2019年12月15日に青森県八戸市六日町の飲食店で知人同士がケンカした末に、ナイフで刺され死亡するという事件が起きました。

この事件で逮捕されたのは、米倉彪真24歳で職業はよび職。

残念ながら死亡してしまった被害者は、小清水源さん25歳。

当時、お酒の席には2人の他に7人の仲間がいたようなので、忘年会をしていたのでしょうか?

楽しい席のはずが、一変してしまった今回の青森の事件。

今回の記事では、

  • 米倉彪真の顔画像やナイフを持っていた理由はなんなのか?
  • 犯行動機のケンカの原因とは何だったのか?
  • 米倉彪真が過去に逮捕された詳細

この辺りを調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

米倉彪真(青森県八戸市小清水源さん殺人事件)顔画像やなんでナイフ持ってた?ケンカの原因(犯行動機)や過去に別居中の息子連れ去りで逮捕!

米倉彪真が逮捕された経緯

まずは、今回の事件で米倉彪真が逮捕されるまでの経緯を、報道内容から確認しておきましょう。

15日未明、青森県八戸市で25歳の男性を殺害したとして24歳のとび職の男が殺人の疑いで逮捕された事件で、警察は2人が酒を飲んでけんかになったとみて調べを進めています。

逮捕されたのは、青森県八戸市のとび職・米倉彪真容疑者(24)です。

米倉容疑者は15日午前1時20分ごろ、八戸市六日町の飲食店の入るビルで、知人の小清水源さん(25)の胸をナイフで突き刺して殺害した疑いがもたれています。

調べに対し、米倉容疑者は「犯行に使った折り畳みナイフは近くに捨てた」と供述しているということです。

2人は事件当時、飲食店で知人たち合わせて9人と酒を飲んでいて、警察は2人が酒を飲んでいる間にけんかになったとみて調べを進めています。

別の報道では、ナイフで刺したのは1回だったようなので、完全に急所に入ったのでしょうね。

知人を刺すって、マジで怖いですよね。しかもお酒の席とのことですので、シラフであれば、また違った結果になっていたのかもしれません。

青森県八戸市といえば中学生が女児の首を刺した事件も発生していましたね…。

米倉彪真の逮捕に世間の反応は?

イカ郎イカ郎

この集まりは仲間でも友達でもなんでもない。
普通ではない人達の集まり。
まず普通の人はナイフを持ってない

たぬえもんたぬえもん

酔っぱらいがナイフを持ってるだけでもコワイわ。
前々から思うことがあったのか…
その日その時だけ突発的にムカついたのか…
でも酒が入ってなかったら殺さなかったかもしれない。やはり酒は恐ろしい。

ニワミニワミ

最初はお店のナイフかな?って思ったけど、本人のとは…
何の為にナイフを持って外出するのかな?

サルエサルエ

この世の中をスマホの画面上と混同して、最近簡単に人を刺したりする事件が多いような気がする。。

カンガルー之助カンガルー之助

二人とも下の名前が読めなかった。
そろそろ、ニュースサイトでは難読な名前にはふりがなが欲しいところ。
ネットニュースではずいぶんと殺人事件が多くなりましたね。新聞しか見ない方やニュースに関心のない方たちにとって、まだ日本は安全な国なんでしょうねぇ。
多様性の容認は構いませんが、そろそろ自衛の時代と感じます。多民族国家になりつつもありますので。

きつね丸きつね丸

始めは楽しく飲んでいて刺す気なんかなかったと思うけど、そもそも普段からナイフを持ち歩いていたってことか?

ネズザエモンネズザエモン

鳶職に対して良くない偏見を持ちそうだ。

ウルカウルカ

鳶職って、、、、
偏見はもちろんないが、やっぱりね!ってなってしまう。
普段からナイフ持ち歩いてる時点でアウト

レッサーくんレッサーくん

毎日飲んでるけどアルコールが合法なのが不思議だと思う?

フラミフラミ

なぜほかの仲間たちはケンカを止めなかったんだろうか?

スポンサーリンク

米倉彪真(小清水源さん殺人犯人)の顔画像(Facebook)

では、今回の事件の犯人である米倉彪真の素顔は明らかになっているのでしょうか?

気になったので調べてみたのですが、顔が分かるような画像はなく、FacebookなどのSNSも見受けられませんでした。

24歳と若く、職業がとび職とのことですので、なんとなく日に焼けた体つきの良い青年って感じがしますね。

とび職による事件と言えば、10月に福井県の東尋坊でも殺人事件が起きていましたね…。

何か新たな情報が入りましたら、追記します。

☆追記

よくよく調べてみると、米倉彪真のFacebookとツイッターアカウントと思われるものがありました。

青森県八戸市の文字があったので、ほぼ間違いないかな?と思います。

Facebook

ツイッターアカウント

米倉彪真はなんでナイフを持ってた?(所持の理由)

次に気になるのが、なんで米倉彪真は酒の席にナイフを持っていたのでしょうか?

こうなってくると酒の席に限らず、普段から持ち歩いていたと考えるのが妥当か…。

考えられる理由としては、もしかしたら米倉彪真の職業に関係があったのかもしれません。

とび職でナイフを常に持参しているのか?と言われると疑問に思いますが、可能性はゼロでは無いと思います。

そうなると、米倉彪真は仕事終わりに飲み会に参加したのかな?って感じがしますね。

あとは、単純に護身の為に持っていたということが挙げられますが、仮にこういった理由でナイフを持っていたとすれば、何かあれば刺すという思考だと思うので、マジで危険人物ということになってしまいます。

いずれにせよ、今後の取り調べで明らかになってくるでしょうね。

ナイフ所持は逮捕に繋がらない?

では、今回の事件のようにナイフを持参していただけで、逮捕にならないのでしょうか?

銃刀法では、刃体の長さが6センチメートルを超える刃物については、「何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、これを携帯してはならない。」となっています。

ただし、「業務その他正当な理由がある場合」は、所持が認められているみたいですね。

米倉彪真が所持していたナイフの長さ、そしてどんな理由で所持していたのか?ここが不正当だった場合、銃刀法違反でも逮捕されそうですね。

☆殺人事件に関する記事

米倉彪馬は過去に別居中の息子連れ去りで逮捕!

今回、知人の小清水源さんを殺傷して逮捕された米倉彪真ですが、じつは2019年8月にも逮捕されていたのです。

逮捕された理由は、別居していた自分の息子を強引に連れ去ったという事件。

ということは、米倉彪真は結婚していたのですね。

嫁や子供と別居している理由は分かりせんが、結婚している父親という立場から見ると、尚さら知人を殺傷したことが許せなくなりますね。

嫁や子供のことを考えると、心が痛みます…。

そして、息子連れ去り事件というのが、

青森ねぶた祭を母親と一緒に観覧していた未就学の男児を連れ去ったとして、青森県警は6日、未成年者略取の疑いで、男児と別居している父親で足場組立工の米倉彪真(ひゅうま)容疑者(23)=同県八戸市=を逮捕した。男児にけがはなかった。米倉容疑者は「連れ去ったが、強引にではない」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は5日午後9時ごろ、男児を青森市本町の路上から八戸市内まで車で連れ去ったとしている。

県警によると、母親の友人が「ねぶた祭を見ていたら、男児が強引に連れ去られた」と110番通報した。捜査員が5日午後11時25分ごろ、八戸市内で車を発見し、男児を保護。米倉容疑者を青森市内の事件現場に立ち会わせた上で逮捕した。

この事件も色々と謎な部分がありますが、息子は未就学とのことですので、5歳か6歳?だとすると、米倉彪真は18歳くらいで父親になったという計算になります。

若くして父親になったことが、なんらかのストレスに繋がり、こういった事件を引き起こしてしまうのでしょうか?

父親として頑張ってもらいたいとも思うので、こういった事件は残念ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

まずは、亡くなられた小清水源さんのご冥福をお祈りします。

そして、米倉彪真は今回の事件を深く反省して、夫や父親として更生を目指してほしいと思います。

12月は忘年会シーズンですので、今回のような事件が他にも起きないことを願います。

やっぱお酒は楽しく飲みたいですからね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^O^)

スポンサーリンク