ヨーデルを独学でマスターし、その美声が一世風靡した、ウィリー沖山さんが87歳で死去したという訃報が流れました。

当時を知る人にとっては、より悲しい事実かと思います。

死因は老衰とのことですが、過去には病気も患っていたようです。

今回の記事では、

  • ウィリー沖山さんが結婚した嫁(妻)や娘(子供)の情報
  • ウィリー沖山さんが過去に患っていた病気

これらについて調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

ウィリー沖山(ヨーデル歌手)は結婚して子供(娘)がいた!嫁(妻)はどんな人?死因は老衰だけど病気を患ってた!

ウィリー沖山さんをサクッと紹介!

まずは、ウィリー沖山さんがどんな人物だったのか?サクッと紹介したいと思います。

  • キング・オブ・ヨーデルとして人気を集める
  • 1933年2月25日に横浜で生まれる
  • 父親はアメリカ人、母親は日本人
  • 父親とは第二次世界大戦の影響で生き別れになる
  • 母親はのちにインド人男性と再婚
  • インターナショナルスクール→セント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジに進学
  • ビクターからヨーデルの名曲「スイスの娘」でデビュー

  • 「夜も一生けんめい。」「ときめき夢サウンド」「オレたちひょうきん族」や「さんまのからくりTV」などに出演

ウィリー沖山さんが結婚した嫁(妻)や娘(子供)の情報

まず気になるのが、ウィリー沖山さんが結婚した嫁や娘について。

実際これらの情報を調べてみると、ウィリー沖山さんの結婚に関する情報や嫁の情報などは見受けられませんでした。

しかし、娘がいるという情報はあるようです。

その情報を裏付けるのが、以下の内容から。

現在は娘や弟子らに助けられ歌手活動を行っているという沖山さん。「かつては面倒を見ていた人に、今は面倒を見てもらっています。感謝しかないですね」

ですので、娘さんがいるのは間違いなさそうです。

しかし、嫁についての情報がない辺りからして、

  • 離婚している
  • 他界している

可能性がありますね。

スポンサーリンク

ウィリー沖山さんが過去に患っていた病気とは?

次に気になるのが、ウィリー沖山さんが生前に患っていた病気について。

報道では、

  • 膠原病
  • 誤嚥(ごえん)性肺炎

を患っていたとありました。

これらの病気は一体どんな病気だったのでしょうか?一つずつみてみましょう。

膠原病ってどんな病気?

まず膠原病についてですが、これは1つの病気を指すわけではなく、共通の病気を総称する名前です。

共通する病気としては、

  • 関節リュウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • シェーグレン症候群

などを指します。

これらの症状としては、関節の腫れやこわばり、痛みなどがあります。

発症の原因としては、免疫機能の異常のようで、自分の身体を異物として認識してしまうことで、それを排除しようとすることから発症するようです。(自己免疫反応)

初期症状では、上記に挙げたもの以外に、

  • 発熱
  • 疲労感が続く
  • 体重の減少
  • 筋力の低下・筋肉痛
  • 皮膚に紅斑や紫斑が現れる
  • レイノー現象

などがあります。

一見、風邪の症状?と思わせるものばかりで、日常生活にもさほどの支障が出ないため、発見が遅れてしまうケースがあるようです。

治療は薬物療法が中心のようです。

ウィリー沖山さんは一時、身体を動かすことができなくなり、咀嚼機能障害の状態にまで陥ったとありました。

ですので、膠原病がかなり進行していたと思われます。

3年間ほど、口から食べ物や飲み物を入れていなかったようですので、その闘病生活の凄さが伺えます。

さらに2019年には、誤嚥(ごえん)性肺炎を患い、入退院を繰り返していました。

スポンサーリンク

誤嚥(ごえん)性肺炎ってどんな病気?

まず誤嚥というのは、唾液や食べ物を飲み込むときに、誤って気管に入ってしまうことを言います。

誤嚥(ごえん)性肺炎とは、気管から異物を排出する反射機能が低下することで、肺に異物が入ったままになってしまい、結果的に炎症が起こってしまうことを言います。

原因としては、加齢による食べ物を飲み込む嚥下機能が低下が多くみられ、70歳以上では肺炎の約80%が誤嚥性肺炎とのこと。

症状としては、

  • 発熱
  • 激しい咳
  • 膿のような痰

と言われていますが、これらは高齢者には起こりやすいことなので、こちらの病気も発見が遅れるケースが多いようです。

ウィリー沖山さんが生前に患ったこれらの病気は、いずれも気付きにくい病気である為、発見が遅れてしまったように思います。

ですが直接的な死因は、老衰とあるので以下のようなことが症状があったと思われます。

加齢による老化に伴って個体を形成する細胞や組織の能力が低下し、多臓器不全により恒常性の維持・生命活動の維持ができなくなり死亡したと判断された場合は、死亡診断書に直接的死亡原因として老衰と記載される。

スポンサーリンク

まとめ

人気絶頂のころのウィリー沖山さんを知っている方は懐かしさや悲しさが込み上げてきたかと思います。

しかし、先ほど紹介した動画のように、いつまでもウィリー沖山さんの美声は、みんなを元気にしてくれることでしょう。

ウィリー沖山さんのご冥福をお祈りします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク