
  • 頑固な性格
  • ネガティブ思考

ストーカーをする男の心理

そして上記のような男がストーカーに発展してしまう理由といて、

  • 全てを把握したい
  • 自分の邪魔になる存在が目障り
  • 寂しくてかまってほしい
  • 自分は悪くないと思い込んでいる

といったことが挙げられます。

今回の富永次朗の場合は、おそらくですが元交際相手の方が一方的に分かれを告げたように思います。

話し合いはしたと思いますが、これだけ執着心が強いですから、話にならなかったのかもしれませんね。

そして、一方的に分かれを告げられた富永次朗には、未練や怒りが残っていたのでしょう。

別れる時には、お互いが納得できるまで話し合うのが理想ってことでしょう。

元交際相手の女性が、富永次朗から逃れる術は、やはり今いる場所から引っ越すことがベストでしょうね。

今後も危害を与えないとは限りませんので。

スポンサーリンク

まとめ

恋愛は楽しいですし、人間が生きていく上で必要なものです。

ですが、どの人と付き合うか?これを見誤ってはいけません。(恋愛以外の人間関係においても)

自分とは合わないと直感で思ったのであれば、余計なストレスを抱えない為に、距離を置くことも大切です。

もっと大きな事件に発展しない為にも、元交際相手の女性については環境を変えることが、必須なのかもしれませんね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク